サンフランシスコ旅行記

ヨセミテツアー トゥオルミグローブ/トンネルビュー 編

2017年8月11日

タヌキ猫です。今回はサンフランシスコ旅行記
09 ヨセミテツアー トゥオルミグローブ/トンネルビュー (3日目) 編
をお送りします。

ヨセミテ国立公園(YOSEMITE NATIONAL PARK)へは
ベルトラ手配の宿泊ツアーにて行きました。

タヌキ猫がチョイスしたツアーはコチラです。
世界遺産ヨセミテ国立公園ツアー ヨセミテバレーロッジ1泊2日<英語ガイド>
icon

VELTRA

かつては、サンフランシスコ市内から
ヨセミテまでの単純往復バスの手配も
あったようなのですが

現在はバス+アムトラック+バス
といった感じで、面倒だなぁ・・・
と思いまして・・・。

また、宿泊先として選んだのは
「ヨセミテバレーロッジ」

公園外にはいくつものホテルがあるのですが、
公園内というとここを合わせて
3つしかないんですよね。

当然、費用はすっごくしてしまいますが、
タヌキ猫のように短かい日程でいかに
効率よく回るかを考えた場合には、

やはり公園内に宿泊ホテルがある
というのは心強いと思います。

どうしても、費用的には・・・高い・・・
いや高すぎる(汗)

しかも一人だから余計にかかってしまう
のがイタイところなのですが・・・

やっぱりツアーで行ってしまって
良かったと思います。

また後日書くであろう備忘録でも
ご紹介できればなと思いますが、

ヨセミテ国立公園のサイトから
ホテルを予約することもできますので

時間に余裕があるようならば、
こういったものを活用するのも
手なのかなと思います。


それでは、世界遺産ヨセミテ国立公園ツアー ヨセミテバレーロッジ1泊2日
<英語ガイド>トゥオルミグローブ/トンネルビュー 編
をお楽しみください♪

ツアーのスタートは宿泊先ホテルThe Mosserです。
ツアー出発はホテル前より06:30とのこと


1泊ヨセミテにて宿泊しますのでホテルは一旦
チェックアウトすることにしました。


チェックアウト後、スーツケースを預かってもらうことに
こちらは引き換え券ですね。


スーツケースはレセプションすぐ横にありますクロークにて
お預かりとなります。


06:30からマフィン&コーヒーのサービスということで
間に合うかな~と思ったのですが・・・


06:20過ぎに会場がオープンとなりましたので


ちょっと頂くことができました♪


ちょっと宿泊先ホテルを横から撮ってみたりして・・・

それでは、続きを、お楽しみください♪


…とその前に…
< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪

JAL 日本航空 国際線航空券

おトクで快適に海外へ!
(購入/予約/検索にご利用ください)


Facebook ページを開設しました♪

「いいね! & シェア どうぞ宜しくお願い致します!!」



06:39 ビックアップのバンがやってきました。
ツアーバスは日帰りの方と混乗です。

というか・・・宿泊したのはこのバンではタヌキ猫だけでした。


デポジットの20$と交換する形で
日本語ガイドのオーディオガイドを借ります。


なに、今こういうのなのねぇ~時代が進化したっていうかさぁ・・・
ipodっていうんだかipadっていうんだが知らないけど・・・(汗)

特段、ガイドさんからここで動かしてとかいうのがないので
聞くタイミングがあるんだったら、さっさと流しちゃっていいと思います。

結局のところ、英語だけどガイドさんがしゃべっているのを
聞く方が多かった気がしますから・・・
(ただ、理解できているかは別ね(笑))


本日の運転手はスティーブンさんです。
タヌキ猫の場合は、1泊2日ツアーですので、翌日は運転手さんも
車も違うものが来ましたね。


いくつかのホテルでピックアップしていきまして、郊外へ


風車がみえ、サンホアキン・バレーへと入ってきました。


アッ!!ブドウ畑じゃない♪
なんて、一人ツアー参加でも全然楽しめます(笑)


08:25郊外のスーパーにて休憩&買い出しです。


Raeey'sっていうスーパーマーケットなのかな?
結構広いですね。混まないうちにトイレによって・・・


ちょっと買い物を楽しみましょう♪だいたいここでのストップ時間は
30分とのことでした。


へぇ~お寿司とかもあるんだねぇ~


お水はハイキングをするんだったら必需品ですよね!!
タヌキ猫は、前日に1.5ℓペットボトルを用意しておきました。


野菜にフルーツと結構、見ているだけでも楽しめちゃう
スーパーマーケットなのですが・・・


タヌキ猫が購入したのはこんな感じ

FIJI 0.99$/BANANAS 0.36$/BOULDER NGMO HCKRY 1.09$
HAM SANDEICH 5.99$ TOTAL 8.48$(MASTER OK)

