*

JALの歴史を訪ねて モーゼスレイク 編

      2019/06/14

タヌキ猫です。JALシアトル線就航便で行くシアトル旅行記
20 JALの歴史を訪ねて モーゼスレイク 編 (4日目)
をお送りします。

*撮影日:2019年04月03日

今回のシアトル滞在4日目の目的は
かつて日本航空運航乗員訓練所がモーゼスレイク
にあったということで、主にジャンボジェットの操縦訓練に

使われていたそうですので、その痕跡だけでも
一JALファンとして見ることができたらなと思って
レンタカーを借りた次第です。

ここまでのコストコ スノコルミー滝はここに来るまでの
保険でした(←面白かったけどね♪)

JALシアトル線就航(復活)便で訪れたからこそ
タヌキ猫には価値のある滞在と
なりました。

事前にアポイントを取るべく、またモーゼスレイク情報を
出発前に募りましたが、ほぼゼロ回答の中ではありましたが

そこはJAL愛で行ってみたいと思います(笑)

さて、どんな結末となりますでしょうか
どうぞ、続きをお楽しみください。



…とその前に…
< ブログランキングに参加しています! >

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ブログ作成の励みとなりますので
1日1回 応援ポチッとお願いします♪

おトクで快適に海外へ!



 

Facebook ページを開設しました♪

「いいね! & シェア どうぞ宜しくお願い致します!!」

 



 

モーゼスレイク(Moses Lake)市内へと入って来まして

いよいよ最終目的地であります
グラント郡国際空港まであと少しです。
(Grant County International Airport)

AIRPORT GROCERYというショップがありましたが
帰りに立ち寄っていますが、特にエアライングッズが
というわけではありませんでした…

ということでグラント郡国際空港に到着したのは
15:45でした。(4649miles/713.3miles/35.4mpg)

空港(シータック・レンタル・カー・ファシリティ)を
09:17に出発しまして、コストコやスノコルミー滝
と立ち寄ってきましたが、往路は約6時間半

空港からの総移動距離数は193miles/約310Kmの移動となりました。



 

さぁ、ここからが勝負です!!
事前情報としてはほぼ「ゼロ」の中、
いかにかつて日本航空がいた痕跡を見つけるか
このシアトル旅行 最大の試練となりました。

また、2016年よりここグラント郡国際空港において
MRJ(三菱リージョナルジェット)の型式証明を取得する為

MRJの実機もあるはずですので合わせて撮影できたらなと
意気込んで…乗り込みますよ!!

グラント郡国際空港はかつて空軍基地として運用されまして
民間機による定期便も発着していたそうですが
2010年6月8日を最後に就航していないそうです。

アメリカでも最大級の空港だそうで
NASAのスペースシャトルの代替着陸空港
にも指定されているそうです。

タヌキ猫の目的は
1968年、グラント郡国際空港に日本航空が開設しました
モーゼスレイク運航乗員訓練所に関するものを

この目で触れてみたいということ

1971年に開設されましたナパ運航乗員訓練所では
ツアーバスから遠目に空港を見ただけで終わりました
ので今回は、バッチシ自分の足で稼ぐつもりです。

(ちなみにその時の旅行記はコチラ↓)
ナパ ワイナリーツアー 編

ふと、スポットに目をやるとMRJ(三菱リージョナルジェット)の姿が!!
名古屋小牧で会って以来じゃない♪

(その時のブログ記事はコチラ↓)
県営名古屋空港にて「MRJ」を撮影♪♪♪

ホント、まだ日本で初飛行前で撮影してるんだよねぇ
あれから、早くも3年以上の月日が経ったのね

元気にしているかい?っていう感じじゃないよね

型式証明取得のために日夜頑張っているわけで、
確かに主脚のところに型番ないよね

いや~このお姿だけでもモーゼスレイクの地にて
見ることができまして、感激ですね♪

それでは、これからグラント郡国際空港内に入りまして
交渉してみたいと思います。

かつて多くの日本航空パイロットが主にB747ジャンボジェット機の
実機による操縦訓練にて色々な思い出をモーゼスレイクで
刻んだことと思います。

一JALファンとして、また多くのJALファンが足を運んで下さる
ブログとして、頑張ってみました。



 

