*

桃園空港MRT(機場捷運)初乗車 編

      2017/03/27

タヌキ猫です。今回は台湾(2017Mar)旅行記
03 桃園空港MRT(機場捷運)初乗車 (1日目) 編
をお送りします。

※機場捷運(チエユン)=空港MRT

2017年03月02日に、ようやっと桃園国際空港と台北市内を結ぶ
鉄道「桃園空港MRT(機場捷運)」が正式開通となりました。

正式開業約1か月前から色々な試乗イベントもあったようですね。
タヌキ猫もさっそく正式開通から10日と経たないうちに
初乗車となりましたので、これから桃園国際空港から
台北へとアクセスを考えている皆様、ご参考くださいませ。

さっそく到着口から空港MRTを目指してみたいと思います。

こんな感じで案内表示がありますので下のフロアへと
移動しましょう。

ずーっと降りていきますと・・・

到着しました桃園空港MRT駅です。

今回、初めての台湾旅行ということで「悠遊カード(EASY CARD)」
を作ってみたいと思います♪

※中国語:悠遊卡(ヨウヨウカー)

購入はご覧の駅インフォメーションでも購入できますし
コンビニでも購入ができるそうです。

こちらの窓口は一つの為、ちょっと待たされます。
未確認ではありますが到着フロアにも駅インフォメーションが
あったようななかったような・・・(←5月の台湾フライトで確認しますね)

案内板には列車の発車時刻が表示されていますね。

カード発行とチャージ500NTDをお願いすると
こんな感じで確認の為、ファイルを見せてくれました。

これによると・・・
ノンデポジットカード
空港で販売されたカードはノンデポジットカードです。
ノンデポジットカードの払い戻しをご希望の場合、カードの残額だけ
返金します。
カード料金100元は返金しません。

と書かれていました。

払戻可能なデポジット型は2016年8月以降の新規発行を停止し
買い切り型へ切り替えを行っています。

ということでカード発行100NTD+チャージ500NTD=600NTDを
現金払いにて購入(Cash only)

購入に際してはEASY CARDで普通に通じました。
最初から台湾へは何度でも訪れるだろうなぁ~と思っていたので
このまま長く使いたいと思います♪

悠遊カード(EASY CARD)はMRTやバスなどで使えるICカードにて
空港MRTにも当然使うことができます。

MRT乗車料金が2割引になるなど、日本ではあり得ないサービス
ですよね。

有効期限も原則ありませんので、そのままカードを残して
次回の旅に使いまわすなんていうことも可能です♪

奥さん、これ絶対便利よ(笑)

そうそう、この図柄が悠遊カードだよね♪

裏面には台湾の観光名所がたくさん描かれておりまして
今度行く時はココへ行ってみよう♪なんてタヌキ猫なんか
上手いこと戦略に乗せられています(笑)

この端末機、残高照会できるのかな?
台北駅にもあったらやってみようと思います。

ということでこちらが改札ですね。

フムフム、ここにタッチするのね。

このあたりは日本のSuicaやPASMOなどと一緒で
タッチ&ゴーで入場です♪

台北方面の表示もありますね。

案内表示も分かりやすくシンプルな駅の作りとなっています。

改札を通ってエスカレーターで降りれば

はい、プラットホーム(月台)に到着♪

ここで注意していただきたいのは桃園空港から台北駅へは
急行(直達車)各駅(普通車)の2種類あることです。

案内図をご覧になってお分かり頂ける通り
急行(直達車)の方が停車駅も少なく台北駅へと行けますし
料金も一緒ですので、ご乗車の際は「車体に紫ライン」
の入った電車にご乗車ください。

急行(直達車)ですと桃園空港-台北駅間を37分で結びます。

ちょうど急行が入線してきましたので乗車したい
と思います。案内表示にも「直達車」の表示がありますね。

日本同様、優先席が用意されています。

車内での飲食・喫煙は禁止です。

荷物置き場も用意されていますが、収まり切れていない
印象を乗車後感じました。

持つ手すりが斬新かもね。

飲食禁止なのにドリンクホルダーのあるテーブル
っていうのが、イマイチ分からないけど・・・(汗)

ちなみに、JALは桃園国際空港第二ターミナル(A13)を利用しています。
2017年03月現在、急行(直達車)は始発駅となっています。

今後、順次延伸工事がなされるもようですが・・・
タヌキ猫は終点の台北駅(台北車站)まで乗車ですが
こうやって見て分かる表示は助かりますよね♪

今回タヌキ猫はA13 Airport Terminal 2 Stationを
21:27発にて乗車。まだ正式開業から間もないこともあってか
運転間隔調整か21:31で発車

