*

カンタス航空 ジャンボジェット 全機即時廃止

      2020/06/27

タヌキ猫です。カンタス航空(QF)が
現地時間2020年6月25日発表した内容によりますと

新型コロナウイルス(COVID-19)による
感染拡大による運休による影響について

全従業員の約20%に相当する6,000人以上を削減
B747の残り6機の退役を半年前倒しして全機即時廃止
今後約1年にわたり100機前後の運航を停止する

(写真は 2014年05月14日 成田空港撮影です)

旨の発表をしました。
国際線の運航関連業務などで
従業員15,000人の一時帰休措置については
継続するとのことです。

オーストラリアの国境閉鎖が来年まで続く
公算が大きいとの政府発表に基づき

今後数年にわたって続くであろう影響を
考慮した結果のようですが…

実に…厳しい状況が続いていることが
如実に感じられるかと思います。

それでは続きをご覧ください。



…とその前に…
< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪

JAL 日本航空 国際線航空券
おトクで快適に海外へ!(購入/予約/検索にご利用ください)



 

Facebook ページを開設しました♪

「いいね! & シェア どうぞ宜しくお願い致します!!」

 



 

2020年度中に全機退役ということで
タヌキ猫のブログでも数年前に書いておりますが

(その時のブログはコチラ↓)
カンタス航空(QF) ジャンボジェット退役へ

いやぁ~実にあっけなく…泣く暇もなく
カンタス航空のジャンボジェット退役

これは…関係されていた皆様
実に悔しい思いをされていることと思います。

JALのジャンボジェット退役の時でさえ
最後はラストフライトとしてお見送りを
されていましたし

ANAもジャンボジェット退役…
確か、ピカチュウジャンボの退役かなんか
那覇空港で偶然居合わせたことがあったんですよねぇ

そういったこともなく、終わるということは
なんと無念だったことか(滝涙)

タヌキ猫なんかは、JALのジャンボジェット退役時に
成田などに駆け付けることもできなかった悔しさがあり

カンタス航空のジャンボジェットって
別格だったんですよねぇ…

ホント、今回の新型コロナウイルス(COVID-19)
による世界の航空会社の経営破綻という
ニュースは聞いているところですが

ん~実に可哀そうな最期だったなぁ…
と思うとねえ(泣)

そんなにジャンボジェットが悪いのか…
なんて言いたくもなるところですが
この状況下においては「待ったなし」

ヴァージン・オーストラリアにおいては
ベインキャピタルが買収ということで
6/26発表となっており

オーストラリア国内においては
運航はあるものの、国際線においては
どうにもならないですからねぇ…

(写真は2016年11月頃の羽田空港です)
羽田でもう…この光景を見ることは
ないんですね

(写真は 2020年06月20日 羽田空港にて撮影です)
今の状況はこのようになっておりまして
いかに「異常事態」が続いているかが
お分かりいただけるかと思います。

今回は、カンタス航空 B747-400 全機即時退役
を中心に経営計画について書いてみました。

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼

JAL 国際線

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–

 - ワンワールドネタ, 飛行機ネタ , ,