*

特急 指宿のたまて箱 1号 指宿行き 編

      2017/01/07

タヌキ猫です。今回は「鹿児島旅行記」
2 特急 指宿のたまて箱 1号 指宿行き 編 をお送りします。

※撮影日:2016年11月15日

鹿児島といえば「指宿の砂風呂」が有名ということで
アクセスするのにオモシロい電車があるよと
アドバイスを頂きましての乗車です。

JR九州 特急 指宿のたまて箱

聞くまで、そんな電車があるのを知りませんでした。
本数はとても少ないですが、上手く旅程に組み込めそうなので、
JR九州のサイトより事前予約をしてのスタートです。

鹿児島中央駅へと到着したタヌキ猫
ちょっと焦っているのがお分かりかしら?

インターネット予約での乗車券発券はこちらでも

券売機でも可能です。今回は券売機が並んでいなかったので
こちらで発券しました。

よし、チケットはOK!!

さぁ、改札をぬけて

時刻表チェック!!
うわぁ・・・特急「はやとの風」(09:26発)行っちゃったかぁ・・・(泣)
只今、09:29・・・

タヌキ猫、撮り鉄ではないのですが、JR九州管内って結構
撮り鉄したくなるような魅力的な電車が多いんですよねぇ~。

熊本駅ではお目当ての電車(SL)を撮れなかったので
ここ鹿児島中央にてリベンジだったのですが・・・

JR九州 特急 はやとの風

またの機会にですね・・・

特急 指宿のたまて箱1号は09:58発ですので、
20分少々、撮り鉄ができそうです(笑)

普通電車なんだろうけど、タヌキ猫には新鮮です。

特急「きりしま」です。かなり武骨な仕上がりで・・・

ちょっと中は古めかしそうだけどね。

どこへ行く電車なんだろう?787なんて書いてるから
ボーイングなんて思っちゃうのは飛行機好きだけかしら?

なんて、一通りホームにいる電車を撮り鉄してから・・・

4番ホームに入線した特急「指宿のたまて箱1号」に乗車です♪

2両編成にてまず2号車から

2号車の方は海側を向くシートがありますね。

この温かみのある作りがいいですよね♪

タヌキ猫は当然、窓側(海を望む方)をチョイス

1号車にも行ってみました。

こちらのシートはこんな感じ

一部、海を向くシートもありますね。

1号車にのみ、ひとつトイレがあります。

写真には、一人も人が映っておりませんが、速攻で乗車して
中を撮影した為でして、このあと、結構外国人を中心に
乗車されていました。

やはり観光列車ということもあってか「撮り鉄」が
多かったやに思います。

スタンプのセルフサービスもあります。

ちょっとした記念にいいですよね♪

言霊サービスというメッセージを書くと読んでもらえる
サービスもあるそうです。

定刻09:58発 特急 指宿のたまて箱1号 出発です。
ホームでは駅員さんがお見送りをしてくださっています。

約50分の鉄旅です(笑)

ん?路面電車があるのかな?

カートサービスにて、車内販売が実施されています。
タヌキ猫は乗車前からこれは食べておこう!!

と決めていた品が2つ

指宿サイダー260円&いぶたまプリン410円
(Suica払い 可)

他にも車内アナウンスや記念撮影など、工夫を凝らした
演出がありましたよ。

なんといっても、桜島を眺めながら移動できるっていうのが
ウリですよね♪

いぶたまプリンを食べながらの

錦江湾&桜島 なかなか乙なものでございます。

このちょっとレトロな感じがいいですよね。

たまて箱ですので、ドアが開くと上からモクモクと
煙が出る演出です。

約50分の乗車ではありますが飽きることなく
楽しむことができました。

やっぱり乗車するなら事前予約にて
海側のシートを確保することをおススメします。

10:53(定刻10:49)指宿駅 到着

それでは、これより指宿駅をあとにして
砂風呂を楽しめる「砂むし砂楽」を訪れてみたいと思います。

どうぞ次回の更新もお楽しみに♪

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼

JAL 日本航空
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–

 - 九州 ,