*

マリエンベルク要塞 見学 編

      2020/05/15

タヌキ猫です。ドイツ旅行記
30 マリエンベルク要塞 見学 (3日目) 編
をお送りします♪

*撮影日 2020年03月08日
*一部撮影した順番と異なります。

ヴュルツブルク レジデンツを後に
ヴュルツブルクでもう一つ挙げる観光名所といえば

マリエンベルク要塞 / Festung Marienberg
ですよね♪

結構、時間が押せ押せの中ではありますが
ここは…「若さ」で乗り切ったる(笑)
(↑ こういうのをバカっていうのよね)

こんな感じで
レジデンツからマリエンベルク要塞まで
走りましたが…結構、距離あったなぁ(笑)

ホントは、もっとゆっくり観光できたんだと
思いますが、ヴュルツブルクのあとの「ヴィースバーデン」

もう、これに早く行きたくてねぇ
(オトコっていう生き物はケダモノだねぇ)

どうぞ、続きからお楽しみください♪



…とその前に…
< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪

おトクで快適に海外へ!(購入/予約/検索にご利用ください)


ジャーマンレイルパス / 予約検索ページへ



 

Facebook ページを開設しました♪

「いいね! & シェア どうぞ宜しくお願い致します!!」

 



 

さぁ、まずはアルテマイン橋 / 旧マイン橋
を目指さなきゃね!!

レジデンツに行く前に立ち寄った
聖キリアン大聖堂のこの間の道を抜ける
…とその前にね…

こっちの方向…

Martinzというパンケーキを売りにしている
レストランをご紹介頂きましてね

今回は写真のみで失礼致しますが…

8:30-23:00(土-17:00)/月休み

ランチセットもお手頃価格でおススメ
と頂きましたので、ヴュルツブルクへ行かれる方
要チェックです♪

さぁ、聖キリアン大聖堂を背に

まっすぐ、全軍進め!!

あっらまぁ~また急いでるっつうのに
おたくさん、なんつう恰好してんの???

どんどん進みます。

シンボル的なところかなぁ

あの赤い建物の左側橋だねぇ♪

ヨーロッパってこういう感じで
像っていうか結構ありますよねぇ

あの後ろにあるのってフランクフルトで見かけた
銀行だよね?

結構、ドイツは現金払いのところがあるので
ユーロの手持ちが少なくなったなぁって
思ったので、時間に余裕があったら…

帰りに立ち寄ってみたいと思います。

なんか、この辺りは変なテンションなんですよね
ずーっとヴィースバーデンって言いながら
走ってたし(笑)
(どんな燃料だよ…)

うわぁ~なんか雰囲気あってオシャレじゃない♪
きっと事前調べにて、ワイングラス片手に
アルテマイン橋で飲めるお店よね♪

こちらも時間に余裕があったら…
立ち寄りたいなぁ

アルテマイン橋 / 旧マイン橋
(Alte Mainbrücke)ですね

左の丘の上に見えるのが
マリエンベルク要塞ですね

おぉ~いいねぇ♪

でも…あそこまで駆け上がらないと
いけないんだよねぇ~(汗)

どこかに籠やはいないかしら…
(いるわけがありません)

アルテマイン橋の上には
12人の聖人像があるそうです。

うわぁ~先ほどの気になってる
レストランの川側ってこうなってるのねぇ
オシャレ~♪

せっかくなので聖人の皆様にも
ご出演いただきまして、マリエンベルク要塞

こんなにいるんかぁ…

アッこれもいいんじゃない♪

んじゃ、こっちもキラキラつけてるし

なんて、やってる場合じゃないのよ!!
まだシラフだし…

走んなきゃ、時間ないよ!