現在もグラント郡国際空港には空軍も利用していますので
ヘタにチョロチョロして捕まるわけにはいきませんので、

自分の語学力の無さは、よく分かっているので
事前に自分の伝えたい思いを一枚のペーパーにしまして
持っていきました。

ちょうど、空港ターミナルの外でタバコを吸う
男性がいらっしゃったので、お声かけしまして

日本からJALが訓練していた頃の風景を見たくて
就航初便でここまでやってきました

という感じで始まりまして

英語は得意じゃないけど、見学してもいいですか?
またJAL関連のものがあれば見せてほしい

撮影&ブログ掲載許可について箇条書きですが
書いたペーパーを渡して読んで頂きまして

向こうの方が、わざわざJALを見に日本から???
っていう感じで聞いてきたので…

日本からの小ネタグッズとして持っていきました
JALのジャンボジェットの模型を見せて納得していただきました。

787の模型は就航記念で入っていたやつですね。

ホント「JALのジャンボ」これに憧れていなかったら
ここまで来なかったですし、タヌキ猫にとっては
他社機のジャンボは、ぶっちゃけ…どーでもいいですから



 

ということで、すんなりとセキュリティのあるオフィスへと
通して頂けました。タヌキ猫のJAL愛が通じましたね♪

お名刺を頂きますとお名前と共に
AIRPORT DIRECTOR / 空港長 の肩書が…

偶然にも入口でお目にかかった人が
グラント郡国際空港の偉い方だったので
話がトントン拍子で進んだわけですね。

もう、ここまで来るとタヌキ猫の運というよりも
うちのブログをご覧の皆様の「熱意」が
モーゼスレイクに届いたなっていう感じでした。

ここからは、現在展示されておりません
日本航空関連の資料を見せて頂きました。

また、撮影に際しましてはブログにて
紹介しますが大丈夫ですか?と伺いまして
掲載許可を頂いております。

どうぞ、タヌキ猫のブログをご覧の皆様
在りし日の日本航空モーゼスレイク運航乗員訓練所
に思いを馳せて頂けたらなと思います。

そして、もしかしたらですが…
この訓練所に縁のあった皆様、2019年4月現在の
グラント郡国際空港を思い出と重ねて頂けたらなと思います。

日本の富士山と共に飾られていたのは
MRJ / 三菱リージョナルジェット の写真と
フライト時のパイロットのサインですね。

現在、型式証明のためにグラント郡国際空港には、
250名ものスタッフが詰めているそうです。

遠く日本からモーゼスレイクまで
ご苦労様です。なんとしてでも成功させないとね!!

こちらはモーゼスレイク運航乗員訓練所開設10年を
記念した昭和53年12月当時の日本航空取締役社長名での
感謝状ですね。

タヌキ猫は、まだ生まれていませんね…(汗)

もう、この長文から、日本航空のモーゼスレイクへの
感謝の気持ちと並々ならぬ「安全運航」への思い
を今、改めてブログ編集で読み返しながら感じました。

1968年の開設より10年を経過しまして
この訓練所で訓練を終了したパイロットは約4,300人だそうです。

空港長のオフィスに通していただきまして

日本航空のジャンボジェットの模型であったり

現在は片付けられていたジャンボジェットの写真を
出してきてくれました。

うわぁ~これはスゴイ!!もうタヌキ猫がJALを見ていた
時代はアーク塗装機が主流のジャノルでしたので
もう、スゲェーって言いっぱなしでした(笑)

もう、この姿を見ることはできませんが、
やっぱりJALが好きだからこそ、ここまで
やってこれたし、タヌキ猫を動かす原動力ですね。

空港長さんは、日本にも大変造詣が深く
鎌倉にも訪れたことがあるんですよと
撮影された写真を見せてくださいました。

ん~タヌキ猫が見る限りは…
これって「江の島」のような気が…
というのは余談ですが…

この管制塔を見てきた人も、もしかしたら
うちのブログをご覧の皆様の中にいらっしゃるかな?