朝、マフィンをかじる余裕があったので、
こんなにはいらなかったのですが
皆さん買っているし、

そんな中一人ボォーッとしているのもねぇ・・・
(息が詰まっちゃうし・・・)

ハムサンドとかのチーズはハイキング中に
溶けたりしていたのでこの辺は注意が必要です。

でもなんでここで買う必要があるのか・・・
と申しますと・・・

タヌキ猫なんかは宿泊するのでまだ時間があるのですが

ほとんどの人(っていうかタヌキ猫以外)は
日帰りツアーの為現地のフリータイムが
2時間とないんですよね。

そりゃ~食べ物とかで悩んでいる時間
があるんだったらさっさと歩いて
風景を楽しんじゃったほうがいいじゃない?

ということで、日帰りならば、
こういった休憩時間に昼食の食料調達
をしてしまうっていうのも
一つの手かもしれませんね。


こちらはタヌキ猫が乗車してきたバンです。
同じようなバンが並ぶこともありますので、ご注意を!!


中は14人くらい座れたかと思います。
翌日は大型バスになっていましたので、ある意味こっちで
タヌキ猫は十分だったのですが・・・

おススメは「右」ですよ!!
08:58休憩から出発


丘陵地へと入ってきましたね


この辺をゴールデンカントリーっていうのかしら?
ガイドさんは、英語ではありますが、
ずーっと盛り上げていましたねぇ~

これで、タヌキ猫も英語ペラペラだったらさぁ
もっと面白かったんだろうけど・・・。

まぁねぇ英語分からなくて良かったっていう時もあるから
(別に英語で仕事やっているわけじゃないしね)

ちなみに、この日のバスツアーには13人いたのかな?
日本人はタヌキ猫だけでした。


バンはどんどんと進みまして
シエラネバダ山脈とヨセミテ公園へと
入っていきます。


一部、くねくねした道が続きはしますが、
特段車酔いをしてしまうような
心配はありませんでしたね。


ヨセミテ国立公園内へと入りまして、写真にはありませんが料金所を
通過したかと思います。

その際にマップをいただきました。


ここで最初の見学ポイント「トゥオルミグローブ」です。
10:49散策スタートです。


こちらは入口トイレですが、山のトイレですのでそれなりです。
でもアメリカの国立公園はこんな感じですよ。


なんとなく地図を一枚


運転手さんは、ガイドとして同行は致しません。
ただ、集合時間と場所だけを案内して
時間までどこかで時間を潰しているようです。

もっとも、ここに着くまで、ずぅーッと
色々としゃべっていてくれたので

英語が分からないのはタヌキ猫の
容量不足なだけですからね・・・

集合は12:00とのこと、約70分で回って来れるのかな?
って心配な面もありますが・・・

トゥオルミグローブトレイル(Tuolumne Grove trailhead)
スタートです♪


階段ではなく、緩い坂道となっていますので
比較的歩きやすいのですが
帰りはこれを昇ってこないといけないのよね・・・


森林火災の跡でしょうか?


まつぼっくりの持ち帰りはダメですよ!!の案内板


写真では分かりづらいですが、かなり大きいです。


うわぁ~昔はここを馬車で通ってたのぉ・・・
こりゃ~大変だわね。


フムフム、時計回りでぐるっと回ってくるのね


この辺の木は大きいのがいくつもあります。


ここまで来て、集合時間までに戻れるかな・・・という方は
右手がDead Glant Tunnel Treeに近いですので
右手に進むのも一つの手かもしれませんね。

タヌキ猫は、順路通りに左手でまいりたいと思います。


ちょっとした広場みたいなところに出てきましたが


GROVE LOOPと矢印がありますね。


今ここにいるっていうことね、ここまで来ちゃって、この先の
グルッとを省略してDead Glant Tunnel Treeを目指す
っていうのも時間短縮の一つの手ですね。

というのも、ガイドさんはついてくるわけでもなく
集合時間厳守ですからねぇ・・・。

結構、緩い下り坂を降りてきたとはいえ、
帰りはあれを上がっていく必要がありますので、
足腰の悪い方は考えるところです。


一部、ぬかるむところもありますが、
このツアーを日帰りで参加される分には、
歩きやすい靴/スニーカー等で十分だと思います。

ただ、後日アップ予定のトレッキングなどまで
足をのばすとなればやはりトレッキングシューズ
を準備された方がいいのかなと思います。

ちなみに、タヌキ猫はトレッキングシューズを履いての参加です。


随分と大きな木が倒れていますね


これまた大きな木!!人と比較して
みてもその大きさが分かるでしょ?


