ウラジオストク旅行記

ウラジオストク旅行 備忘録

2020年3月29日

タヌキ猫です。ウラジオストク旅行 備忘録として
今回、訪れました「ウラジオストク」旅行に関する

タヌキ猫が気になった点をピックアップしたいと思います。

タヌキ猫が訪れましたのは
2020年02月28日から03月01日にかけて
2泊3日で訪れました。

旅行期間中の平均気温は 2 / -7 ℃ といったところ
やはり2月下旬から3月上旬のウラジオストクは「寒い」です(笑)

この時期の日の出 / 日の入り 時刻は
07:47 / 19:00 といったところでしょうか


ただこの時期だからこそできること
っていうのもありましてね

例えば「スポーツ湾」を歩いてみるとか…
こちら海面なんですよね、凍っているからこそ
海の上を歩いて行けるっていうのは

オモシロいと思いますよ♪

続きより、ウラジオストク旅行についての
ポイントを旅行記などからもピックアップしまして
ご紹介したいと思います。


…とその前に…
< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪

JAL 日本航空 国際線航空券

おトクで快適に海外へ!
(購入/予約/検索にご利用ください)


Facebook ページを開設しました♪

「いいね! & シェア どうぞ宜しくお願い致します!!」


まず、最初に書かなければならないのは
ロシア入国に際し「ビザ」が必要ということですね。

ウラジオストクにおいては

沿海州の滞在のみ
有効となりますロシア 電子簡易ビザ
の申請がネットからもできますので

タヌキ猫が申請した時のものを
ご参考頂けたらなと思います。

ウラジオストク ビザ申請 取得

写真など、ちょっと注意すべき点はありますが
申請自体は難しくないと思います。

ただ、タイミングとして
ビザの有効期間が
発行日から30日間有効
滞在可能期間8日間

となっていますので、なんでも出発前に
ちゃっちゃかと手配を済ませたい方にとっては
ちょっと…じれったいかも(笑)

タヌキ猫は入国予定日の20日~5日前までで
申請をしました。


ウラジオストクを紹介するガイドブックは
ブログを書いている時点ではこの本だけですね。

(その時のブログはコチラ↓)
ウラジオストク ガイドブックを購入

*公共交通機関の運賃は値上がりしています。
またクレジットカード可と記載されていたお店
でも実際は不可というところもあったりで

データとしては最新ではないのは注意ポイント

今後、るるぶだったかな「ウラジオストク」本を
刊行する予定があるようですが

ホント、街自体はコンパクトですが
意外と見どころがあるのかなぁ~と思いますよ。


ウラジオストク国際空港(VVO)から
市内への交通アクセスについて

タクシー (1,500ルーブル)
*2,000ルーブルとの話も聞こえますので
利用された方はコメント下さい!!

107番バス (200ルーブル)
(*別途 スーツケース 1つにつき +100ルーブル)

アエロエクスプレス (普通席270ルーブル)
(*ビジネスクラス 400ルーブル)

の三択となります。

ラクそうなのはアエロエクスプレスなのですが

ウラジオストク空港発 ウラジオ中央駅行き
07:42 - 08:36
08:31 - 09:25
10:40 - 11:34
13:25 - 14:19
17:45 - 18:39

1日この5本のみの運行にて
JL423便が14:55 到着ですので

荷物ピックアップであったり
入国審査等で出てくるまでの時間を考えても

17:45まで時間を潰すんだったら
107番バスで市内へ行っちゃった方がいいです(笑)


107番と記載されたこのバスというか番が
ウラジオストク駅まで行くのですが

空港ターミナルビル前のバスプールといいますか
一体どこに停車するんだか…

行って利用してみても分かりません…
要は空いているどっかに止まるのであろう
っていう気持ちでいないと…

やってらんないかも(笑)

この辺りは
ウラジオストク空港 107番バス 市内移動 編
をご参考ください。

ロシア ルーブル 両替については


ウラジオストク国際空港ターミナルビル内に
両替ショップもありますし


ATMも並んでおりましてレート的には
現地の方がいいんでしょうが…

タヌキ猫は成田空港にて両替していきました。

というのも「大きな金種は断られる時がある」
日本人感覚から言ったら、「はぁ?」でしょ

でも、タヌキ猫は実際に500ルーブル札を出しても
おつりがないんだけどぉ~っていうのを

要塞博物館で言われましたからねぇ
んなこともあって…


日本でできるだけ小さくして
っていう感じで少額紙幣を多めにしてもらいました。

この辺りは…好みなんだと思いますが…


先に書いちゃいますと
ウラジオストク市内から空港へとアクセスする場合

特にJAL便をご利用される皆様
ちょうどいいかなぁ~と妥協できる時間帯での

アエロエクスプレス のダイヤがありますので
こちらを利用されている方…

結構多かったですねぇ♪

ウラジオストク発 - 空港着
07:10 - 08:04
09:02 - 09:56
11:51 - 12:45
16:00 - 16:54
18:00 - 18:54

