広告 東北

アクティビティ 奥入瀬渓流バスツアー 編

タヌキ猫です。

奥入瀬渓流ホテル + 青森屋 WINTER 旅行記
15 アクティビティ 奥入瀬渓流バスツアー (2日目) 編
をお送りします。

*撮影日 2022年12月20日
*一部撮影した順番と異なります。



前日の アクティビティ 氷瀑ライトアップツアー に続く
奥入瀬渓流バスツアー となっています。

やっぱり この「雪景色」の奥入瀬渓流をみる
っていうのは レンタカーでも借りない限りは
見ることができないと思っていたので

こうやって 無料アクティビティとして
奥入瀬渓流ホテルにて実施してくれるのは
ホント嬉しいですし、助かりますよねぇ♪

「奥入瀬渓流バスツアー」/ 無料アクティビティ
12/17 - 3/26 奥入瀬渓流中流域 (事前予約要)
07:00 / 08:30 / 10:00 / 12:30 往復55分
(ホテル - 馬門岩 - 雲井の滝 - 三乱の流れ)


(詳細は公式サイトをご覧ください)
星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル 公式サイト

それでは 続きをご覧ください。


< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪



奥入瀬渓流バスツアー 4回目の 12:30で予約
フロント集合となりました。


氷瀑ライトアップツアー同様にスノーブーツにて参加
確か、スノーブーツの貸し出しもあったかと思います。


それでは バスに乗り込んでスタートです!!
ほぼ定刻の 12:30 奥入瀬渓流ホテル 出発


いやぁ~ この雪道は慣れてないと運転できないですよねぇ


自分がハンドルを握らない分 風景を楽しめます♪


ホントそのシーズンによって変わってくるかと思いますが
タヌキ猫たちが訪れたときは例年よりも雪多めだそうです。


どんどんと 奥入瀬渓流中流域へと進んでいきます。


まず最初に訪れましたのは 氷瀑ライトアップツアー
で訪れました 馬門岩(まかどいわ) です。


滝 として存在しているわけではなく
岩から染み出た水がこういった美しさを
魅せてくれているんですよねぇ


停車時間としては 5分あるかくらいなのですが


ライトアップの時とはまた違った美しさを
みることができて良かったですね♪


道路を渡った先には 奥入瀬渓流


これ 自分で運転して行ってもここで停まれないからねぇ


乗車してきたバスはちょっと先にて待機とのこと


どうかなぁ 馬門岩(まかどいわ) の大きさ
感じて頂けるかな?


この木の上に積もった雪っていう光景も
いいものですよねぇ


ただ、時折ドサァって雪が落ちてきますけどね(笑)


こういった光景は新緑の時期では絶対見れないでしょ~


このあと 訪れる雲井の滝までは 1.4km とのこと


馬門岩(まかどいわ) での見学を終えまして
送迎バスまでは徒歩移動です。


これだけ路面凍結をしておりますので
スノーブーツが無ければ厳しいかと思います。


橋の上からの 奥入瀬渓流


さぁ 雲井の滝へと移動しましょう


雲井の滝に到着です。


夏場ですと もっと近くまで行けますが
この雪のシーズンですと中までは行けませんので


望遠にて お楽しみください(笑)


新緑の頃に来たことがあるところなので
うわぁ~ これはまた新緑の時期に来ないとなぁ
なんて 再びの奥入瀬渓流を誓うのでした(笑)


雲井の滝 に関する説明書きですね


どうしても ドライバー目線で路面を見てしまう…
いやぁ自分の運転じゃこれは運転したくないわぁ
って思うと今回のバスツアーはなんとありがたいことか


雲井の滝からの水の流れ 冷たそうだねぇ~


道路の反対側には 奥入瀬渓流の遊歩道がありますが
さすがに冬季期間中は雪で埋もれていますよね…。


奥入瀬歩道案内図を見てみると
やっぱり 中流域までは進んできてるんですね


今度また新緑のころに訪れて見て
銚子大滝まで行ってみたいよねぇ~
っていうか 十和田湖まで行かないとかな(笑)


案内図を拡大して撮影しておりますが
今回 無料アクティビティとして訪れている
奥入瀬渓流中流域もみどころたくさんですよね♪


それでは 今回の奥入瀬渓流バスツアー 最後の見どころ
となります 三乱の流れ(さみだれのながれ)へ


ここも 新緑のころに訪れたことがあるポイント


いいねぇ~ 雪がチョコンと石の上にのって


新緑の頃には見れない 美しさが広がっていました。


やっぱり 木の枝の上に積もる雪がいいなぁ


ということで撮影したものを厳選せずに
雰囲気を味わってもらうべく そのまま掲載しております。


岩の上の植物ということで ヤマツツジね!!
そうそう、この場所で ヤマツツジの美しさを楽しんだんだよね
これは次回、また見に来なきゃダメだわ(笑)


それにしても 雪景色っていうのもいいですよねぇ


奥入瀬渓流といえば 新緑の一択でしたが


冬 / 雪景色の奥入瀬渓流 というのもなかなか
アッパレな光景でございます♪


ホント このツアーに参加して良かったなぁ
これが無料アクティビティとして参加できるだなんて…

奥入瀬渓流ホテルさん、ホントにありがとう!!
また新緑の頃にも来ます(笑)


それでは 奥入瀬渓流バスツアーバスは
一路 奥入瀬渓流ホテルへと戻ります。


いやぁ~ この凍結路面を走っていくんだから
バスの運転手さんには頭が下がりますよね


奥入瀬渓流ホテル へと戻ってきました。
13:30でしたので やはり約1時間の行程となります。


奥入瀬渓流ホテルバスツアーを終えまして
このあと 同じ 星野リゾートである 青森屋 へと
移動するわけですが それまでの時間

大暖炉 森の神話にてゆっくりしたいと思います。


さっき さんざ雪を見て来たのに またここから見る雪
って違うように見えるのは不思議ですよね♪


13時半すぎのこの瞬間 誰もいない大暖炉を撮影できました。
ホントここは人気スポットですから 誰かしらいるんですよねぇ
こうやって誰もいない光景がみれて嬉しい♪


そうそう、この角度からだと 岡本太郎氏のサインが
見えるんですよね。


13:30 に奥入瀬渓流バスツアー を終えまして
青森屋への送迎バスの出発時刻は 15:15
約1時間半ありますので 売店にて小腹グッズ購入(笑)


売店にて おみやげもしっかり購入
奥入瀬苔ショコラ は奥入瀬渓流ホテルオリジナル
パティシエのりんごスティックなどは
定番ですよね♪


昼時間帯でレストランとかあったら良かったのですが…
この辺りは売店で結構 小腹グッズがありましたので
心配はないですね(笑)


ということで 大暖炉でしばしく くつろぎましょう!!


15時近くになりますと JR八戸駅からの送迎バスが到着
となりますので、フロントもにぎわいを見せ始めます。

次回は 送迎バスにて移動となりまして
一路 同じ 星野リゾート であります 青森屋へと
移動していきます。

どうぞ次回の更新もお楽しみに!!
タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼
JAL 日本航空 国際線航空券

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
--◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎--


PREV 14 奥入瀬渓流ホテル 氷瀑の湯 + ホテル外観 (2日目) 編
TOP [奥入瀬渓流ホテル + 青森屋 WINTER 旅行記 目次]に戻る
NEXT 16 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル から 青森屋 送迎バス移動 (2日目) 編


[東北 / Tohoku エリア 目次] に戻る

[国内旅行記 目次]に戻る




-東北
-, , , , , , ,