近畿

立雲峡 竹田城跡 眺望 編

2021年8月18日

タヌキ猫です。

有馬温泉 + 姫路 旅行記
01 立雲峡 竹田城跡 眺望 編 (1日目)
をお送りします。

*撮影日 2018年11月06日
*一部撮影した順番と異なります。


有馬温泉まで 関東から クルマで訪れる今回の旅
せっかく 兵庫県 まで 移動するということで

さらに 足を延ばして 天空の城 と呼ばれる
竹田城跡 を 望める 立雲峡 (りつうんきょう)
を訪れてみたいと思います。


早朝 6時 でありますが 多くのクルマが
やってきていましたね。

この日の 日の出時刻は 6:22 前後
9-11月にかけて 雲海は 夜明け前から
08:00頃 まで 運が良ければ見えるとのこと

さぁ、いざ勝負!!

それでは 続きをご覧ください。


…とその前に…
< いつも 応援ありがとうございます!! >

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

JAL 日本航空 国際線航空券

おトクで快適に海外へ!
(購入/予約/検索にご利用ください)


気ままな飛行機人のプログ Instagram

気ままな飛行機人のプログ Twitter

も どうぞ宜しくお願い致します。



公衆トイレ も綺麗に整備されており


何の木だろうなぁ~ どうしても日の出前ですので
ちょっと暗いっていうか…
また、帰りに見れるかな


竹田城跡展望台 ということで
第三展望台まで 03分
第二展望台まで 20分
第一展望台まで 30分
の目安時間となっています。

立雲峡の環境整備のために
協力金のお願いということで


一人 200円の協力金を払います。


チケットとパンフレットですね
時間があれば 竹田城跡 に立ち寄りたい
ところなのですが… 今回は 雲海目当て でね


そうそう、案内所の近くにこんな感じで
写真が展示されており


こういう感じで 雲海に浮くお城
っていう光景を見たいんですよねぇ


それでは、展望台へと行ってみましょう!!
06:06 スタートです。


この微妙に夜が明けきらない時間というか
当初到着予定時刻よりもおしてしまった為
気持ち早歩きにてピンボケばかりにて
失礼いたします…。


スニーカーなどでも比較的歩きやすいかな


立雲峡駐車場 から 第三展望台 まで
約3分の徒歩移動です。


おぉ~ 雲海出てんじゃん!!
結構 テンション上がるんですよね♪


ただ、世の明けきらないこの時間帯
どうも、ぼや~んって感じです(笑)


今回の立雲峡では事前に懐中電灯を持参


現地では、こんな杖なんかも
無料貸し出ししていました。


第二展望台まで 15分
どんな光景が見れるかなぁ♪


雲海 が出ていたこともあり
気持ちが高鳴りますよね


やっぱり 普段の行いがいいからかなぁ♪
なんて自画自賛(笑)


さぁ 第二展望台 に到着


こんな感じで撮影ポイントが整備されており


どうだ、おぉ~雲海出てんねぇ♪


タヌキ猫のデジカメでめいいっぱいアップして
これが限界かなぁ…。

一眼レフカメラをお持ちの方は
絶対持っていくべき!!
だって、竹田城跡までの距離があり過ぎて


普通に撮ったら、こんなもんだから… (苦笑)
あぁ~ 一眼レフ持ってくれば良かったぁ
って 現場で後悔しましたから…


まぁ、クヨクヨしたって 始まんねぇから
チャッチャか 行くでぇ
整備はされているものの、やっぱり上りは
ちょっと大変かなぁ


時期的に紅葉は終わった時期ですね


竜神の滝 っていうのがあるのね


さらに上を目指していく中で


そろそろかなぁ


竜神の滝 ですね
ちょっと水量が物足りないところ


でも、のんびりしている場合じゃない!!