こりゃ~迫力あるわぁ


それでは先に進みます。


いったん、さきほどの広場に出てきての


Dead Glant Tunnel Tree方面へと進みます。


うぉっわ~デケェ!!人と比較しても大きいですよね。


真ん中は人力で切り取られてはいますが


その昔はここも馬車が通ったそうな


なんかすごく画になるね♪


ここをくぐって行きますよ♪


中はこんな感じで空洞になっています。


それではDead Glant Tunnel Tree
を後にしたいと思います。


さっき下ってきた分、上がらなければならないのですが・・・


リスがいたりして・・・あたしゃ、これの猫バージョンをうちの猫で
撮ってみたかったぁ・・・(大泣)


このあと、結構トレッキングでもリスを見かけましたので
その模様もお楽しみいただければなと思います。


やっぱり時代を感じてしまう写真・・・


タヌキ猫の記録データによりますと、
下まで下って11:25帰路に向けて出発
ここまで11:45で到着していますので、20分でしょうか。


12:00集合ですので、随分と早く着いてしまったかな・・・
でも、遅れました置いていかれましたじゃ、笑えませんのでね。

トイレは数が少ないですので混んでいます。タヌキ猫は
到着時に借りておきました。

繰り返しになりますが・・・山のトイレです。ご覚悟を


こんな感じで先ほど歩いてきたトレッキングルートの
案内表示もあるんですね。


ゴミ箱がイカツイでしょぉ?
これクマ対策なんですって・・・。
あぁ~そうだよねぇ気をつけないと


12:00ピックアップ予定でしたが、
12:06にバンが戻って来ての出発


車内ではボトルウォーターのサービスといっても
自分で勝手に持っていってねっていう感じですが・・・。

冷えてはいませんが、逆に山ですので、こっちの方がイイですね。


バンは一路


Yosemite Valleyへと向かいます♪


この辺りで、ちょっとした騒ぎが・・・
写真には映っていないかと思いますが、
黄色いレンジャーの人が立って
何かを見てるなぁとは思っていたのですが

クマが出没していたようで・・・
後部座席からはクマが見えた!!
って騒いでおりましてね・・・

レンジャーだかデンジャーだかと言っておりましたので
ここヨセミテ国立公園には間違いなく「クマ」はおります。


車はどんどんと奥へと入っていきますよ


このあたりまで来るとやはり
「右」側に座っていて良かったなと思います。


ところどころにあるビューポイント
を車窓から写真に撮れますからね


ん?なにかやってるのかな?


もうYosemite Valleyはすぐですね。


川の水量がスゴイですよね


おぉ!!見えてきた見えてきた♪


ここでツアーバスは停車します。


トンネルビュー(Tunnel View)といわれるポイントです♪
12:34着/約15分の撮影タイムです。


うわぁ~スゲェー光景!!
左手のボッコリしたのが
エルキャピタン(El Capitan)で、

右手にうっすらと見える滝が
ブライダルベール滝(Bridalveil Fall)です。

その奥に鳥のアタマみたいなチョコンとしたのが
ハーフドーム(Haif Dome)と一望できます♪


こんな感じで眺望の説明がありますので


気持ちアップ目に撮影


これ、ブライダルベール滝ですね。


エルキャピタンの岸壁と、奥に見えるハーフドームが
この写真の方が分かりやすいかな?


このトンネルが名前の由来となったかは知りませんが、トンネルビューです


結構、皆さん短時間ながらもひっきりなしに車の出入りがあります。
12:49 トンネルビューを出発


途中、ブライダルベール滝の横の道を通るのですが、このツアーでは
通過ですので、やはり撮影するなら「右」側席ですね。

ホント、車だと一瞬ですよ。


車はYosemite Valley中心へ


センティネルブリッジ(Sentinel Bridge)
よりハーフドームを一枚、移動する
車中より撮ってみました。

このセンティネルブリッジ(Sentinel Bridge)は
夕焼けに染まるハーフドームを撮るスポットとして有名で
運が良ければマーセド川にハーフドームが鏡のように映り込む姿
を撮影できるということで、これは泊まりだからこその特権かも♪

のちほどトライしてみたいと思います♪


先ほどのブリッジからすぐのバスパーキングポイント
15分以上の停車禁止とのことで・・・(13:02着)


