*

ヴュルツブルク 市内散策 編

      2020/05/14

タヌキ猫です。ドイツ旅行記
28 ヴュルツブルク 市内散策 (3日目) 編
をお送りします♪

*撮影日 2020年03月08日
*一部撮影した順番と異なります。

ローテンブルクから移動してきまして
ヴュルツブルク / Würzburg へとやってきました。

ヴュルツブルクでは世界遺産にも登録されている
レジデンツ という宮殿も見てみたいですし

フランケンワインも有名だそうですから
どこかでちょっと飲めたらなぁ~と思います。

ヴュルツブルクでの滞在時間は「約3時間半」
ホントはもっとゆっくりしたいのですが

ヴュルツブルクのあとにヴィースバーデン
が控えておりますので(笑)

写真はヴュルツブルク中央駅 / Würzburg Hbf です。

ただ今の時刻は09:26
12:57にはヴュルツブルク中央駅 / Würzburg Hbf
を出発予定ですので、どれだけ回れるかなぁ

今回の回ではこんな感じで回った部分を
アップしてみたいと思います。

どうぞ、続きからお楽しみください♪



…とその前に…
< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪

おトクで快適に海外へ!(購入/予約/検索にご利用ください)


ジャーマンレイルパス / 予約検索ページへ



 

Facebook ページを開設しました♪

「いいね! & シェア どうぞ宜しくお願い致します!!」

 



 

駅前には観光マップがあり
やはりヴュルツブルクというと
レジデンツ と マリエンベルク要塞 でしょうか

路面電車も走っているようですね

カイザー通りを進んでいきます。

日曜日の9時半ということもあって
まだ人は少ないといったところでしょうか

この先に見える

このポイントから世界遺産「レジデンツ」へは
写真でいうと真正面奥に向かって進む
わけですが

タヌキ猫はちょっとその前に
ヴュルツブルクを散策したいと思います。

ちなみに11-3月はレジデンツ10時オープン
ということで、どこかで時間を潰さないとね…

こちらのJuliusspitalでお食事…
っていうのもいいなぁ~と思ったのですが

ちょっと時間的に無理かなぁ

Stiftung Juliusspital Würzburg
という醸造所なんだか…よく分からないんですが(汗)

外観のみは自由に見学できるようですので…
(土日休館で建物内は入れませんでした)

うわぁ~すごい建物だなぁ
これって昔、宮殿とかでも使ってたのかしら?

中庭も綺麗にされておりまして

いいねぇ~この角度からのショット(笑)

門の彫刻もスゴイですが

後ろも庭園になってるのね

なんだろ?チャペルかな

ん~噴水なんだろうけど
ちょっとカバーでよく分かんないよね…

やっぱりフランケンワインの醸造所になるのかな

それにしても立派な建物でして

このレリーフは撮影してしまいますが

病院の機能もあるのかな

こういう紋章的なの好きなんだよね♪

うわぁ~やっぱり飲みたかったなぁ(笑)

結構、歴史のある建物のようですね

建物の外観のみを見学しまして
マルクト広場方面へ

この辺りも随分と路面電車が走ってるみたいね

アラッどちらさんかしら?
お邪魔しております。

この辺りがヴュルツブルクの中心になるでしょうか

路面電車ですね。なんていう名前なのかしら?

マルクト広場につながっているようですね
それにしても「マルクト広場」って

ローテンブルクでもあったけど
どういう意味? と思ってチロッと調べてみると

ドイツ語やオランダ語/フラマン語などが
主に用いられる地域において
「市場」を意味する「Markt」を含む名称

市街地内の広場の固有名称と
なっているものを指す表現 なんだそうです。

ちなみにドイツ語では Marktplatz
と表記されまして、まぁ~そこら中にあるもんだから

ブログ編集しながら、また同じ名前???
なんて思ってしまった次第です(汗)

うわぁ~なんて画になるんでしょう♪
Maria Chapel と Falkenhaus(ファルケンハウス)
ですね

美しい外観ですよねぇ

広場には市場があるといったところでしょうか
ここには美味しいフランクフルトを食べられる
露店的なお店があるそうなので

立ち寄ってみたいところですが
今日は開いてるかなぁ

アラッ、オベリスク?

Maria Chapelにも入ってみたいところですが

広場からもチロッと見えますが
マリエンベルク要塞を見終えるまでは

電車の都合(というか控えるヴィースバーデンね(笑))
もあってかなり足早での観光ですので
また時間があるようだったらね

ちょっと見る角度を変えてのマルクト広場にある
オベリスクを入れてみました。

こちらの建物も外観が綺麗ですね。

うわぁ~立派な教会ですねぇ
ノイミュンスター教会というそうで

今回は外観のみ…

こちらへ向かうとアルテマイン橋へと
続くのですが

聖キリアン大聖堂ですね

注意事項ですね。手元資料では日曜日は
開いていないとのことだったのですが…

中を少しだけみることができまして
日本語によるガイドも置いてありました。

中の撮影は禁止となっておりますので
パンフレットをご参照いただけたらと思いますが

柔らかい感じの内装にて他の教会とは
また違う雰囲気なのかなぁ~と思います。

附属で博物館的なところもあったよう
なのですが…

先を急ぎましょう

あらぁ~門に描かれたものに
年代を感じるわねぇ

外観ではありますが

聖キリアン大聖堂をぐるっと

なんか方角が分からなくなっちゃって

この後 世界遺産レジデンツへと
向かうのですが…どっちなんだろうって(笑)

アッあそこに見えてるのがそうじゃない?

この色合いの建物って素敵ですよねぇ

レジデンツはどちらかね?
あっちだよって像が指さしてくれていますが

横断歩道のボタンを押して

次回は世界遺産「レジデンツ」を
見学したいと思います。

ホント、ヴュルツブルクでの滞在時間が
短いためにかなりの駆け足での観光となっています。

また、聖キリアン大聖堂からレジデンツへは
ホント、グーグルマップでみると

ご覧のとおり、すぐなのですが
なんかキリアン大聖堂をぐるっと外観回ったら

レジデンツはどっちやねん?
なんて、ちょっと迷ったところは…
ブログ的にはバッサリ落としています(笑)

どうぞ、次回の更新もお楽しみに!!

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼

JAL 国際線

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–


PREV 27 ローテンブルク – ヴュルツブルク 移動 (3日目) 編
TOP [ドイツ 旅行記 目次]に戻る(作成中)
NEXT


 

 - ドイツ旅行記 , , , , , , ,