定刻22:04 A1 Taipei Main Station着が22:07着ということで
数分ながらも遅延はありますが、バスに比べればだいぶ時間が読める
ものと思われます。

乗車した感想としては、始発から乗車でしたので座れましたし
乗り心地も良かったです(車内アナウンスに日本語はありません)

しいていえば、窓が高い位置で設置の為に少々肘のおきどころは・・・
という感じではありましたが、次回の台湾旅行の際も利用させて
頂きたいと思っています。

ということで台北駅へ到着

ドドーッと人が降りていきますね。

そうそう、こんな感じね!!車体に急行の場合は
「直達車 Express」と書かれていますのでご乗車の際はご注意を

タヌキ猫は台北駅前のホテルを予約していますので
台北駅方面の出口1を目指します。

台北凱撒大飯店と書かれたホテルが本日のお宿
シーザーパーク台北(CAESAR PARK TAIPEI)です。

地下通路からもつながっているんですねぇ(最寄りM6出口)

もうこの日はホテルに到着でいい時間ですので
先を急ぎません。

エスカレーターにて1フロア上がると改札口です。

こちらも日本のSuica同様にタッチ&ゴー!!

ちなみに大きく利用した金額&残高が表示されるんですね!!
本来は桃園国際空港-台北駅間の運賃は160元なのですが
正式開業から1ヶ月(2017年04月01日まで)は半額料金となっています。

そして改札横のインフォメーション前には端末機が
桃園国際空港と台北駅の端末機は日本語表示の選択肢がありました。

こんな感じでカードを端末にかざすと残高照会&利用履歴
を見ることができます♪

イチイチ、係員に聞かなくて済みますし、タヌキ猫みたいに
ブログでどこでいくらなんて後から書く人にとっては
すっごく嬉しいサービスですね♪

その都度の切符券売機も設置されています。

このあたりはタヌキ猫は利用していないため、割愛致します。

さらに上のフロアへと進みますと

台北駅へとつながる連絡通路となります。

ひとまず地理が分かっていないので地上に出ましょうかね

案内表示がありますので分かりやすいかと思います。

いったん、上へと上がってみました。

うわぁ~スゲェー吹き抜け

台北駅の切符券売所へと出ました。

だいたい降車後、ここまでで徒歩10分の移動でした。
ちょっと距離があるのかなとは思いましたが、苦になる
距離ではありませんね。

「桃園空港MRT(機場捷運)」について
詳細はサイトにてご確認ください。

Taoyuan Metro

タヌキ猫が見た限りは日本語表記はありませんが時刻表
(METRO GUIDE→Timetable)も掲載されております。

繰り返しになりますがJALが利用するターミナルは「2」ですので
A13 Airport Terminal 2 Station からチェック

同駅始発は06:12 Every 15 minutes ということで15分間隔にて
06:27 06:42 06:57と続きます。このパターンが22時台まで続き

同駅最終は22:42発にて台北駅には23:19着となります。
(Update:2017-02-20現在のサイトを参考にしました)

タヌキ猫の搭乗したJL809便は桃園着21:15
それよりも遅いJAL便となると関空発のJL815便ですが
こちらは21:40着ということで、最終列車まで1時間はありますので
大幅な遅延が発生しない限りはご乗車頂けるかと思います。
(JALフライトスケジュールは2016 10.30-2017 03.25を参考)

とはいえ、入国審査&手荷物引き取り次第っていうところも
あるんだけどねぇ・・・(汗)

見る限り平日/土日/祝日と運行スケジュールには
変わりがないようですね。

どうしても今までですと桃園国際空港から台北市内へは
空港バスを利用してのアクセスにて渋滞などにより
時間が読めないということもあったかと思います。

今回の空港MRT開業により、かなりアクセスが向上したと
思いますし、タヌキ猫はこれからも空港MRTを利用したい
と思います。

これから台湾旅行を桃園空港利用で検討されている皆様
どうぞご参考頂ければなと思います。

次回はシーザーパーク台北(CAESAR PARK TAIPEI)にてチェックイン
ついでにちょこっとだけ街をぶらついてみたいと思います♪

どうぞ次回の更新もお楽しみに♪

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼

JAL 日本航空 国際線航空券

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–

 - 台湾(2017Mar)旅行記 , , ,