*

Future of Flight Aviation Center アクセス 編

      2019/07/01

タヌキ猫です。JALシアトル線就航便で行くシアトル旅行記
08 Future of Flight Aviation Center アクセス 編 (2日目)
をお送りします。

*撮影日:2019年04月01日

シアトル旅行2日目となりました今日は
ボーイングの工場見学からスタートです♪

もう10年以上前から、いつかシアトルにある
ボーイングの工場へ訪れてみたい!!

もちろんJALの翼で!!と思い続けまして
(↑タヌキ猫の場合、JAL以外の翼で行く価値はないので)

ようやっと、この日を迎えることができました。

当初は、シアトル市内ホテルからボーイング工場までの
送迎付きのツアーを申し込んだのですが、

一人参加の場合、一度、二人分支払う必要があり、
それならば、いっそ自分の足で行く方法はないのか?

ということで、路線バスを乗り継ぎましてのアクセスにて
ボーイング社 エバレット工場まで行ってみたいと思います!!

BOEING Future of Flight

個人でボーイング社エバレット工場見学を訪れる際は
必ず事前予約が必要と思ってください!!

そりゃ~世界中の飛行機ファン/ボーイングファン
がやってきますので、ご納得いただけるかと思います。

タヌキ猫は、約2か月前に予約しました。
11:00 AM の回で予約しましたが、早着の場合
早い時間でのツアーに変更されることが多い

との事前情報でしたので、それならば、
それを見越しての予約をするというのも
個人アクセスの場合は「アリ」だと思います(笑)

それでは、宿泊先のホテル ベルタウン インを
07:19 に出発です!!

予約は11:00ですが、10:00の回で入れるかなぁ~
という算段で動いてみました。

一路、3rd Ave.をウエストレイク駅方面へと
歩いて行きます。

それでは、続きをご覧ください。



…とその前に…
< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪

おトクで快適に海外へ!



 

Facebook ページを開設しました♪

「いいね! & シェア どうぞ宜しくお願い致します!!」

 



 

ざっくりと先に
ボーイング社エベレット工場までのアクセス方法
を書きますと…

シアトル市内から
路線バス「512」EVERETT 行きに乗車
Lynnwood で下車

路線バス「113」MUKILTEO 行きに乗車
Hwy525 & 84th で下車

バス停から少し戻る形で
ガソリンスタンドとタコベルのお店の間の
坂道を登っていくと

Future of Flight Aviation Center
があります。

ということで…
まずは路線バス「512」番が停車するバス停ですね。
タヌキ猫の宿泊したホテル周辺には512番はやってきません。

やはりウエストレイク駅周辺まで出る必要があります。

目安は「macys」です。
Stewart st(スチュワートストリート)で左折

すぐ、二又に道が分かれますので
右側のOlive Way(オリーヴウェイ)へ

モノレールの下を通過しまして見える

このバス停が512番EVERETT 行き
が停車するバス停です。


グーグルマップでは Olive / 6th と書かれています。

512 EVERETT Station の文字がありますね。
只今、7:31ですので、ベルタウン インから徒歩12分で
きていますね。

バス停の裏側にはそれぞれの路線バス番号と共に
時刻表が記載されています。
(って、タヌキ猫、気づかなかったんですよね(笑))
*写真は見学後戻って来てからの撮影です…

7:29発っていうのが、2分遅れでの到着といったところかな
このあたり、正確な時刻表を把握せずに来ていますので
ちょうどいい感じできてラッキーっていう
感じでした(笑)

平日と土曜日/日曜日&祝日という感じで
ダイヤが異なりますのでご注意ください。

タヌキ猫は平日(2019年04月01日(月))でしたので
本数も多く、すぐの乗車となりました。

バス正面には「512 EVERETT STA」の文字
がありますね。

メトロバスは乗車時にORCAカードを
タッチしての乗車となります。

乗車する時間帯によってバス料金は異なりますが
タヌキ猫が乗車した7時台は3.75$でした。

残額としてBAL $16.25と表示されているので
スタートが20.00$でしたので
合ってますね。

乗車したバスは2階建てとなっておりまして
タヌキ猫はすぐに降りれるようにと1階に乗車

降車はご覧のようにボタンでの合図の
ものでした。

高速道路に乗っては、下りてのバス停停車
という感じにて

結構、バス停とバス停との間隔が大きいので
降りそびれちゃったら、どうしよう…

なんて思っていましたが

Lynnwood Transit…なんちゃら
これでいいのかなぁ?

