*

ウラジオストク駅 探訪 編

      2020/06/23

タヌキ猫です。ウラジオストク旅行記
33 ウラジオストク駅 探訪 (3日目) 編
をお送りします♪

*撮影日 2020年03月01日
*一部撮影した順番と異なります。

多くの方がウラジオストク国際空港から
バスにてウラジオストク駅へと降り立つ
(↑駅前のバスターミナルね)

かと思いますが、タヌキ猫は途中で降車
していますので、

駅前に来るのは初めてなんですよねぇ♪
ウラジオストク駅構内は見学することも
できるそうなので

ちょっと行ってみたいと思います。

アエロエクスプレス駅から
すぐのところにウラジオストク駅はあります。

どうぞ、続きからお楽しみください♪



…とその前に…
< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪

JAL 日本航空 国際線航空券おトクで快適に海外へ!(購入/予約/検索にご利用ください)



 

Facebook ページを開設しました♪

「いいね! & シェア どうぞ宜しくお願い致します!!」

 



 

へぇ~あの向こうに見えるのは
船舶用のターミナルでしょうか

もう、この美しい建物がウラジオストク駅
になるのですが

駅前のバスターミナルにはいくつもの
路線バスが入っておりまして

路面電車に乗るのに利用しました
31番バスもいますし

空港からの107番バスも終点は
ここウラジオストク駅となります。

それではウラジオストク駅を探訪してみましょう♪

この角度からの方がカッコいいかなぁ♪

ちなみに屋根の形は
ロシア女性の髪飾りココーシュニクを
連想させるデザインだそうです。

それでは、シベリア横断鉄道 始発駅となります
ウラジオストク駅へと入ってみたいと思います。

こちらも駅構内立ち入りの際は
その都度手荷物検査が実施されます。

おぉ~なんか天井に描かれていますね

これ、どう見ればいいかなぁ

きっと、こうだね♪
モスクワと駅ができた当時のウラジオストクの
街並みが描かれているそうです。

待合室の端にはインフォメーション
もあります。

あそこに飾られているのは

ウラジオストク駅着工を宣言した
ニコライ二世(当時皇太子)ですね。

まさか帝政ロシア最後の皇帝となるとは…

ちょっとしたコーヒーコーナーもありますね

さっそくホームのある階へ

階段で降りてみましょうか

降りた所には、トイレがありまして
こちらは有料となっています。

おばちゃんが一人座っていましたが
特に何も言わず

ホームへと出てきました

ここにはシベリア横断鉄道始発駅ですので
モスクワより9288M と刻まれた キロポスト
があるそうなので

ぜひ見てみたいところ

すぐ、そこに見えている電車が
アエロエクスプレスでして

入口は別となっています。

タヌキ猫が乗車予定の11:51
まだまだ時間あるねぇ~(笑)

ホームを進んでいくと

アッ汽車があんなぁ

ということで撮影しましたのは
1945年当時の蒸気機関車です。

それに向かい合わせのように
立っているのが先ほど書きました

モスクワより9288M と刻まれた キロポスト
ですね。

こんな感じで配置されているわけね

この階段って上に上がれるのかなぁ
と思いきや

ガッチシと鍵が閉められていました。

駅舎がオシャレな造りなんですよねぇ

特段、撮り鉄ではないのですが…
せっかくアエロエクスプレスが停車しているので
先頭から最後尾まで入れてみました(笑)

こっちにいる電車は寝台車かなぁ

ホームも先に行くほど狭くなりますが

あぁ~ここまでかぁ


なんてやっている間にアエロエクスプレスが
回送で出発していったので動画で撮ってみました(笑)

アエロエクスプレスがいったので
駅がバッチシ撮れたりして

戻る道すがらにドキッとしたのは
先ほどの蒸気機関車の中に…
人形置いてあるのねぇ…

ビビったわぁ

駅舎へと戻る際に注意ですが
この手前の扉からは入ってはいけません!!

さっき、座っていたおばちゃんが「向こうからよ!!」
って、もうちったぁ~やさしい言い方はできないのか

っていう剣幕で言ってきますので(苦笑)

ほうほうほう、シベリア横断鉄道の
モスクワまでのルートね

いやぁ~モスクワまで鉄道で
どのくらいかかるんだろうかぁ…

リップサービスでもシベリア横断鉄道で
モスクワまで行きたいって言いたくないわぁ

きっとウラジオストクって書いてあるんだろうね

こちらの扉から入場
建物に入る際に取っ手がついている扉
から入るのが正解ですね。

んでまた手荷物検査…
あぁ~それでさっきのおばちゃん
キレてたんだぁ…(汗)

時刻表なのかなぁ

現在のモスクワまでの路線網でしょうかね

下にも券売所があるんですね

上のフロアに戻るには一旦トイレへと
つながる通路を通過する必要があります。

トイレ入口には集金箱みたいのが
設置されていて有料なんですけどね

前は通過することができますので
先ほど降りてきた階段へと戻ります

ここは鍵がかかっていて入れませんが
天井画が気になるなぁ

別のホームへとアクセスする側には

あぁ~ちょっとした画が描かれていたり

展示もあるんだねぇ

この辺りは帝政ロシア時代ですね。

ピンボケで失礼しますがコーヒーショップ
もありました。

それでは、ウラジオストク駅をあとに
目の前に立っている「レーニン像」を見てきましょうかね



 

駅前のバスターミナルに
空港行きの107番バス 確認できますね

横断歩道を渡った先の駐車場から

レーニン像が見れますね

うん、聴衆に訴えかけている光景
なのかなぁ

スーパーマーケットかな

ちょっと色々な角度から(笑)

ちょっとあの階段を上がった辺り
からだとまた違うのかなぁ

おぉ~なるほどウラジオストク駅
に被っちゃうけど

いいんじゃないのぉ♪

ウラジオストク駅前にはいくつもの路線
が入っていますよねぇ~

ホントこのバスターミナルに駐車している
バスに番号を確認して乗車するっていう
感じなんだろうねぇ

次回は、出発までの時間を
もうひと踏ん張りしてみたいと思います(笑)

どうぞ、次回の更新もお楽しみに!!

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼

JAL 日本航空 国際線航空券

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–


PREV 32 アエロエクスプレス 切符購入 (3日目) 編
TOP [ウラジオストク 旅行記 目次]に戻る
NEXT 34 ダブ DAB ハンバーガーレストラン (3日目) 編


 

 - ウラジオストク旅行記 , , , , ,