*

中央広場 散策 編

      2020/03/20

タヌキ猫です。ウラジオストク旅行記
13 中央広場 散策 (2日目) 編
をお送りします♪

*撮影日 2020年02月29日
*一部撮影した順番と異なります。

宿泊先のシビルスコエ ポドヴォリエにて
朝食を楽しみまして

さぁ、さっそくのウラジオストク観光スタートです!!

まずはオケアン通りを下っていきまして
中央広場(革命戦士広場)へと向かってみたい
と思います♪

どうぞ、続きからお楽しみください♪



…とその前に…
< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪

おトクで快適に海外へ!(購入/予約/検索にご利用ください)



 

Facebook ページを開設しました♪

「いいね! & シェア どうぞ宜しくお願い致します!!」

 



 

08:50過ぎにホテルを出発しまして
オケアン通りを下っていきます。

ずーっと先に中央広場の銅像が見えるんですが
皆さん、見えますでしょうか?

それにしても、昨日の雪が結構積もっていますねぇ
幸いなのは、本日は「晴」のようですね。

ウラジオストクでの信号の一コマ

写真に映っている15番バスはルースキー島行き
のバスとなっています。

街並みがヨーロッパっていう感じ
ですよね♪

早朝(っていう時間でもないけど)ならではの
ダダぁって雪かきしている光景でしょうか

ホテルからは中央広場まではずーっと下り坂
なのである意味助かるけど…

やっぱり雪道だから気を付けちゃうよね

こちらの建物は旧浦塩日報編集部という
1917年12月9日創刊の日本語新聞の
編集部があったそうです。

ちょっと補強しないと厳しい感じなんでしょうね

結構、味のある建物なんですね

こちらの建物も日本にゆかりがあるそうで
旧朝鮮銀行の建物だそうです。

誰かが、タクシー呼んでいるのかしら?

すっかり、雪に覆われてしまっていますが
外国航海船員の記念碑だそうです。

先ほどの旧朝鮮銀行の建物を
正面から撮ってみました。

こちらの右手の建物は
現在 沿海地方裁判所として使われていますが

1916年 石造りのギリシア式建築をもちいて
造られた 旧 日本国総領事館だそうです。

結構、オシャレな造りだったんですねぇ

ということで、オケアン通りも終わりまして
先に見えるのが中央広場(革命戦士広場)ですね。

いやぁ~この道は渡って横断は…
できなそうでしてね

ご覧のように地下連絡通路が整備されています。

振り返ってみてのこちらの建物も
結構、素敵な感じですよね♪

あの先にみえる玉ねぎ頭は
どこの教会だろうなぁ

それでは、中央広場に向けて
地下通路へ

こんな感じで地下通路内にも売店が
あるんですねぇ~

いやぁ~鳩も寒さしのぎに地下通路…
っていう感じでしょうかね

昨日の雪もあり、寒さもあって
結構滑りやすくなっています。

上がったところがバス停になっているようですね



 

ということで中央広場にやってきました
ホテルからはオケアン通りを下ってきて15分くらいかなぁ

本当はもっと早く行けたんだろうけど
どうしても雪+路面凍結もあって

坂道じゃない?かなり慎重に歩いてきたこと
と写真撮りながらだからね(笑)

パーミャトニク・ボルツァム・ザ・ヴラスチ
・ソヴェトフ・ナ・ダリネム・ヴォストケ

って…名前長いなぁ…

やっぱり「ソ連」っていう感じの銅像なのかなぁ

めっちゃ鼓舞してそうだし…

なんか、すっかり雪化粧してしまっているのですが

やっぱり兵隊さんみたいね

あちらの教会がすっごく立派なので
後で立ち寄ってみたいなぁ

ということで中央広場を後にします。

ロシア国旗の色でしょうかね。

このままウラジオストクの街を
ぶらぶらとしてみたいと思います♪

どうぞ、次回の更新もお楽しみに!!

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼

JAL 国際線

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–


PREV 12 シビルスコエ ポドヴォリエ 朝食(1) (2日目) 編
TOP [ウラジオストク 旅行記 目次]に戻る (作成中)
NEXT


 

 - ウラジオストク旅行記 , , , , , , ,