正式名称Lynnwood Transit Center


ということで、高速を降りてから、その高速を連絡橋で横断する
形にて大きなバスターミナルに停車しますので
そこで乗り換えとなります。

D2 というバス停で停車となりまして
降車しました。

ホラ、こんな感じで多くのバス停のあるターミナル
ですので、ここで降りる分には迷わないと思います。

ドラドラ、乗り換える113番MUKILTEO 行きのバス停
はどこかね?ということでチェック

B3 バス停からの乗車のようですね。

バスターミナル内を横断して

B2

B3 113 MUKILTEO とありますね♪

帰りもこのLynnwoodのバスターミナルまで戻ってきて
シアトルへと戻りますので帰りのバス停チェック

先ほどD2 バス停で降車しましたが、その隣に
D3 512 Seattle とありますので
これで、戻れますね。

113番 MUKILTEO行きの時刻表です。
シアトル市内からはOlive / 6thで乗車しまして
Lynnwoodのバスターミナルまで約30分かかりました。

只今08:02 次の発車は08:26ということで
20分くらいは余裕がありそうですね。

インフォメーションセンターもありますし
バスターミナル敷地内にはコーヒーショップもありました。

出発時刻よりも少し早くにバス停に
乗車するバスがやってきましたので、乗車することに

113 MUKILTEO と書かれていますね。

先ほどのバスから降車2時間以内でしたっけ?
乗り継ぎの場合は、追加料金はかからないんですよね。

そんなこんなで乗車時にはORCAカードをタッチしますが
そのまま16.25$のままですね。

運転手さんには、念のためボーイングエバレット工場に
行きたいんだけどということで単語だけみたいな英語
でしたが、このバス停で降りるんだよと

Hwy525 & 84th を案内されました。一応こうやっておけば
通り過ぎそうになったら、言ってくれるかなぁ~
って保険をかけたつもりですが(笑)

結構、内装がしっかりとした路線バスですよね

こちらの降車合図はご覧のように紐をひっぱる
タイプですね。

いわゆる大奥/御鈴廊下かしら(笑)

定刻08:26 Lynnwoodを発車

なんか、ほのぼのと住宅街を走るんだよね

結構、停車していくのですが

Hwy525の文字が入るバス停…多い(笑)
乗った感じですと、結構早い段階で一度Hwy525に
出るのですが、一旦、住宅街を通っての

再びのHwy525っていう感じでバスは走りますので
結構…じれったい(笑)

降車合図として先ほどの紐を引っ張ると
Stop Requested と表示されます。

Hwy525 & 84th の表示が出ました。このころには乗車していた
のはタヌキ猫だけだったので、大丈夫かなぁ~って
不安でしたが…

正式名称はHwy 525 & 84th St SW
大丈夫だったみたい(笑)
降車時はORCAカードのタッチはいりません。

みんな降車時にThank you!っていう感じで
運転手さんに、挨拶していっているのが印象的
だったので、タヌキ猫も堀内孝雄になったつもりで

Thank you!…いや普通に言っておりました(笑)

バス停には停留所名がないのね…

09:04到着予定のところ09:08到着といったところでしょうか
Lynnwoodから38分の乗車といったところですね。

右側に映っている緑看板のPaine Field っていう案内が
ボーイングエバレット工場を含むエリアのことですね。

このスタンドとタコベルのある

この坂道を登っていくわけですね。


つまり、こういうことね。徒歩で14分というのが目安とのこと

と、その前に帰りの時刻表をチェック
帰りのバス停は、行きのバス停から少し戻る形で

反対側のセブンイレブン&スタンドのあるエリア
にあります。あの青いやつね

そうそう、コレコレ

113 Lynnwood Transit Center行き
平日なので、まぁ日中30分置きにあるんだったら
上等だよねぇ

ということで、スタンドとタコベルの間の坂道
これを登っていきますよ!!

グーグルマップにて、バス停降車後のルートも
アップしていますので、これで行けるでしょぉ♪

まぁ、結構、急な坂道なんだけどね

運がよければ、リスを見つけることもできるかもね

もう坂道をほんとまっすぐ一直線ですね。

アラッ、スクールバス…後日レンタカーにて
運転予定ですので、遭遇はしたくないところ

先が開けたと思ったら

訓練機かな?

Future of Flight
Aviation Center & BOEING TOUR

いよいよ到着しましたね♪

こちらはエントランスではありませんが、見学できる施設
となっていますね。

うわぁ~、このホテルに泊まれば、ずーっと飛行機見れるなぁ
でも…タヌキ猫の場合は鶴丸背負っていてこその
ボーイングですので…それ以外は…(ボソッ)

いいねぇ~アラスカ航空の試し飛行かしらね

ということでFuture of Flight
Aviation Center & BOEING TOUR

エントランスに到着したのは09:15
バス停からは徒歩15分かからずでした。
(↑ちょっと坂道はキツイですが…)

シアトル市内のOlive / 6th を7:29発(定刻発車と仮定すると)
512 EVERETT Station 行きに乗車
08:02 Lynnwood Transit Center 下車
(約30分乗車)

[だいたい乗換時間20~25分の余裕あり]

113 MUKILTEO 行きに乗車
08:26 Lynnwood Transit Center 発
09:08 Hwy 525 & 84th St SW 着
(約40分乗車)

徒歩にて約15分移動

ということで、1時間45分の移動となりました。
予約は11時にしてありますが、うまくいけば
10時になるだろうし、ダメならダメで

ボォーっと飛行機を眺めているだけでも…
飛行機好きなら楽しめますからね(笑)

次回は、そんなFuture of Flight
Aviation Center & BOEING TOUR
の模様をお送りします。

ちなみにですが、ボーイング社エベレット工場内は
写真撮影禁止となっています。

ツアー参加前にデジカメ、スマホ、筆記用具を含め
全てをロッカーに預ける決まりとなっています為

ツアー参加時自体の写真はありませんが、
その前段階の施設内の撮影はOKですので、
その模様を中心にお送りできたらなと思います。

どうぞ次回の更新もお楽しみに♪

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼

JAL 日本航空 国際線航空券

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–


PREV The Crab Pot シアトル オフ会 編
TOP [シアトル旅行記 目次]に戻る
NEXT ボーイング社エベレット工場見学 編

[pocket change/ポケットチェンジ]のススメ


 

 - シアトル旅行記 , ,