*

MRJ 5度目の納期延期へ

      2017/01/25

タヌキ猫です。このほど三菱航空機より開発中の
MRJ(Mitsubishi Regional Jet)の納期が約2年間遅れ
2020年半ばに納期予定と大幅な延期が発表されました。

なんでも、一部装備品の配置変更等を実施するとともに、
電気配線全体を最新の安全性適合基準を満たす設計
へ変更することになったため

との発表にて、安全を考えるならば致し方なきことながらも
当初予定からすれば7年半も待ちぼうけを喰らうこととなります。
(東京オリンピックまでに納入されるかですよね)

(写真は2015年10月22日 県営名古屋空港にて)

MRJ初号機を受領予定(ローンチカスタマー)はANAです。
既に、試験機5号機だったでしょうか、ANA塗装が施されているということで
ANAにおいては、ANAウイングスB737-500機材の置き換え
をする予定だったものの、度重なる納期延期により

急きょDHC-8-Q400を追加購入するなど対応に追われています。

対するJALにおいてはタヌキ猫のブログでも書きましたが
一度、中継ぎとしてE170/E190を導入し、CRJ200を順次
エンブラエル機に置き換えた上で2021年より順次約7年をかけて

MRJに置き換えるというひと手間かかった行程となっています。
発表当初は、エッ?って思いましたが、MRJの度重なる延期をみれば
JALの選択が正しかったことになりますね。

とはいえ、JALが初号機を受領予定の2021年でも現状、大幅な遅れ
が目に見えていますよね・・・(汗)

このまま、エンブラエルでもいいんじゃないか・・・
という空気も流れてきているかと思います。

度重なる納期延期により、当初のMRJ機材の優位性も薄れつつあり
JAL/ANAともに、安全は担保しなければなりませんが
いつ納入されるのか疑心暗鬼なところもあるかと思います。

YS-11以来の国産旅客機の誕生は達成できるのか?
それまでJAL/ANAがどう対応していくのか。

まだまだ紆余曲折がありそうですね・・・(汗)

タヌキ猫でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–

 - 飛行機ネタ