JAL工場見学 関東 JALネタ

M2格納庫 大迫力の航空機 見学 編

2022年6月25日

タヌキ猫です。

JAL工場見学 SKY MUSEUM 体験記
04 M2格納庫 大迫力の航空機 見学 編
をお送りします。

*撮影日 2022年06月03日
*一部撮影した順番と異なります。


空の貴婦人 と呼ばれた DC-8 富士号
の保存されています 機首部分(コックピット+ラウンジ)
を見学しまして 興奮冷めやらぬまま


引き続き M2格納庫内を見学したいと思います。
写真に写っているのは B737-800 JA314J です。
JL623便として 熊本に行った時に搭乗したことがあります(笑)

JAL SKY MUSEUM 詳細/予約 については
公式サイトにてご覧ください。JAL SKY MUSEUM 公式ページ

それでは 続きをお楽しみください。


…とその前に…
< いつも 応援ありがとうございます!! >

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

JAL 国内航空券予約

(購入/予約/検索にご利用ください)



ホント、何が嬉しいって こうやって
離陸していく鶴丸を見ることができる
っていうことですよね(笑)

いやぁ~ いいねぇ♪


格納庫内では B787-8 の点検でしょうか
シップナンバー JA835J
金の鶴丸塗装として 短い期間ですが
使用された機材でしたね。


外に駐機しているのは JA737J
B777-300ER そう国際線仕様機材にて
JL009便として シカゴからファーストクラスにて
搭乗したことのある機材でした♪

いやぁ~ 懐かしやぁ(涙)


やっぱりハンバー内って広いですよねぇ~
M1が重整備なのに対し M2は日常的な点検
といったところでしょうか


B737-800 がいましてね
その後方片隅に、チョコンと DC-8 機首
が見えるの分かるかなぁ~ っていうくらい端
にいるんですよ(笑)


JA835J 金の鶴丸塗装の時に
お目にかかりたかったなぁ


ちょうどエンジンの点検だったのでしょうか


それにしても ご覧あそばせ
JAL B777-300ER の存在感(笑)


もう シカゴからのフライトを一緒にした
機材ですから 嬉しくなっちゃうよねぇ~♪
また 空で一緒に飛びたいなぁ~


やっぱ 777はカッコいい!!


誰か上がってこないかなぁ~
って 鶴丸以外はカメラ降ろしますけどね


この角度からの航空機っていうのも
いいよねぇ♪


あぁ~もぉ~ 尾翼だけでも♪
なんて JALファンだったら もう落ち着かないはず(笑)


せっかくなら B777-300ER を絡ませた写真
撮ってみたいなぁ


オッ!! 鶴丸の離陸 誰だろうなぁ


JA702J / B777-200ER


-200ER / -300ER の違いはあるものの
777型機の競演です♪ いいですねぇ♪


どこへ行くのかなぁ 気を付けて行ってらっしゃ~い


続いて離陸してきたのは


JA315J / B737-800


777 と並べるとやっぱり小さいねぇ


気をつけてなぁ~


うわぁ~ 787の尾翼下をこうやって
見れるというのは なかなか無いですよねぇ


もちろん 真下に入るのは禁止になりますが…


オッ!! 向こうに見える タヌキ顔は エアバス!!


JAL A35-900 !!
実に美しいですよねぇ♪


アップでこのネコひげが映るほどに
撮ってみたくなる(笑)
(↑ リアルネコひげじゃないからね(笑))


このバックショットからの B787 っていうのも
たまらなく好き♪ っていうか JALが大好き!!


ホント何枚でも同じような写真を
撮影してしまっているところですが

よく JALが入社式であったりイベントで使う
のが この M2格納庫になるんですよね
みんなで折り紙の鶴を飛ばしている光景とか

分かりやすいのでいえば 嵐が機内CMで
登場してくるのも このM2格納庫だしって
結構 何気に登場してくるところですよね(笑)


う~ん、拡大して見ても このタレ目具合が
スケベったらしい タヌキ顔だわぁ~
って、書きながら自分の顔を鏡で見たら…
うん、変わらんやん (爆笑)


いやぁ~ ホント素敵♪


撮影しているのは JA02XJ
JAL A350シリーズとして導入した
2号機になるわけですが A350シリーズも
2022年06月現在 16機を数えまして

羽田空港で見かける機会も
ホント多くなりましたよね


普段、こうしてみる機会って少ないですから


無駄に撮っております(笑)


でも、やっぱり嬉しいんだよねぇ~


こうやって 見学できることがさぁ♪


思い返せば 撮影こそ禁止ですが
JALハンガー内に駐機する 政府専用機
もちろん B747-400型機の時代に見たことがあって

ジャンボジェットがハンガー内にいるのって
ホント 半端ない迫力だし 感動だったんだよねぇ
なんて昔を振り返ってしまいましたが…


鶴丸の尾翼


もう色んな角度から撮っちゃいます(笑)


この斜め後ろからのショットもいいんじゃない♪


いやぁ~ いいですねぇ


反対側へとやって来まして
エアバスの機外カメラ尾翼のものは


このポコン としたところから
撮影してるんですよね


いやぁ~ やっぱり良かったわぁ~
階段にて 上のフロアへと上がりまして


やっぱり撮ってしまう 鶴丸機(笑)


この真後ろからのショットって
そうそう撮れるもんじゃないよね~


この角度から撮るっていうのも
やっぱいいなぁ


って みんなカッコいいんだけどねぇ~♪
よく JAL機内で 嵐によるCMが放映されるのは
この場所からですよねぇ~

うんうん、同じ場所に立っています(笑)
M2 から M1 へと移動しまして
そのまま 朝集合した入口まで戻ります。

12:30 までに解散 ということで
最初の SKY MUSEUM 見学から 格納庫見学まで
もちろん DC-8見学時間も含めて 2時間です。

これは ホント内容が濃かったなぁ~
格納庫内に駐機する飛行機も誰がいるか
分からないものだし、いないっていう場合も…

今回 格納庫内にて 自分の搭乗したことのある
シップもいて より親近感を覚えたところです(笑)


ホント あっという間に 楽しい時間は過ぎまして
JAL工場見学は終了となりましたが、

このあとは 羽田空港第一ターミナルへと
移動しまして JAL便にてフライトとなります。


新整備場駅は 普段 旅客として利用する機会
はありませんので 記念で撮影してみました(笑)

次回は JAL便フライトの模様を!!
という前に 今回 JAL工場見学 SKY MUSEUM
FUJI号スペシャル ということで

ジャルパックスペシャルコースを利用しました。
その諸条件であったり 注意事項などを
ちょっと文字で起こしたいと思います。

どうぞ次回の更新をお楽しみに♪
タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼
JAL 日本航空 国際線航空券


PREV 03 FUJI号スペシャル DC-8 機首 見学 編
TOP [JAL工場見学 SKY MUSEUM 体験記 目次]に戻る (作成中)
NEXT


[関東 / Kanto エリア 目次] に戻る

[国内旅行記 目次]に戻る


-JAL工場見学, 関東, JALネタ
-, , ,

© 2022 気ままな飛行機人のプログ