でも、この構造が気になるなぁ
スエズ運河みたいな方式なのかしらねぇ

さぁ、橋を渡り切りまして

こちらで右折

Festung Marienbergと書かれているのが
マリエンベルク要塞ですので、こちらを上がっていきます。

まぁ、普通に上がっていけばいいのですが
タヌキ猫の場合は、このあとのヴィースバーデンが待ってる♪

なんてもうギラギラモードですので
駆け上がります(笑)

そしてすぐに止まります
写真と撮る為という口実の名のもとに

なんかマリエンベルク要塞に行くのにね
この階段を上がっていくべきか

それとも、この先の道路に一旦出る形にて

こっちを上がっていくかね

なんで二択しかも案内無し?って思ったけど
登りはコチラの階段がない方が
タヌキ猫はラクでした。

結論から申しますとね
こちらは写真の通り比較的歩きやすいでしょ?

もう一つの手前にあった階段の方は
その先に展望台があるんですよねぇ

そこからヴュルツブルクの街並みが一望できますので
それを先に行くんだったら階段でもいいし

結局のところ、どちらから上がっても

同じルートでここにきます。

あらぁ~立派な門構えねぇ

って、トンネルを抜けると
また二択???

大丈夫です、正式ルートは右斜めへと上がる
道にて、まっすぐの方は上がれないように
なっていますので…

なんか見づらい案内板だよねぇ…
でも、なんとなくマリエンベルク要塞の全景
お分かりいただけるかしら?

さぁ、ジャンジャン行こう!!

うわぁ~丘の上の方までやってきたので
右の方角に見えるのはワイン畑かなぁ♪

やっぱり時間が無くても、一杯は
フランケンワインを飲んでいけっていう
お告げなんじゃないのかねぇ~
(↑ 自分にあった拡大解釈ね(笑))

さぁ、いよいよマリエンベルク要塞
の入口ですね

だいたい途中走ったりして20分ほど
で上がって来たでしょうか

(詳細は公式サイトをご覧ください)
マリエンベルク要塞 公式サイト

しっかり睨みをきかされておりますが…

カーブしたトンネルを抜けますと

なんかこの感じ好きかも(笑)
もう、ここまで走って上がってきたので

若干フラフラなんですけどね…

要塞内の建物があるエリアに
やってきました。

Lower Franconian Museumということで
本来はこちらから美術館めぐりが
順当のようなのですが…

タヌキ猫はまずは要塞見学を優先させました

おぉ~ここにも立派な門があるねぇ

あらぁ~またすました顔して
やってることったらねぇ~(苦笑)

結局のところ、どこでチケット買うのかなぁ
って思って、門の中にあるこちらで入って聞いてみたら

こちらは違うブースだったみたいで
順序としてはさっきの美術館から巡るのが
いいんだよね~

って教えてくれたのですが…

まぁ、一度進軍した以上は後戻りせず
(↑ こういうところ変にガンコ)

このまま突っ込むまでよ

いいねぇ~この門構え

先ほどのところで日本語パンフレットが置いてありまして
主にヴュルツブルク市内の案内マップでした。

このガイドブックによれば…
なんでも幕末に日本にやってきた
シーボルトはヴュルツブルク出身なんだとか

確か奥さん、日本人でしたよね?

って、シーボルト出身は日本に帰ってきてから
案内マップを開いて知ることに…
(だいたいもらって現地で開かないんだよねぇ)

