九州

丸尾自然探勝路 + 硫黄谷噴気地帯公園 編

2021年2月13日

タヌキ猫です。鹿児島 旅行記 (2020)
12 丸尾自然探勝路 + 硫黄谷噴気地帯公園 (2日目) 編
をお送りします。

*撮影日 2020年11月19日
*一部撮影した順番と異なります。

丸尾の滝を見学しまして 近くにあります
丸尾自然探勝路 を歩いてみたいと思います。

そのまま 千畳敷 / 布引滝 と巡りまして
霧島最古といわれる岩風呂 も
見て行きたいと思います。

硫黄谷噴気地帯公園
モクモクしているようなので
どこまで見れるかですが…


まずは 丸尾自然探勝路 からスタートです。

グーグルマップ だと
うまく表示されないかなぁ… (汗)

それでは、続きをご覧ください。


…とその前に…
< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪

JAL 日本航空 国際線航空券

おトクで快適に海外へ!
(購入/予約/検索にご利用ください)


Facebook ページを開設しました♪

「いいね! & シェア どうぞ宜しくお願い致します!!」



11:00 すぎからスタートとなりました。


結構、大丈夫かなぁ~っていう道ですよねぇ


ん~ある意味で 自然体っていうか…
最低でも スニーカー以上じゃないとダメかな
結構、草とか生い茂る感じでしたので
長ズボンがいいよねぇ


場所によっては 蒸気が上がる箇所もありました。


ん~ あんま手入れはされていない感じだよね


意外と アップダウンのある順路です。


この先に 千畳敷 があるようですね


えぇ~ 結構 急な坂道なんじゃねぇ?


なんか噴き出してるね…


もはや けもの道っていう感じですが


道は続いております(笑)


橋が整備されており


あの下が 千畳敷 と呼ばれるエリアなのかな


ここで二又に分かれており、下にいくと千畳敷ですね


うん… やっぱ急だな道…


千畳敷の案内板です


いやぁ~改めて見ても急すぎるよね


河原に降りてこられましたね


千畳敷 でございます。


結構、水量がある印象ですね


この一帯くらいで、これ以上は上にも下にも
いけないっていう感じでしょうか


んじゃ、来た道戻るかぁ


先ほどの二又まで戻りまして
通りに出ましょうかね


こちらには、整備された遊歩道があり


まぁ、上がって行くのが大変だけど


ご覧の通り


クルマ バスが通る車道に出れますからね


へぇ~こうやってみると 良い感じなんだねぇ


この反対側にも 丸尾自然探勝路 は続いているようですが
ん~ もう… 深く行かなくてもいいかなぁ… (ぼそっ)


道路を上っていく形で近くに
布引滝 があるそうなのでそちらに
行ってみることにしましょう


紅葉している木々もありましたね


なんか すっごく地味に看板があるのですが…
布引滝への入口ですね


10分ほどで着くようですね


それでは、下っていきましょう


こちらも、結構キツイ下り方だねぇ


向こうには 展望デッキもどきがありますが


ん~ なんだかなぁ… どうだんべ…
って言わざるをえず…
布引滝 よく分からん


展望デッキの方からも… そんな変わんないし


再び通りに出まして、このまま 上を目指します。


あぁ~ バスぅ~って 適当に手を挙げて
止まりゃしないでしょ(笑)
もっとも バス停ってどこやねん


なぁ~んてやっておりますとね
先ほどのショートカットさせて頂きました
丸尾自然探勝路 の入口に到着しました。


アラッ いやしの森 だったのね


この先に 霧島最古の 岩風呂 がある
とのことなので、ちょっと行ってみることに


案内図ですね


岩風呂の案内表示もありますので
どんなものなのか楽しみですね。


こちらを渡っていくと、さらに自然探勝路の奥へと
続いていくわけですがそちらには行かず


おぉ~ この先に霧島最古の岩風呂があるのね


ほんで、どれ?


んん?? コ… コレかぁ~ (苦笑)
う~む… おつかれしたぁ~ って言って
戻るタヌキ猫


まぁ、ちょっと川の流れでもみてね


戻りましょうよ


先ほどの入口まで戻ってきまして


さらに上にあります
硫黄谷噴気地帯公園
へと行ってみたいと思います。


この先に見えるのは


霧島ホテル ですね
こちらも 日帰り温泉を実施しており
いいなぁ~って思ったんですけどね


さぁ、そろそろ 硫黄谷噴気地帯公園
のようですね


なんの案内板かな?


硫黄谷噴気地帯ですって


なんか、看板があったんだろうけど…


結構、変色してる感じかなぁ


おぉ~全然 噴気で見えないねぇ


この先はもう行かなくてもいいかな


ホント、モクモクですね


なかなか 全体をつかめませんが


ん~ 箱根の大涌谷とはまた違う感じかねぇ


結構、配管がさび付いているね


イマイチ… よく分かんないです


噴気地帯 / 立入禁止
そりゃ、そうでしょうね


えっ!! 有毒なガスが含まれているの?
んじゃ、足早に帰るとしますか…


なぁ~んてやっているのを横目に
路線バスが通過

って、この辺にバス停があんのかなぁ
霧島ホテルあたりでありそうだけど

特段、乗るつもりがなかったので
いずれも時刻は調べておりません


それでは、下っていきましょうかね


このあと 日帰り温泉を楽しもうと思うのですが
霧島ホテル も候補に挙がってたんですよねぇ


今回は、丸尾の方まで戻りまして
日帰り温泉を利用したいと思います。


もう 道なりに、ずーっと下っていくだけですよね


道路が整備されているので
歩きやすいですよね

探勝路だとやっぱり歩くの大変だもの


丸尾 の近くまで来たんでしょうかね
蒸気が上がっていますね


おぉ~ 温泉郷に入ってきたかな


結構な音がしているのね


こういうの見ると、やっぱり温泉だなぁ♪って


この道は、散策路になっているのかな


タヌキ猫は歩き回っていたこともありまして
日帰り温泉へと入りたいと思います。

いくつか候補を決めておりまして
今回は 霧島国際ホテル にて
日帰り温泉を楽しみたいと思います♪

丸尾の滝 周辺から 丸尾自然探勝路
千畳敷 / 布引の滝 / 硫黄谷噴気地帯公園
と だいたい1時間にわたって巡りましたでしょうか

次回は 霧島国際ホテル にて
日帰り温泉をいただきます。

どうぞ、次回の更新をお楽しみに。

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼
JAL 日本航空 国際線航空券

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
--◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎--


PREV 11 霧島温泉市場 + 丸尾の滝 (2日目) 編
TOP [鹿児島 旅行記 (2020) 目次]に戻る
NEXT 13 霧島国際ホテル 日帰り温泉 入浴 (2日目) 編


-九州
-, , , , ,

© 2021 気ままな飛行機人のプログ