サクサクッとヨセミテ滝(Yosemite Falls)の全景を撮影致します。


なかなか分かりづらいかと思いますが、このヨセミテ滝は
3段に分かれているんですよね。

上のドドォーって迫力あるのがUpper Yosemite Fall
下に見えるのがLower Yosemite Fallとなります。


さりげなく看板に書かれていることがちょっと怖いかも・・・


でもねぇ~この迫力、絶対日帰りでもいいからサンフランシスコに
訪れた際は見てほしいです。


ちょっと小道を進んで


下に車が映ってしまうのが
モッタイナイところではあるのですが
雄大でしょ?せっかくだしということで・・・


動画でその迫力の一部を感じてくださいましよ!!

ねぇ!!この水量、これだけ遠くても迫力感じちゃうでしょ?
行ってみたくない?(笑)


とはいえ、この水量は時期を間違えますとかなり変わります。
タヌキ猫が訪れましたのは6/22 水量豊富ですが、パネルにあるとおり
夏とか秋になると・・・滝枯れてない???

っていう感じになるそうなんですよ!!
この水量を見てしまうと信じられないですけどね・・・


そんなこんなでヨセミテ滝のこの水量を楽しむのなら
時期にはお気をつけくださいませ。

また冬季になりますと雪による影響もありますので
結構、シーズンを選ぶところかもしれませんね。


せっかくだしもうちょっと先まで・・・


うんうん、この雄大さを見にヨセミテ国立公園まで来る価値はある!!


な!!って、誰やねん(笑)
黒にちょっとしたアクセントがキレイ♪
バスツアーですと、こんな感じでみれるのは、
この瞬間だけですね。

先ほど、トンネルビューに立ち寄りましたが、
ブライダルベール滝やエルキャピタンは
そこから見るだけになってしまいますし、

センティネルブリッジ(Sentinel Bridge)からの
ハーフドームもタヌキ猫の時は、

バンが遅く走ってくれましてシャッターチャンス
がありましたがなかなか物足りないなっ
て思う人はいるかなと思います。

とはいえ、ヨセミテ滝のこの迫力を
見られるのであれば・・・
っていうのはあるんですけどね。

13:18 出発


写真は車窓より
6 Lower Yosemite Fallバス停です。


ツアーバスは次の7 Yosemite fall Parking付近の
ツアーバス専用停車場へ

只今13:25 ここで日帰りツアーの方とはお別れです。
日帰りツアーの方は同じ7番バス停付近に
15:00集合といわれていましたので
正味、ヨセミテ国立公園でのフリータイムは1:30!!
(それでもフリータイムが多い方かも・・・)

だから、先ほどのスーパー立ち寄り時に
買いこんでおいた方がいいというのは、
このことだったのかなと思いました。

あんれまぁ~忙しいでなぁ~お気の毒に・・・
ただ、この時間でヨセミテ滝の下までは行けますので
そのあたりは、タヌキ猫のブログでも後ほどアップしていきますよ!!

ちなみに・・・泊まり組(といってもタヌキ猫だけですが)
24時間フリータイム♪♪♪

ツアーバスの運転手さんに明日の14:30-15:00に
またこの7番バス停付近の同じ場所に集合ねと
言われてのお別れです。

*時系列は、タヌキ猫がツアー参加した時のものです。あくまでご参考程度に

オーディオガイドともここでお別れ、返す際にしっかり
デポジットも返ってきます。


次回は一旦、宿泊先のヨセミテバレーロッジにて
チェックインをしたのですが
ブログをご覧になって頂く上、
その模様は後回しとしまして

一記事で「ミラーレイクトレイル(Mirror Lake Trail)」
をお楽しみ頂きます♪

こちらのハイキングコースは比較的簡単なルートとされ
Easy(flat and short)に分類されています。

ただ、日帰りツアーで行かれるとなると、なかなかこちらまで
足をのばされるのは難しいかと思います。

それでは、次回はヨセミテ国立公園/ミラーレイクトレイル
をお楽しみください。

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼
JAL 日本航空 国際線航空券

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
--◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎--


PREV 08 パウエル ケーブルカー 徒歩移動+グレース大聖堂 (2日目) 編
TOP [サンフランシスコ旅行記 目次]に戻る
NEXT 10 ヨセミテ国立公園 ミラーレイク散策 (3日目) 編


[余らせた外国コイン 活用方法]
[pocket change/ポケットチェンジ]のススメ

[北米 エリア / North America area 目次]に戻る

[海外旅行記 目次]に戻る


-サンフランシスコ旅行記
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 気ままな飛行機人のプログ