ドイツ旅行記

ローテンブルク 城壁 回廊巡り 編

タヌキ猫です。ドイツ旅行記
13 ローテンブルク 城壁 回廊巡り (2日目) 編
をお送りします♪

*撮影日 2020年03月07日
*一部撮影した順番と異なります。

ローテンブルクにやってきたら
やってみたかったのは「城壁 回廊巡り」ですね♪

この旧市街地はぐるーっと城壁に囲まれており
一部城壁については回廊になっており
そこを歩いて回ることができるんですよね♪

修復の折は多くの寄付を募ったということで
寄付をされました日本企業であったり
個人名のプレートが埋め込まれているそうです。

タヌキ猫的には
なるほど ザ ワールド のプレート
ぜひ見つけてみたいなぁ~と思っています(笑)


今回、ローテンブルク城壁巡りのスタートとして
クリンゲン門 / Klingentor を設定しました。

シュピタール門 / Spitaltorまでずーっと城壁に回廊
が造られておりまして、そこを歩いていくこと
ができます。

ちょっとイメージでグーグルマップのルート載せたのですが
表示的にはちょっと違ってるけど…

まぁイメージ的にこんな感じで
城壁の回廊を歩いたよと感じて頂けたらなと思います。

どうぞ、続きからお楽しみください♪


…とその前に…
< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪

JAL 日本航空 国際線航空券

おトクで快適に海外へ!
(購入/予約/検索にご利用ください)


Facebook ページを開設しました♪

「いいね! & シェア どうぞ宜しくお願い致します!!」



それではまもなく12時になるであろう
クリンゲン門 / Klingentorより

ローテンブルク 城壁回廊めぐりをお楽しみください。


当然のことながらも
エレベーターエスカレーターの類は無く


階段にて上り下りとなります。
これでも、比較的傾斜がゆるい階段だったかと
思います(笑)

のちのち、写した階段の角度にもご注目あれ


それでは回廊めぐりスタート♪
そんなに幅はない通路になっていますね。


そうそう、こんな感じでこの回廊の修復作業に
寄付をして下さった方のプレートが
城壁に埋め込まれているんですよね


城壁の外には観光用の駐車場かなぁ?


いやぁ~この光景素敵じゃない♪
ホント、中世にタイムスリップしたような感じ


この屋根の感じねぇ


あぁ~いいですねぇ♪


おぉ!! YANMAR 耕運機のだよね
あぁ八重洲口の真ん前に

ヤー坊 マー坊の天気予報っていうか
ヤンマービルあったよねぇ
(↑ 今工事で潰しちゃったけど)

ということでここからはプレートは
日本企業ないしは団体名があったら
撮影していこうと思います♪

その他にも日本人の多くの方々が
寄付をされておりまして

ご夫婦で記念もあって寄付されたであろう
プレートがホント多くありましたね!!

年号をみるとやっぱり「バブル」の頃かなぁ
この辺りは、個人については掲載いたしません。


しばらくは、ローテンブルクの回廊めぐり
をしながら、ヤー坊マー坊天気予報!!

僕の名前はヤー坊っていう感じで
バックミュージックが流れておりました(笑)


この階段きつそうだねぇ


でも、この駐車場が確かヨーロッパバスの停留所
を兼ねているかと思いますので

バスツアーで訪れるならここから入場かしら?
でも、確かヨーロッパバスって

ローテンブルク滞在30分も無かったかと
思いますが…

すみません、遠い昔に計画したことがあって
今、昔のデータでみると45分滞在になってるけど

いやぁ~その時間だけでローテンブルクの魅力を
全部見ろったって、土台無理な話だわね

ここは、やっぱりゆっくりじっくり
泊まるくらいでデーンと行きませんとね(笑)

そんなこともありまして、
まぁこの回廊を最初から最後まで
ずーっと歩いているヒマ人は

タヌキ猫くらいなもんなんだと思いますが…
いいのいいの、来れなかった人にも

こんなんでしたのよっていう感じで
お送りするのがタヌキ猫のブログだから(笑)


ねえ、奥さん、この階段きつくない?
絶対キツイわぁ~ホント後ろから

旦那がケツ持って奥さん持ち上げながら
上がる光景が浮かびますでしょ?
(申し訳ございません品のないブログで)


いやぁ~それにしてもこの統一された美しさ
日本には今やないですもんねぇ

それこそ白川郷とかホント一部だけだよね


さぁ、ジャンジャン行こう!!


旧市街の外も結構屋根の色は統一されているのかな?


