*

松茸料理 あぜみち山荘 編

      2019/11/09

タヌキ猫です。上田旅行記
1 松茸料理 あぜみち山荘 編
をお送りします。

*撮影日/2018年10月07日
*一部撮影した順とは異なります。

一度は「松茸料理」を食べてみたくて
今回は信州は上田市「塩田平」にお邪魔しました。

以前より、松茸で上田市周辺を知っておりまして
今回、ようやっと訪れることができました。

塩田平周辺は松茸料理を提供する店舗が
いくつも点在しておりまして

今回「あぜみち山荘」というお店を
事前予約しました。

松茸山 あぜみち山荘(公式/予約サイト)


(上信越自動車道/東部湯の丸IC – あぜみち山荘)

あぜみち山荘周辺は道路が狭く
場所によっては、すれ違いも不可といった感じです。

すぐ隣に丸光園という別の松茸料理
を提供する店舗がありまして

駐車場はほぼ一緒の場所のようでした。

それでは続きからお楽しみください。



…とその前に…
< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪

おトクで快適に海外へ!



 

Facebook ページを開設しました♪

「いいね! & シェア どうぞ宜しくお願い致します!!」

 



 

左上にチロッと見えているのが
丸光園になっています。

ここまでの看板等は「あぜみち山荘」で探すよりも
「丸光園」で探した方が分かりやすかったです。

それでは、あぜみち山荘へと行ってみましょう!!

目の前に見えているのは荷物を上げる用の
リフトとなっており

人間はこちらのルートを上がる形となっています。

この坂道を整備されているとみるか
キツイとみるかは、個々のご判断かと思います。

さぁ、あぜみち山荘の松茸小屋に到着しました♪
どうしても、シーズン中のみのオープンですので
こういった造りのところが多いようですね。

さぁ、到着しました

松茸セットコース料理ということで
案内が出ておりまして

タヌキ猫一行は「天のお恵み」コース
を事前予約しておきました。

(10/7 来店予約を8/25で手配しました)

おひとり様7,500円のコースにて

松茸なべ
松茸土瓶蒸し
姿焼き松茸
松茸飯
松茸汁
香の物(2品)
きのこうどん

計7品目となっています。
ちなみに、松茸飯&松茸汁はおかわり自由
となっています。

松茸の即売もありましたね。

うわぁ~これ凄いなぁ~
きっと、お値段も…それなりに…いやそれなりにね(笑)
(↑怖くて聞けないよね金額(笑))

松茸小屋へは、靴を脱いで
上がるスタイルとなっています。

テラス席のスペースも4組分ほどかな
ございましたので、こちらがいいという方は

予約時にその旨、メールで書いておくのが
いいのかなと思います。
(タヌキ猫が行ったときは犬連れの方いましたので)

さっそく、席へと通していただきました。

もう、タヌキ猫が予約した11時は満席となっていましたね。

ちなみにですが、写真にはございませんが
2人の場合は、ついたてのある座卓タイプ
のものになりまして…

ちょっと隣ときついんじゃないかなぁ~
と感じました。

テーブルには既に香の物(2品)と
松茸土瓶蒸しがセッティングされておりまして

ざっと、メニューの説明書きがありました。
ただ、自分でチョイスしていないものもありますので
見た損する場合がありますけどね(笑)
(↑うちは松茸の銀蒸しはないので…)

松茸なべがやってきました♪
んん~、もうちょっとネットで見ると

盛ってある感じだったけど…(苦笑)

締めの「きのこうどん」も同時で
持ってくる感じにて

お飲み物など別注文もできますが
特に、飲み物を進められることはありませんでした。

ということで松茸なべ、きのこうどん、松茸土瓶蒸し、香の物(2品)
と揃いまして卵はお好きなだけどうぞ
とのことでした。

ちなみにですが、点火などは自身で
となっています。

各テーブルにチャッカマンが置いてありまして
松茸土瓶蒸しのは自分でですし

松茸なべのコンロの火も自分でつける形です。

松茸土瓶蒸しの中はこうなっています。

目の前には切り立った崖が見えますね。

ウォーターサーバーが用意されておりまして
セルフサービスとなっています。

お水であったり、お茶があったかと思います。

姿焼き松茸ですね♪♪♪
今回、3人で訪れましたので松茸が3本ですね

七輪と一緒にやってきますので
こちらも各自において

自分で松茸に切れ目が入っていますので
割いて七輪の上に置いて焼く感じです。

アラッ、この画って、素敵じゃない♪

なぁ~んてやっている間に
松茸なべが煮えたようですね♪

味付けとしては、結構濃いめかなぁ
と思います。

松茸ごはんと松茸汁がやってきました。
いずれもおかわり自由ということで

松茸ごはんは、最初にパックで登場します。
おかわりする際に、パックは回収されまして

御飯茶碗でやってきました。
なんなら、最初パックなので

2回目以降もパックにすれば
そのまま持ち帰りもできるし、

洗い物も減るんじゃないかと…(汗)