JL424便 ウラジオストク発 15:35
ですので該当する便は
11:51 - 12:45 です

13:35 JALカウンターオープン
となっていますので、なんとなく空港ターミナルで
時間を潰せば…いいのかなぁ~

っていう人がタヌキ猫が利用した時は
多かったように思います。

んなこともあって…
めっちゃ日本人率高かったですけどね(笑)

(ご参考までに)
32 アエロエクスプレス 切符購入 (3日目) 編

36 ウラジオストク国際空港 探訪 (3日目) 編

ちなみにですが、アエロエクスプレスには
普通席とビジネスクラスとありまして

ビジネスクラスは指定席となっています。

普通席でも良かったのですが
途中停車駅で結構人が乗ってくる
という情報をキャッチしていたので

それだったら、指定の方がそんなに値段変わらないし
いいかなぁ~なんて思ってしまいましたが


ホテル選びについて
意外とウラジオストクは「坂の街」となっています。

ウラジオストク駅周辺並びに「噴水通り」付近
ならば、ほぼ平坦ですので

スーツケースを引いて行っても苦ではないかと
思います。


タヌキ猫が今回宿泊しました
シビルスコエ ポドヴォリエ / Sibirskoe Podvorie

こちらはオケアン通りの坂を上がっていった先
にありますので、大きなスーツケースをとなると
大変という方はいらっしゃるのかなぁ

タヌキ猫なんかは、リュック一つでしたので
身軽に行っちゃいましたけどねぇ(笑)

ホント、「黒猫」がいるホテルということで
こちらのホテルはホント決めるの早かったかなぁ

ウラジオストクのホテル価格は結構
どこもリーズナブルかなぁ~と思います。

ただ、どうしても年季を感じるのは否めませんが
タヌキ猫が宿泊したホテルはいくつかの棟
に別れているなど、ちょっと特殊な感じ

でしたがもし、同じホテルをという場合は
タヌキ猫の旅行記本編を見ておけば
差支えないかと思います(笑)


路線バスについて

写真の31番バスはウラジオストク駅から
路面電車の走っているキタイスキー市場方面へと
アクセスするバスになっています

一律 28 ルーブルとなっています(現金のみ)


路面電車について

ミーニーゴロドク - サハリンスカヤ間を
走るのみにて、現在廃止の方向で進んでいる
とのことですので、100年以上走るレトロ車両

に乗ってみたいという方はお早めに

一律 20 ルーブル となっています。

バス 路面電車共に、真ん中あたりの扉
から乗車して、降車時に前方の扉より

運転席に支払っての降車となりますが
路面電車によっては、中に料金収受員が
いる場合があります。

この辺りはタヌキ猫が利用した時の
旅行記をご参考ください。

25 路面電車 + クラッシックカー博物館 体験 (2日目) 編



食事についてですが、お店によっては
日本語メニューを用意してあるところもあり

入店時に「国籍は?」って聞くところもあり
「JAPAN」と答えると日本語メニューを出してくれます。


写真は日本語メニューですが
英語メニューのところでも写真掲載のところ
が多いですので、オーダーはしやすいですね

レストランでのやりとりも
英語で大丈夫なところがほとんどでした。

事前にガイドブック等で
日本語メニューありと書いてあっても
ダメなところもあったり

クレジットカード利用可と記載あっても
実際はCash Only っていうところもあったりで

この辺りは、タヌキ猫の場合は
だいたいMaster カード見せながら使える?
って聞くようにしています(笑)
(↑ あんま現金持ち歩きたくないし)

お店にもよりますが
リーズナブルなところはとてもリーズナブルだし
結構、どこも美味しかったなあ~

というのが感想です(笑)

