*

成田空港 第3滑走路新設と夜間飛行制限緩和を示すも・・・

      2016/10/09

タヌキ猫です。2016年9月27日、国・千葉県・NAA・空港周辺9市町
でつくる協議会(四者協議会)が開催されまして

成田空港第3(C)滑走路建設予定地案(3,500m)
B滑走路北側延伸(2,500→3,500m)
夜間飛行制限緩和案(23-06時飛行制限を01-05時へ短縮)

が審議され、四者協議会において承認されました。

まずは、その審議の内容をNAAプレスリリースにて
ご確認ください。

2016年9月27日に四者協議会が開催されました。

今回の発表により、第3(C)滑走路新設予定地が明示されまして、
タヌキ猫が考えていたよりも、随分と空港から離れている感があります。

既に、建設当初からの横風用滑走路建設の案は
横風に影響されにくいことを理由に廃案となりましたが、

フタを開けてみれば、既に、代替案として、駐機スポットを設置していますし、
未だもって、空港反対派による反対運動が行われているのは、

第二ターミナルからA滑走路に移動する際に
見かける方も多いことと思います。

タヌキ猫は航空関連に関しては素人ですが、C滑走路を案の通り
新設した場合、B滑走路を離発着する航空機と近すぎない?
と思ってしまいました。

現行、A滑走路・B滑走路はそれぞれ、離発着は同じ方角に向けて
行われていますが、案を見る限りだと、B滑走路・C滑走路においては、
それぞれに、離発着時には違う方角に向けて運用されるようですね。

dsc02229

B滑走路延伸については、北側にさらに1,000m延伸する案が出ておりまして、
ご存じのとおり、南側には、強硬な空港反対派の土地が存在しており、
誰の目にも、違和感のある状態が続いています。

確か、前回の延伸の際は、時の国土交通大臣と名前が一緒
ということで、ちょっとした話題にもなりましたよね。

北側ならば、畑が広がるエリアですので、南側を延伸するよりも
比較的簡単かと思いますが、東関東自動車道の真上を
航空機が滑走している状態になりまして、このあたりどうなんだろう
というのはあるかと思います。

B滑走路北側のポイント好きだったんだけどなぁ・・・(ボソッ)

夜間飛行制限緩和についてですが、現行23-6時は制限がかかっています。
これを、01時-05時に短縮しようという案が出ています。

これは、LCC対策といってもいいかもしれませんね。
ジェットスターなど、成田の門限に間に合わないということで、
欠航なんていうニュースは耳にされた方もいらっしゃる
ことと思います。

地権者や周辺住民への同意をなんとかとりつけたいとしていますが、
既に反対の声は大きくなりつつある状況です。

第3滑走路新設予定の芝山町では、新たに騒音空域にかかる住民の方
など、新たに騒音について心配される方もいらっしゃいますし、

夜間飛行制限緩和については、つい最近、ようやっと23時まで
緩和し、その際に、これ以上の緩和はしないという話もあったそうで、
住民側からすれば、なし崩し的に緩和拡大では困るといった話も
出ています。

空港の周りを車で走ってみると、そのほとんどは畑や森林の広がった
穏やかな土地なんですけどね・・・。

ここにきて、成田空港周辺が慌ただしくなってきているのは、
東京オリンピックに向けた訪日外国人増加による需要増というよりも、

羽田空港一強になりつつある状況にかなり危機感をもった
あらわれかと思います。

かつて、11時台前後のヨーロッパ便出発が集中する時間帯は
A滑走路を離陸する航空機の渋滞が見ものでしたが、

今は、かつてほどの勢いもなく・・・。

現在、夕方の米国路線出発便のラッシュも羽田へ移行する便が
あり、今後寂しくなるのはご存じのとおりかと思います。

あまりLCCに頼る成田空港というのは見たくないのですが、
現状、LCCに底上げしてもらっている状況ですので、
今回の案が実現まで持ち込めるのかどうかにかかっています。

夜の成田空港に行かれた方はご存知かと思いますが、
夜の羽田空港を知っていると、こんなに人がいないのか?

というほど、閑散とします。もちろん飛び立つ飛行機が少ないから
といえば、それまでですが、住民の同意を取り付けることが
できるかどうかが、大きく注目されます。

滑走路の新設・延伸は2020年代半ばまでの完成を目指すと
しており、年間発着可能回数は20万回増の50万回となる
見通しとなっています。

ん~、このキャパを活かすだけの需要が今の成田空港にあるか?
と言われれば、首をかしげてしまいますよね。

JAL・ANAといった日系エアラインが軸足を羽田へ移しつつある
今、長年ハブ空港としてデルタが多くの路線をもっていましたが、
軸足を韓国ないしは中国へ移しつつある状況です。

C滑走路新設よりも、B滑走路を本来の南側延伸し、
第二と第一を結ぶ誘導路を旧C滑走路予定地のみでなく、
貨物エリア側にも新設することによって、随分と効率がよくなるものと
思うのですが・・・(素人考えですので・・・)

また、NAAが明示した時間帯別発着状況でも、
時間帯によっては、ぽっかりと穴の開く時間帯もあり、
工夫次第では、増便も可能なのかと思います。

と、タヌキ猫の素人意見も入れてしまいまして
申し訳ありませんが・・・

今回の4者協議会の承認では
滑走路新設
滑走路延伸
夜間飛行制限緩和

と、成田空港にとって、どれも厳しい案を一気に
進めようとしますので、これから反発も大きいかと思いますが、
一つでも実りのあるものを成果として挙げてもらいたいと思います。

タヌキ猫でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–

 - 成田・羽田空港ネタ ,