松茸なべの具材をよそってみました。
やっぱり「松茸」をメインにしなきゃね♪

ちょっと焼きすぎちゃったかなぁ…
姿焼き松茸です。

もうちょっと香りがするものだと
思っていたのですが…そこまでだったかなぁ

2本先行で焼いて七輪がいっぱいでしたので
後攻で1本焼いてみました♪

そうそう、おかわりで松茸飯をオーダーしますと
こういう感じでくるわけね

最後に「きのこうどん」で締めとなったわけですが
全体的なタヌキ猫の感想といたしましては…

ん~物足りないかも…(汗)
でも、ご覧いただいた「天のお恵みコース」
7品目 / 7,500円 どうでした???

ん~唸っちゃうなぁ…
初めての松茸料理をコースで頂きましたが

やっぱり育ちがいいからかしら
しめじとかマイタケのどっさり鍋の方が…
好きかもね(大笑)
(↑安上りなオトコでしょ?)

松茸料理のコースを頂きました。



 

お手洗いですが、松茸小屋の奥に位置しておりまして

ご覧のような仮設の設置となっています。

どうしても、松茸のシーズンのみの営業ですから
仕方ない部分もあるのかなぁ

ちょっとしたディスプレイもあったりして

こちらは冷蔵ケースの中にあったのですが
これは大きな松茸だよねぇ~
鑑賞用かしら?

お支払いは、会計が別小屋にありますので
そちらで行う形となっています。

レシートは出てきますが、
クレジットカードは不可となっています。

タヌキ猫がオーダーしたのは
天のお恵みコースにて
7,500円は、税込み価格でした。

先ほどは対岸の崖を松茸小屋の中からでしたが
せっかく外に出てきたので一枚。

向こうに、ちょこっと見えるのは上田市内でしょうか

それでは、松茸小屋 あぜみち山荘を後にしましょうか

タヌキ猫的には、傾斜はあるものの比較的整備された道
だと感じていますが、皆さんはどうでしょうか?

やはり、杖をついてだと大変なのかなぁ
さすがに…車いすは無理ですね。

ということで、あぜみち山荘でした。

ご覧の通り、すぐ隣には丸光園がありますね。
最初の方でも触れましたが

あぜみち山荘での看板が少ないので
丸光園
(↑写真の赤い看板の表記ね!!)

これを目印に行かれるのが
よろしいかと思います。

最も、ブログをご覧の皆様はグーグルマップとか
カーナビとかなんでしょうけど…

タヌキ猫…基本アナログなもんでしてね(笑)

駐車場スペースはご覧のように
道路の両脇に約20台ほど停められる
スペースが確保されています。

ちなみにですが、団体ツアーでのお客様は
道幅が狭いために、バスは上がってこれず

随分と下の方から歩いて登ってくる
ことになります。

ん~車幅想像できるかしらね?
場所によっては、距離こそは短いものの
もっと車幅が狭くなっておりますので

対向車等、どうぞお気をつけくださいませ。

塩田平周辺は「まつたけ料理」を提供するお店が
多く点在しております。

ただ、どうしてもシーズンのみ営業という
店舗が多いために「小屋」タイプのもの
が多いように思いました。

松茸料理 二幸園
(↑足が悪い方がいらっしゃる時はいいかも)

うちの親なんか、連れていくんだったら
こういう感じのところじゃないとNGかな…
と最後は自分への備忘録ですが…

どうしても、まつたけ料理となりますと
お値段はそれなりにしますし

コースによって金額も違いますから
事前に色々なお店をチェックすることはもちろん

事前予約!!これはお忘れなく

次回は、松茸小屋 あぜみち山荘を後に
別所温泉へと移動しまして「北向観音堂」を
訪れてみたいと思います♪

どうぞ、次回の更新もお楽しみに!!

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼

JAL 国際線

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–


PREV
TOP [上田 旅行記 目次]に戻る
NEXT 2 北向観音堂 参拝 編


 

 - 中部 , , ,