ちょっと目を閉じてみて…

JALのジャンボと合わせてみたけど…
ゴメンナサイねぇ、いい歳したオッサンが

モーゼスレイクの空港でなにしとんねん?
っていう感じだけど、根っからのJAL好きでしてね(笑)

この鷹って、確か山形の米沢のだよね。
モーゼスレイクは山形県米沢市と姉妹都市関係
というのも関係しているかもしれませんね

この鶴は、間違いなく日本航空でしょう

日本人形とJALのエアプレーンですね。
さりげなく、日本人形の振袖のところに「鶴」♪

気になったのは、JALのエアプレーン
B787-8なんですが、シップナンバーJA822J
航空機登録は2012年なんですが、

モーゼスレイク運航乗員訓練所は
2009年3月をもって閉鎖となっているんですよねぇ

こちらの感謝状はモーゼスレイク運航乗員訓練所
開設20年を記念した感謝状にて

1988年11月付で日本航空 運航本部 取締役副部長名で
贈呈されていますね。

MRJ塗装のJAL機ってまだ、存在していないですからねぇ
この辺りは、MRJ関係の人が持ってきたのかな

いやぁ~この2ショット カッコいいなぁ~
ホント、この時代にこの写真を撮ることができたら
どれだけ、嬉しかったことか…泣けちゃいます…

こちらは県営名古屋空港とグラント郡国際空港
の姉妹空港提携の書類ですね。

愛知県知事名が今の知事さんですので
最近交わされたものですね。

オフィスエリアを出まして、ターミナル内へ
かつて、空港ターミナルとして使われていたエリアですね。

現在は、定期便運航はありませんので
ほぼ事務所として使われているようでした。

この棚に、かつて先ほど見せていただきました
日本航空関連資料が展示されていたそうです。

空港ターミナル外までお見送りしていただきまして
せっかくだからと、グーグルマップで地図を開いて
この建物が昔、JALが使っていた格納庫だから
行ってみたらって教えてくれました。

最後まで、ホント突然押し掛けたような形
ではありましたが、親切に対応して下さいました。

今回のモーゼスレイク訪問は対応してくださった
AIRPORT DIRECTOR / 空港長さんがいらっしゃらなければ
立ち行かなかったですね。

改めて、感謝すると共にJALの思い出を
話して下さった笑顔が忘れられません。

ありがとうございました!!名刺を頂戴しておりますので
お名前は把握しておりますが、あえて伏せさせて頂きます。

ガッチシ、握手をしての別れとなりました。



 

コーヒーショップもあったようなのですが…

既に営業時間外となってしまっていました。
店内には航空写真が飾られているようで手前の方に
MRJらしき写真もあったので、

これは、もうちょっと早くに来ればよかったなぁ
と後悔してしまいました。

さぁ、説明してもらった通りに
駐車場の先の入口から

まーっすぐ歩きます。
(ターミナルビルからだと、駐車場十字路を左折)

三菱航空機の事務所ですね。
頑張って、日本の空で待ってるぞ!!

到着しました、こちらの格納庫(ハンガー)が
日本航空がモーゼスレイク運航乗員訓練所
を開設している時に使っていたものです。

なんか、白い覆いが増えていますが、出発前に
この画を見たことがありますね。

尾翼の鶴丸が格納庫内に収まらなくて
チョコッと出ちゃってる格納庫ね

いやぁ~我ながら、JALが好きでここまで
来ちゃったよなぁ~(笑)

自分でも凄いなって思いますよ
英語もロクにしゃべれないのに、よく
さっきの難局乗り切ったなって…

ホント英語堪能だったら、そりゃ~おしゃべり
好きですから、ずーっとしゃべれたのにね…

よし、ここはモーゼスレイクの空に

再びの鶴丸ジャンボを!!イメージ的には
RWY 32Rより着陸でございます(泣)

