中部

伊勢神宮 外宮 + 内宮 参拝 編

2013年11月14日

タヌキ猫です。

JALの翼で行く日帰り伊勢神宮 旅行記
3 伊勢神宮 外宮 + 内宮 参拝 編
をお送りします。

*撮影日 2013年11月09日
*一部撮影した順番と異なります。


12:00 伊勢市駅 へと降り立ちました。
帰りのフライトを考えると、約5時間の滞在となります。
いかに効率よく回ることができるかが勝負ですね。

20年に一度の式年遷宮を迎えた伊勢神宮
いかに混雑している中を
効率よく回ることができるかですよね

多くの参拝客がいましたので
なるべく人の顔が映らないようにと
上向きでの撮影のものが多いかと思います。


それでは、外宮参道を進みましょう♪

それでは、続きをご覧ください。


…とその前に…
< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪

JAL 日本航空 国際線航空券

おトクで快適に海外へ!
(購入/予約/検索にご利用ください)


Facebook ページを開設しました♪

「いいね! & シェア どうぞ宜しくお願い致します!!」



外宮にいく道すがらに、
内宮へ行くバス停もありました♪

この時点で、すっごい行列… (冷汗)


伊勢市駅 から 外宮 まで 約10分ほど
外宮参道にも、多くのお店がありますし

一つ前のバス停付近には、
テントでたくさん露店が出ていました。


表参道火除橋 を渡ります。


御祭神 の説明書きですね


手水舎で清めて


すぐ隣には、式年遷宮記念遷宮館が整備されていたのですが
日帰り旅行ということもあり、省略しました。


式年遷宮を迎えた 伊勢神宮 外宮
よりスタートです。

外宮 第一鳥居です。
一礼をして、神域へと入ります。

(詳細は公式サイトをご覧ください)

伊勢神宮 公式サイト


こういうのも、式年遷宮に合わせて、
新しいものに取り換えられているんですね


第二鳥居 です。


神楽殿を含む建物ですね。


こちらが、式年遷宮で役目を終えた
正宮 です 屋根に苔がむしていますね


すぐ隣にある 新社殿 / 正宮 に行きましょう


これより先の写真は禁止ですので、ここまでですが
またこの社殿が20年後、式年遷宮を迎え、
再び、新社殿に移る儀式が脈々を続いていることに
感慨深さを感じるところです。

技術の伝承と常若の精神が引き継がれているんですね

外宮は、豊受大神宮といい、
食物・穀物の守護神を祀っています。


なんだろう みんなで手を出して、
パワーを吸っているようでしたので、
タヌキ猫もあやかって やってみました。


亀石ですね 見えるかな?
この奥に、多賀宮などあったのですが、
いずれも長蛇の列でしたので、遠慮しました


右が、今までの正宮で
左が、新社殿の正宮となります。

今までの正宮で使われていた材木等は
全国の社殿にまた再利用されるそうです。

今度は、20年後、また、
今までの正宮のところに社殿が建つんですね
また、そのころに来ることができるかな


これまた、みなさん、ペタペタ触って、
パワーをもらっているので、タヌキ猫も…
事前の勉強が足りませんで


ちょうど、菊花展もやっていました。
40分ほどで、外宮参拝を終えたタヌキ猫。

次は、内宮を目指します


タヌキ猫は、オス猫一匹旅ですので、
バスをチョイスしましたが、結構並びましたので
何人かいらっしゃるのであれば、

駅まで行って、タクシーを拾う方が、
時間の節約になるかと思います。
内宮までバス410円でした。

もう、うんざりするほど並びまして
40分以上並んだと思います。


ようやっと、順番がやってまいりました。
バスも、総出で対応しているようで
色々なのが来ました。

20分弱の乗車でした。
もうギュウギュウでしたので、
帰りは、タクシーを選択肢に入れた方がよさそうです。

バス降車場から
内宮 宇治橋鳥居 まで3 分ほどですが、
バス乗り場は混雑しているし、切符を買って並ぶのもな…

と思いつつ、道すがらに、
タクシー乗り場があったので、検討しましょう


内宮 宇治橋鳥居 に到着です♪

それでは、一礼して、
神域へとまいりましょう♪


御祭神の説明書きですね


外宮と内宮で橋の渡り方が違うんですね


川が増水して、上流から流木が流れてきた際
橋に被害を最小限に食い止めるための知恵
なんだそうです。


立派な松ですね


お酒の寄贈もたくさん


手水舎で清めて


第一鳥居 をくぐります。

(詳細は公式サイトをご覧ください)

伊勢神宮 公式サイト


五十鈴川 御手洗場 ですね
水冷たかったですねぇ


それでは、進みましょう


第二鳥居をくぐります。


いくつかの建物を過ぎて


ほんと、森の中にあるんですね


こちらが、内宮 新社殿 正宮 です

ここから先の撮影は禁止されています。
内宮は、総氏神 天照大御神を祀る地
となっております。


こちらが、式年遷宮にて、
その役目を終えた正宮ですね。


ホント、人が多くて、
上向きの写真ばかりで、申し訳ありませんが
ちょっとは行ったつもりになれたかな?

さすがに、正宮の方は
写真撮影が禁止で中の方は撮れませんが
その前にある


こちらの建物で見ると


20年の歳月がわかるかと思います


式年遷宮で新しく建てられた建物が


どのように、年月を重ねていくのか
見るのも面白いかもしれませんね


右が今までの正宮で、左が新社殿の正宮です。
って、全然、木々で見えないですけどね

こうやって、新旧が並んでいる姿を
見るのもそんなに長くないですからね。


御稲御倉 ですね。


荒祭宮 です。


大変な混雑の為、
この場から参拝させてもらいました


こちらも、パワースポットなのかしら?
ちょっと、そのパワーを両手で頂きましょう


さぁ、帰りましょうかね


帰る道すがらにある 参集殿 では
マツケンサンバの歌が…

きっと、物まねでもやっているんだろう
とカメラを向けてみると 本物でした…


外宮 内宮 と参拝を済ませ、この後は
何か美味しいものを食べて行かなくちゃね♪
この混雑ぶりも考慮して動かねば…

若干、人ごみに酔いながら、
次回は、おはらい町通り へと向かいます

どうぞ次回の更新もお楽しみに!!
タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼
JAL 日本航空 国際線航空券

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
--◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎--


PREV 2 セントレア 高速船経由 伊勢神宮 移動 編
TOP [JALの翼で行く日帰り伊勢神宮 旅行記 目次]に戻る
NEXT 4 おはらい町通り 散策 + セントレア 移動 編


[中部 / Chubu エリア 目次] に戻る

[国内旅行記 目次]に戻る


-中部
-, , , , , , ,

© 2022 気ままな飛行機人のプログ