おお~要塞っていう感じ…かなぁ…

礼拝堂があるみたいですね

でもこちらはガイドツアー付きじゃないと
見学できないんだって

こちらにもミュージアムがあるんですよねぇ

これがもとのところに戻ってくるのか
分からなかったので

振り返ってみての水飲み場かしら?
撮影してみまして

いざ、ミュージアムへ

階段を上がった先にある部屋へ

この先に受付があるのですが
伺ってみたところによると

動画、フラッシュ撮影は禁止とのこと
フラッシュなしでの撮影は可能とのことでした。

リュック等の荷物に関しては
もっと手前にあるロッカーを利用するか
受付で預かるとのこと

タヌキ猫はそのままリュックを預けまして
入場料1€を支払って見学スタートです。

やはり当時の生活スタイルの展示
がメインだったでしょうか

いくつもの部屋があったのですが
予想以上にタヌキ猫撮影してないね…

こちらのマリエンベルク要塞は
先ほど見学したレジデンツが完成するまでは

歴代の司教が居住していたそうなので
こういったものが展示されているんでしょうね

なんか、色々とグルグル回って
ポンと出てきたのが…さっきの受付

自分でもそんなに早く回ってきたの?
ってビックリしたし受付の人も
もう戻ってきたのぉ???って

お互い笑ってしまって…
リュックを回収して出ることに

やっぱりこの塔が印象的でしょうか

来た道を戻っていきます。

空堀でしょうかねぇ
せっかくなのでぐるっと取り巻く城壁にそって
歩いてみましょうかね

やっぱり振り返って撮りたくなる
門構えでしょうか

この建物の中の階段を使って
下の階へと進み

ぐるっと空堀で取り囲まれている
城壁にそって歩いてみたいと思います。

うわぁ~中世のお城っていう感じ♪

まだ、緑生い茂る頃だと印象も
変わるんだろうねぇ

アラッ遠くの方にも特徴的な教会が

やっぱり要塞ですから攻めづらそうですよねぇ

それでも30年戦争の折は
スウェーデン軍に占領されたことがあるんだとか

このあたり、見晴らしがきくんじゃないの♪

おぉ~眼下にヴュルツブルクの街並み♪♪♪
ホント、ヨーロッパの中世からの街並みって
美しいですよねぇ

さっき訪れたレジデンツですね
こうやってみるとやっぱり大きいけど

やはりその大部分の部屋は未公開なんだよね

さぁ、ぐるっとマリエンベルク要塞を回りましょう

先ほどの美術館のところに
戻ってきたので

行ってみましょうか♪

入ってすぐのところに受付がありまして
先ほどのチケットを見せると共通券
になってるのかな

そのまま入れましたがやはりリュック等は
預けることとなりました。

こちらも館内撮影はOKとのこと

この階段を上がっていくわけですね

そうそう上がったところから下を
映した光景ですが、右側に見えるのが
受付ですね。

あらぁ~どっかで見たことのあるお方…
マリアテレジアだよね?

夫に先立たれてからは、生涯喪服で過ごした
っていうハプスブルクの女帝ですよね

うわぁ~ここでお目にかかれるだなんて

驚きながらも階段で上のフロアへ
階段途中にトイレがあったかと思います。

写真が乱れておりますが
無理もありません…

この後訪れる予定のヴィースバーデンに
気を取られておりまして…

かなりの速足ですから(笑)

やはり司教が居住した時期もあるということで
宗教系の展示が多いかなぁ

あら、また宝箱発見(笑)

陶磁器の展示してある部屋
もありました。

胸像ですね

この辺りは煌びやかですね

ちょっと対照的かも

さぁ階段を上がって

調度品をメインにしたフロアですね

この辺りは当時の服装を再現した
エリアでしょうか

階段を駆け下りて

鎧ねぇ

やっぱり中世ドイツって言ったら
こういう甲冑ものかしらねぇ

今、ブログ編集しながら思ったのは
確か、ドイツのどこかで中世の甲冑を着て
中世の戦を再現したお祭りがありましたよね?

あれってどこなんだろうねぇ

あぁ~こういうの好きねぇ♪

こちらの美術館は見ごたえがありました。
ホント足早で見てしまったのが…
申し訳ないところなのですが

致し方ない…ヴィースバーデンが
待っておりますので(笑)

さぁ、ただ今の時刻 11:48
12:57発でヴュルツブルクをうまく行ったら
立ちたいと思っていますので

あと1時間でマリエンベルク要塞を駆け下りて
もうちょっとヴュルツブルクの街並みを
歩いて(いや走って(笑))巡れるかなぁ~

どうぞ、次回の更新もお楽しみに!!

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼

JAL 国際線

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–


PREV 29 ヴュルツブルク レジデンツ 観光 (3日目) 編
TOP [ドイツ 旅行記 目次]に戻る(作成中)
NEXT


 

 - ドイツ旅行記 , , , , , , , , ,