広告 JALネタ

JAL ニューヨーク線 羽田に集約 Wディリー化へ

タヌキ猫です。

JALより 2023年度夏期 国際線路線便数計画が発表となりまして
2023夏スケジュール (2023年3月26日〜10月28日)期間中

5/28より JALニューヨーク線 羽田Wディリー運航 となります。

羽田発 JL006 HND 11:05 - JFK 10:55 はそのままに
成田発 JL8006 NRT 10:20 - JFK 10:00 を羽田へ移管
羽田発 JL004 HND 18:35 - JFK 18:25 を新規開設とし
Wディリー運航 とします。

ニューヨーク発 JL005 JFK 13:20 - HND 16:35(+1) はそのままに
ニューヨーク発 JL8006 JFK 12:30 - NRT 15:40(+1)を羽田へ移管
ニューヨーク発 JL003 JFK 01:30 - HND 04:45(+1)を新規開設とし
Wディリー運航 とします。


個人的には 成田推し なのではありますが
やはり 羽田への集約化が進んでいる印象ですね。

できれば ファーストクラス搭載機材のある路線を
成田で残してくれると ファーストクラスラウンジを利用する
機会があるんだけどなぁ… なんて思ってしまうところですが(苦笑)

成田ですと 国際線から国際線への乗継 際際乗継の需要
が高いと思っていましたが、ん~今回のスケジュール変更
をみると、今はそうではないんでしょうかね…。

こうやってダイヤスケジュールを並べてみますと
現状は成田発 / 羽田発共にだいたい同じ時間帯での出発
ニューヨーク発もまたしかりかと思いますが

今回のスケジュール変更に伴いまして
出発時間のすみ分けはハッキリと分かれる印象となりました。

JL003便 として JFK 01:30発 というのは
なかなかダイヤとしてはオモシロいのかなと思います。
翌朝 早朝時間帯で羽田着というのもビジネスをされている方
にとっては使いやすい便になるのかなと感じました。

どうしても ANAに比べると機材保有数等で
自由さは欠けてしまいますが、皆さんはどう感じましたでしょうか?

今回の発表により一層 羽田への集約化を進めている印象
となりました。なお 別記事にてもご案内のとおり

5/28付で ニューヨークJFK国際空港における
利用ターミナルが 1 から 8 へと変更となります。

ターミナル8といえば アメリカン航空が利用しており
南米などへの乗り継ぎ時間短縮が期待されます。
となると ターミナル1 の時のような独特なゲート接地
は見られなくなるのかなぁ…

この辺りも含めて JALニューヨーク線利用してみたいですね。

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼
JAL 日本航空 国際線航空券



-JALネタ
-, ,