こんな感じでところどころ階段が設置されており
当然のことながら…その部分は通路狭しです。


ちょっと暗くてドキドキだけど
中は特に…な~んもねぇ(笑)


ホント、回廊をただ歩くだけになっちゃうけど


こうやって色々な角度からみることのできる
ローテンブルクの街並みが


タヌキ猫は好きですね♪


回廊はずーっと城壁に沿って設置されており


こんな感じでぐるーっとローテンブルクの旧市街を
取り囲んでいます。

あの先に見えるのはガルゲン門 / Galgentor ですね


この辺り、角になるのですが
ちょっとした部屋みたいになっており


ここから監視してたのかなぁ
それとも大砲でも据えてあったのかしら?

なんて、タヌキ猫めっちゃ中世のこういうの
大好きなんで妄想に浸っています(笑)


回廊を進みながら


色々な角度から見える
2本の劣塔が先ほど訪れた聖ヤコブ教会なんですよね


そろそろガルゲン門 / Galgentorですね


おぉガルゲン門 / Galgentorのところから
旧市街をみるとこういう感じ
になるわけね

あの先に見えるのが「白い塔」かしら?
巨塔じゃないわよ(笑)


門の上を回り込む感じかしら


おぉ~ちょうど門の上の塔のところ
でしょうかね


やっぱり階段は急なようですね
下にはトイレも設置されているようです。
(使わなかったけどね)


さぁ、どんどん進むよぉ


ちょっとした櫓的なところもありますが
特に何かがあるというわけではありません。


おぉ!! Japan Air…ってきたらさぁ
タヌキ猫なんかlinesで日本航空かと
思うじゃない?


が…Airport Terminalなんだなぁ~(笑)
それでも、こうやって寄付をしてくださって

タヌキ猫が回廊を散策できますことは
ありがたいことです。


もう場所的にはレーダー門近くになりますが


おぉ~あった! あった!!
世界まるごとHOWマッチのプレートです♪

ちょっとここまで来て無かったので
どっかで見落としたかなぁ~って
思っていたんですよねぇ~

タヌキ猫はてっきり「なるほど ザ ワールド」
愛川欽也と楠田枝里子だと思っていたので

途中からずーっと「楠田枝里子でございま~す」
なんて言いながら、捜索していたのですが…

世界まるごとHOWマッチは
あれだぁ、巨泉の方だったね(笑)

今、ブログ編集しながらなんかかみ合わないなぁ
って思っていたのですが…

まぁそんな勘違いもよくあることさぁ
ということで、記事最初の方に「なるほど ザ ワールド」
って書いちゃったけど…いいやねぇ

んじゃ…タヌキ猫はあんまり見た記憶…
ないわぁ…だって若いんだもの…(ケケッ)

ただ、この一連の流れが平成世代だと
もっと分からないんだろうね(笑)

にしても…巨泉だったかぁ(笑)
ホント、手広くやってたんだねぇ


レーダー門のところの階段はご覧のように
なっておりまして、他の所よりも造りはしっかり
していますが、やっぱり角度はキツイ


ん~本当はこのレーダー門の上のところに
展望フロアがありましてローテンブルクの眺望を
楽しむ予定だったのですが…クローズ(泣)

あとは高いところからだと市庁舎の塔から
の眺望になるかと思いますので
そちらで楽しみたいと思います。


ということでレーダー門を後に


回廊を進むタヌキ猫


おぉ~JCBカードだねぇ~
お世話になっております(笑)


やっぱりレーダー門周辺が名前の聞いたことのある
企業名のプレートが多かったかなぁ

その他にも写真には収めておりませんが
日本人個人名による寄付をされたプレート

これが時代を反映していて良かったなぁ
って思いましたねぇ

きっと旅先の思い出にとプレート
作ったんだろうなぁ~
年号がホント「バブル時代」よ(笑)

もしかしたら、タヌキ猫のブログをご覧の方
の中に、ここにプレートあるわよっていう方
いらっしゃるかもしれませんね


資生堂ですね。
やっぱりこのデザインはどこにいっても
ステキですね♪


聖ヤコブ教会の2本の劣塔は
探しちゃいますね


うわぁ京王百貨店があるぅ~なんで???
ってゴメンナサイね(汗)

三越とかだったら、今はほとんど無くなっちゃったけど
ヨーロッパにいくつか支店出してたじゃない?
(パリ支店閉めるとき揉めたよねぇ)

京王さんってなにかご縁があったのかしら?