どんどん、歩いて行かないとね


この辺り、まだ紅葉してたね♪


そろそろ、第一展望台になるのかな


おぉ~ やっぱりここが一番
ギャラリーが多かったかな


って、第二展望台から第一展望台までの
約10分の移動時間で… 雲海無くなっちゃったよぉ~

ホント、これが自然なんだよねぇ
って感心している場合じゃない!!

普通に見える分には 竹田城跡って
あんなに遠くになるんですよね


タヌキ猫のデジカメで名一杯で
これですね。

おそらくは一般的なデジカメないしは
スマホなどによる撮影だと
ここまではアップ無理だと思います。

なもんで、一眼レフカメラをお持ちの方は
絶対に持ってくるべきと感じました。
(↑ タヌキ猫が失敗したなって思いましたから)


もう一回くらい さっきのような
雲海って出てくんねぇかなぁ


よぉ~く見てみると、チョコチョコと
出たりはしてるんですよね


時間があれば 竹田城跡 を訪れて
散策するもアリだったのですが…

みんな行かないっていうことで却下(笑)
城好きのタヌキ猫としては…
行きたかったけど 押せ押せになっちゃうと
有馬温泉のんびりできないからね
ってそこかよぉ~


第一展望台には 約20分ほどいましたでしょうか
うっすら 雲海がかかってきたかなぁ
っていう感じで期待できるかなぁ
って思ったのですが…

あんまぁ 待ってもなぁ~
これが 鶴丸の飛行機を待っている
っていうんだったら 1日でも待ってられますが(笑)

こういうのって 引き際が肝心よ
あとの日程も詰まってんだから


あぁ~ なるほどねぇ
雲海期待しすぎ注意かぁ
確かになぁ(笑)


まぁ、下で雲海を見ることができたし
そろそろ引き上げましょうかね


帰りは来た道を戻っていく形となります。


それでも、やっぱり来た道すがらの
第二展望台に立ち寄っては
雲海出てきたかなぁ~って
やっぱり諦め悪いやん(笑)


だいたい オトコって生き物は
スケベ根性でまだまだって思うものさ…
まぁ~ しらぁ~っていうのが
雲海のなりかけになるのかねぇ


オヨヨ!! ヤマビル がいるんだって
そりゃ気を付けないとね!!


ということで 立雲峡駐車場 まで
戻ってきました。


案内所では各展望台から見える
竹田城跡の模様を紹介していました。

やっぱり 手前にかかる木を気にするならば
一番上の 第一展望台 まで行っちゃった方が
いいんだねぇ


そう、うまくいけば こういう感じで
雲海に突如現れた 天空の城 という
まさにこの光景が見えるそうですが…

まぁ 自然ってそんな甘かねぇよなぁ~(笑)

この写真だって 何日も張り込んで
ギャランティーが発生してるんでしょうから
タヌキ猫みたいのは、無事に上まで上がって

風景を収めることができただけで御の字
山を無事に降りられたんだからね


ということでこんな案内図があったんですね


ほぉほぉ 立雲峡の赤松桜 なんですって
桜の時期はキレイなんだろうなぁ


どうしてもね、雲海を目当てでまいりますと
うす暗い中、下手をすると暗い中を
歩いて登る形になりますので
あんま、よく見えないもんね


料金所を含めた入口はこんな感じでした。


立雲峡には 約90分の滞在時間だったでしょうか

最後に 立雲峡 に関するサイトを掲載
しておきますので、興味がある方は
チェックしてみてくださいね

「天空の城」をみるために 
竹田城跡・立雲峡早朝特集 2020

次回は 姫路 へと移動しまして
世界遺産 姫路城 を目指したいと思います。

どうぞ 次回の更新をお楽しみに!!
タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼
JAL 日本航空 国際線航空券


PREV -
TOP [有馬温泉 + 姫路 旅行記 目次]に戻る (作成中)
NEXT


[近畿 / Kinki エリア 目次] に戻る

[国内旅行記 目次]に戻る


-近畿
-, , ,

© 2021 気ままな飛行機人のプログ