いや~この格納庫だけでも見れて良かったですし

これを見て、うちのブログをご覧の方なら
懐かしく思ってくださる方いらっしゃると思います。

さすがに中に入る訳にはいきませんので
ここまでですが…

いや~この空をかつて日本航空のジャンボジェットが
飛んでいたと思うだけでも、胸が高鳴りますね

再びの管制塔

モニュメントもありました。

空港ターミナルを離れる前に
最後にJALのジャンボで一枚

787でと撮影しまして

グラント郡国際空港ターミナルをあとにします。

MRJ / 三菱リージョナルジェット 頑張れよ!!
モーゼスレイクの空から、また日本の空で
お目にかかれるのを、楽しみに待ってるからな!!



 

手元にAIRPORT DIAGRAM がありましたので
空港周辺を車で回ってみようかなとも思ったのですが

なにせ、大きな空港敷地な上に空軍も利用
ということで…

一番長い滑走路 14L / 32R へ
RWY 32R の先の道路からの撮影ですが

向こうに見えるのが先ほど近くまで行った
日本航空の利用していた格納庫ですね。

管制塔です。

RWY 32R に着陸ですと、この方角から進入しまして

滑走路へと降りていくわけですね。

あんな小さいから訓練機かと思いきや
フェデックスの貨物みたいですね…

ん~ここは、ブログをご覧の皆様に
ジャンボジェットの4発機が降りてくる光景
を見せたい!!とタヌキ猫ですから

タヌキも猫も「変化術」を持ってるじゃない?
平成狸合戦ぽんぽこではございませんが…

化け術、使わせて頂きます…
っていうのは冗談ですが(笑)

RWY 14L に向けて降下する着陸機あり
エンジン4発だなぁ

さすがにジャンボジェットじゃないだろうけどね

実は、MRJは2機いたんですよね。
もしかしたら…と思ったのですが
MRJは双発機ですからね…

ほんで、無事の着陸

ジャンボジェットからしたら、随分と細いけど…

ん?どちらさんだろう…結構望遠で目を凝らして
見てみると…

OMEGA TANKER / N707MQ とあり
空中給油もできる給油機のようですね。

アラアラ、最後に貴重なものを見させて頂きました。

最後にRWY 14L / 32R の進入灯を撮影しまして
今回のモーゼスレイクにての
JALの歴史を訪ねる回を終えたいと思います。

1968年に日本航空が開設しました
モーゼスレイク運航乗員訓練所は

40年の長きにわたって主にジャンボジェットの
操縦訓練の地として活躍してきました。

2009年3月に閉鎖されるまでに
ここで学んだ日本航空のパイロットも
多かったと思いますし、今も現役で飛んでいる
方もいらっしゃるのではないでしょうか。



 

今回の記事は、純粋にタヌキ猫が
JALのジャンボジェットが好きというところ
から始まりまして、思い切っていくことにしました。

多くの方が「モーゼスレイクってどこ?」
というところから始まるかと思いますが、

ぜひ、こんな歴史があったというのを
一JALファンとして多くの方にお見せしたかったですし、

もしかしたら、懐かしんでくれる人も中には
居てくれるかもしれないという思いから
ターミナル内での見学など果敢に突っ込めたと思います。

今回の訪問はタヌキ猫にとっては
JALシアトル線就航便で訪れたからこそ
意味があったと強く思っています。

JALファンとしては、自分のブログでこうやって
ご紹介できたことを嬉しく思いますし

なによりも、グラント郡国際空港の方が
快く時間を作って下さいまして
日本航空の思い出話に付き合ってくれたのが
嬉しかったですね♪

日本から持っていた自前のJAL B747 ジャンボジェット
のエアプレーンがこんなに活躍しようとは…

大変、有意義な時間を過ごすことができました。

次回はモーゼスレイク/グラント郡国際空港より
一気にシアトル・タコマ国際空港を目指します。

どうぞ、次回の更新をお楽しみに♪

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼

JAL 日本航空 国際線航空券

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–

 - シアトル旅行記 , , , , , , ,