SANYODOはどちらのSANYODOかしら?
今、ざっくり調べてみた感じだと

世界のおみやげショップの「三洋堂」かしら…
これだけはどちらさんかねぇ~って
最後まで分かりませんでした。


JTBって、こんな堅い名前だったんだねぇ~
知らなかったぁ(笑)

それこそ、羽振りのイイ時代の話を
聞いたりしてると…今ってなんなんだろうねぇ


なぁ~んて違った意味での回廊巡り
になりそうだわ…

結構、人とすれ違う時はお互いに譲り合って
っていう感じになりますね。


城壁 回廊にへばりくっつくように
家が建っているところがあるのね


この辺りまで来ますとホント近接するような形で
個人宅が林立しているエリアになりますね。


さぁ、そろそろ終点でしょうか


この辺り、年季が入っていますが


階段を降りれば


通りに出まして


シュピタール門 / Spitaltor ですね

クリンゲン門 / Klingentorより
スタートしまして だいたい30分ほどで
シュピタール門 / Spitaltorまで到着しました。

ん~どうしても単調なところは
あるんだと思います。

特にレーダー門をちょっと過ぎてからの
シュピタール門 / Spitaltorまでについては

ぐんと歩く人も減りますので
心配だなぁ~という方はレーダー門周辺だけでも
いいのかなぁ~と思います。

また、ご覧の通り「照明」は一切ございませんので
日の昇っている間のみが宜しいかと思います。

あとは…階段がエレェ「急」だから覚悟しな
ってところでしょうか(笑)

おそらくはバスツアー等ではこんなにのんきに
回廊を歩いているような時間は無いかと思いますので

今回は、いつものように行った気分に浸って頂くべく
多くの写真と共にお送りしました。



そして、ここからはさらにマニアックな
感じになろうかと思いますが…


シュピタール門 / Spitaltorより城外に出る形
にてシュピタール城砦があるそうなので
(シュピタール バスタイ / Spitalbastei)

ローテンブルク宿泊だからこそ
有り余る時間を持て余していますので
見学してみたいと思います(笑)


こっちもぐるっと回廊みたいになってるのかな?


とりあえず一旦、外まで出てみましょうか


アラッ、あの木橋 なかなかいい味出してるよねぇ


ということで一旦、旧市街を出まして
改めましてのシュピタール城砦です♪
(シュピタール バスタイ / Spitalbastei)


この橋 gedeckte Brücke っていうんですね


シュピタール門 / Spitaltorの塔もカッコいいなぁ


せっかくなのでgedeckte Brücke を渡って入場(笑)


この扉のところからシュピタール城砦内へと
(シュピタール バスタイ / Spitalbastei)

入ることができそうなので行ってみることに♪


うわぁ~また雰囲気があるんじゃない♪
ただ、オフシーズンだったということもあってか

人っ子一人いなかったですので
ん~って思う方はタヌキ猫のブログだけで
お楽しみくださいね。

上と下と階段がありまして、下の階段は外へと通じる
通路につながっていました。


写真は上の通路の方ですね。
先ほど、ぐるーって渦を巻くように回廊が
あったかと思いますが、あの内部にあたります。


お城とかいくとやっぱりこういう穴覗いちゃうねぇ(笑)

日本でいうと鉄砲狭間みたいなものかしらね?


意外と傾斜が設けられておりまして
奥には


こんな感じで大砲が据えらえていたんだよ~的な
展示がございましてね


実に面白いねぇ


な~んか先にあるのかなぁ


ん~…段々うす暗くなってきたりして(汗)


まだ先へと行けそうね


おぉ~なんて言いながら歩いていたら


気づいてみたら


ポンと障壁の外へ(笑)
いやいや、戻るから…


にしても、こういうのがあるとやっぱ
リアリティがあっていいよねぇ


先ほどの階段のところまで戻ってきまして
下へちょっと進んだのですが、普通に外に通じる
通路になっていたので行きませんでした。


ということでシュピタール門 / Spitaltor


次回は旧市街中心地となりますマルクト広場へと
戻りまして市庁舎の塔にトライしたいと思います♪

どうぞ、次回の更新もお楽しみに!!

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼
JAL 日本航空 国際線航空券

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
--◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎--


PREV 12 ローテンブルク 聖ヤコブ教会 見学 (2日目) 編
TOP [ドイツ 旅行記 目次]に戻る
NEXT 14 ローテンブルク 市庁舎の塔 眺望 (2日目) 編


[余らせた外国コイン 活用方法]
[pocket change/ポケットチェンジ]のススメ

[ヨーロッパ エリア / Europe area 目次]に戻る

[海外旅行記 目次]に戻る


-ドイツ旅行記
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2023 気ままな飛行機人のプログ