その他、詳細等につきましては
メニュー表なども分かりやすいように
写真など多めに掲載しておりますので

旅行記本編にてお確かめください。



ウラジオストク市内にいくつもロシア正教会の教会
がありますが、内部のイコン画撮影OKのところ
って、ほとんどありません。

写真にありますイゴリチェルニゴフスカバ教会
は50ルーブルの撮影料金は徴収されますが
タヌキ猫が今回訪れた中では

ここだけが撮影OKでしたので
写真に収めたいなぁ~という方はチェックを

17 イゴリチェルニゴフスカバ教会 イコン 鑑賞 (2日目) 編


日本から一番近いヨーロッパということで

客層を見てみても若い方でも
比較的行きやすいのが「ウラジオストク」
だと思います。

やはりJAL便で搭乗してみても
いつもより客層が若いなぁ~と
感じましたから(笑)

ホント、手軽にヨーロッパを感じたい!!
という方にはもってこいなんだと思います。

時差も1時間ですので
カラダ的にも「ラク」ですしねぇ

ただ、旅行に行き慣れている方にとっては
少し物足りなさを感じるのは…否定できません。

あとタヌキ猫が気になった点は
トイレの紙は流すのがNG
これは空港においてもです。

歯ブラシは日本から持参をこの位かなぁ

詳細等は、旅行記本編内で
まぁ~ゴチャゴチャと書いているから
この辺りを読んでいただきまして

何か感じるところがあれば
そこが気になるところなんだろうし…

そうそう、外のトイレは基本 有料
とお心得あれ!!

んなもんで、旅行記中、やにトイレの記載
があったかと思います。

また訪れた時期が寒い時だったので
利用する回数も増えるわけですが

レストラン等利用時には
立ち寄らさせて頂くなど工夫しないとね

ただ…要塞博物館のトイレは…
ちょっとクレイジーですけどね(笑)

治安としては不安に感じることはありませんでした。

ただ、どこの国でもいえることですが
物乞いの類はいます。

水たまり他、道路ガタガタなところであったり
建物が老朽化しているがゆえに

なんでこんなところから水垂れてくるん?
っていうのは、特に雪のあとに感じるところですが

それがウラジオストク クオリティだと思えば
許容範囲内といったところでしょうか。

ホント「ソ連」のイメージでいくと
今のウラジオストク こんなに開放的なのかしら
なんて感じる方もいらっしゃるかと思います。

普通に正午砲を見に海軍基地周辺で撮影
していましたが、特に何も言われず…

アッそうそう、やっぱり気になるのは
入国審査ね!!

なんか、妙な緊張感があるのはどこの国
でも一緒なんでしょうけど

ウラジオストクにおいては「なんだろう…この間は…」
っていうほど、パスポート念入りに

まぁ~舐めまわすように見るわよ(笑)
逆に、ロシア語なり英語なりでの質問は
一切ないからいいんだけどさぁ

すっごく、よく見るからこっちも
よく見てやろうかしら? っていうくらい

ジーっと「間」に耐えるのが苦痛かも(笑)
出国でも、よ~見はりますなぁ~って言いたくなる位

よくよくご覧になられていますが
まぁそれが仕事ですからね

いかがだったでしょうか?
これから、ウラジオストクへ行ってみよう!!

と思っている方の一助になれればと
タヌキ猫が旅行に際して気になった点などを
ピックアップしてみましたが

後は、一度、ウラジオストク旅行記をご覧頂ければ
あぁ~こういうことかぁ

タヌキ猫でも行けたんだから
自分でも行けるなぁ~って
思って頂けるかと思います(笑)


あとは、せっかくタヌキ猫のブログを
ご覧頂いておりますので

ウラジオストクへは
ぜひ JAL / 日本航空の翼で!!

といったところでしょうか(笑)

タヌキ猫は、ウラジオストクへ
また行ってみたいですねぇ♪

今度行くときは、芸術的なものに
もっと触れる旅行にしたいかなぁ♪

もちろんJALの翼で行きますけどね!!

次回は、そんなウラジオストク旅行にて
かかりました費用をタヌキ猫ブログ恒例

How much? で書いてみたいと思います。

どうぞ、次回の更新もお楽しみに!!

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼
JAL 日本航空 国際線航空券

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
--◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎--


PREV 38 JAL424便 ウラジオストク - 成田 フライト (3日目) 編
TOP [ウラジオストク 旅行記 目次]に戻る
NEXT How much? ウラジオストク旅行


[余らせた外国コイン 活用方法]
[pocket change/ポケットチェンジ]のススメ

[アジア 中東エリア / Asia Middle East area 目次]に戻る

[海外旅行記 目次]に戻る


-ウラジオストク旅行記
-, , ,

© 2021 気ままな飛行機人のプログ