*

鷲の巣展望台 金角湾大橋 ビューイング 編

      2020/03/23

タヌキ猫です。ウラジオストク旅行記
22 鷲の巣展望台 金角湾大橋 ビューイング (2日目) 編
をお送りします♪

*撮影日 2020年02月29日
*一部撮影した順番と異なります。

鷲の巣展望台へは

ケーブルカーで途中まで上がる方法と
徒歩で上がる方法があるのですが

前日までの雪の影響もありますので
今回はケーブルカーで上がってみたいと思います♪

どうぞ、続きからお楽しみください♪



…とその前に…
< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪

おトクで快適に海外へ!(購入/予約/検索にご利用ください)



 

Facebook ページを開設しました♪

「いいね! & シェア どうぞ宜しくお願い致します!!」

 



 

まぁ、なんて書いてあるんだか
分かんないけど…

営業は7 – 20 時っていう感じでしょうか

改札であったり切符の券売所は無く
写真ですと、右手がENTRANCE
となっているので

そちらから入場です。

事前調べでは「赤」と「青」の車体がある
とあったのですが…

できればタヌキ猫としては「赤」に
乗りたいじゃない?

周りは「黄」塗装になってるけど天井とか
赤な気がするんだけどなぁ

乗車料金は20ルーブル
車内におばちゃんがいますので
その方に支払うスタイルとなります。

これといって切符であったりというのは
ないんですけどね(笑)

へぇ~お手製のクッションかなぁ?

線路が見えますねぇ♪

あの入ってすぐのところにいるのが
支払いのおばちゃんね

それでは出発です♪
ホント1~2分の乗車時間なんだよねぇ

上から降りてくる車両と

ここですれ違うわけねぇ
向こうの車体もメインは「黄」になってるけど

よ~く見ると「青」いいねぇ
「赤」が上がって「青」が下がる

多分、下にいる車体が「青」だったら
タヌキ猫…「赤」が来るまで待つね

結構、ゲン担ぎする方だから(笑)
って、ケーブルカーにはそんな意図なんか
ないんだろうけどね

でも、やっぱり「ニンマリ」なタヌキ猫
我ながら、性格は悪いなぁ…って思う瞬間

さぁ、登っていきますよぉ

ホント、短い距離なんですよねえ

はい、着いちゃいました。上の到着駅でも
これといって改札とかそういうのがあるわけでもなく

はい、おしまいっていう感じ(笑)

やっぱり「赤」のボディでしたね♪

これといって鷲の巣展望台へのアクセス方法などが
案内されているわけでもなく

とりあえず、車両から降りて、階段上がった右手の所から出てきましたよっていう感じ

あの左手に見える丘の部分が
鷲の巣展望台になりますので、地下通路などを通って
回り込んでいくような感じでしょうか

すぐ下に見える階段はおそらくは
ケーブルカーを使わないで上がって来れる道
なのかなぁ~とは思いますが…

さすがに、昨日からの降雪があるので
タヌキ猫はやめました。

ということでバス停を横目に

その先にある階段を降りていきますよ

一旦、この地下通路を通っていくのですが
時期が時期なだけに路面凍結ね!!

ホント、んなぁ~って感じでスベリました(笑)

アンタ、人生滑っちゃってるのに
まだ滑るの?っていう感じ?(笑)

随分前にミュンヘンで石畳で滑った時は
股が裂けるかと思ったわぁ~なんて
いうのを思い出して 一人笑うタヌキ猫

まぁ、気を付けなはれ

ちょっとした広場的なところに出て

またちょっと地下通路を通るけど

階段を上がっていって…
って、鷲の巣展望台への看板…

ぜ~んぜん、ないのね(笑)

地上に出たら、さらにこの歩道で上がっていくと

先ほどのケーブルカーの駅舎が
見えるっていう感じでしょうか

これをそのまま進めば左手前方が
鷲の巣展望台になるわけね

ふ~ん、要はケーブルカーからこの道路を
避けるために

くる~っと歩行者連絡通路があった
っていうわけね

ちょっと登り坂にはなるのですが

やっぱりここもかつては軍事関連があったのかなぁ

あと少しで展望台ですよぉ

あの先に開けたところがありますね。

ということで到着しました
鷲の巣展望台です♪

おぉ~眼下には「金角湾大橋」
よく見えますねぇ♪

各国の言語で注意書きがあるのですが
日本語表記でもございましたので
載せておきます。

キュリオスとメトディオスの像ということで
ウラジオストクが極東に位置する
スラブ語圏最果ての地を物語っているそうです。

ちょっとお二人の立っているところ
から今一度の「金角湾大橋」…

あんま変わんねぇ~か(笑)

右手にはウラジオストクの中心地が見えまして
海は氷に覆われていますねぇ

左手にカメラを向けてみても
意外と建物がびっしりと建っているんですね

それでは、最後に改めて「金角湾大橋」
を見まして

鷲の巣展望台を後にしたいと思います。

これはなんの跡なんだか
フェンスに囲まれていて入れませんが…

この階段がこの時期だからということもあって
ちょっとキツイかなぁ

最も気を付けなければならないのは
この地下通路だけどねぇ

滑るんだもの(笑)

ということでケーブルカー駅まで
戻ってきたのですが

このまんまケーブルカーで降りても良かった
のですが…それじゃ味気ないじゃない?

近くに「スハーノフの家」という
帝政ロシア時代の役人の家が
あるそうなので、ちょっと行ってみたい

と思います♪

どうぞ、次回の更新もお楽しみに!!

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼

JAL 国際線

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–


PREV 21 ニコライ二世凱旋門 周辺散策 (2日目) 編
TOP [ウラジオストク 旅行記 目次]に戻る (作成中)
NEXT


 

 - ウラジオストク旅行記 , , , , ,