*

羽田空港 米国路線発着枠配分が決定!!

      2016/08/23

タヌキ猫です。羽田空港国際線 米国路線を巡る
日本側発着枠配分が決定しました!!
既に日米航空交渉の結果により、日本側は
昼間時間帯(6時~23時) 「4」 深夜早朝時間帯(22時~7時) 「1」
と決定していましたが、この配分を巡る争奪戦に決着がつきました。
4/26付発表によりますと日本航空 「2」枠 ・ 全日本空輸 「4」枠
という結果に終わりました。
この数字だけ見ても、ANAへの傾斜配分がお分かりいただけるかと
思いますが、実は日本航空・全日本空輸ともに米国路線における
深夜早朝時間帯枠をそれぞれ「2」枠有しており、単純に昼時間帯へ

移行する旨、事前に発表されていましたので、フタを開けてみれば
日本航空 「0」枠 ・ 全日本空輸 「2」枠
とJALにとっては完敗な結果となりました。

2016年04月現在、羽田空港国際線 米国路線深夜早朝時間帯
発着枠はJAL・ANAともに「2」枠を有しており・・・
JAL サンフランシスコ(JL002/001) ホノルル(JL080/089)
ANA ロサンゼルス ホノルル
と就航していましたが、昼時間帯へ移行となりますので、
JAL・ANA共に、就航地の変更をしてくるものと思われます。
JALでは、ニューヨーク線(JL006/JL005)を成田から移行してくるのが
ほぼ確定的とみられ、皆さんから頂いているコメントを見ると、
シカゴ線(JL010/JL009)の成田からの移行が濃厚なようです。
タヌキ猫としては、ロサンゼルス線(JL062/JL061)の移行かなと
思っていたのですが、同じワンワールドアライアンスメンバーの
アメリカン航空がロサンゼルス(既存)+ダラス・フォートワース線
の申請をしていまして、仮に2枠アメリカン航空が確保できたと
するならば、JALはシカゴ線となるのでしょうが・・・
どうでしょうか・・・。既に、羽田-ロサンゼルス線は他社便でも
開設されていることなのですが・・・(汗)
いずれの路線(JFK・ORD・LAX)においてもJL&AAでは
同じワンワールドアライアンスにて、相互に運航していますので、
どの路線が成田から羽田へ移管したとしても、いわゆる「成田縛り」
と言われる紳士協定違反にはなりません。
それでは、続きより、今回の配分結果についてタヌキ猫の気持ちを
オブラートに包んでいるつもりで、隠しきれない思いで
書かせていただきます。

 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>


 ブログをご覧の皆様、今回の結果をどうご覧になりましたでしょうか?
 もう既に、タヌキ猫がブログ記事を上げる前より、コメントを頂いている
 ところをみると、やはり「ANAへの傾斜配分」としか言いようがありません。
 とはいえ、羽田空港を巡る国内線・国際線発着枠のANAへの
 過度な傾斜配分を見せつけられている経緯からすれば・・・
 今回も、ご大層なお題目をつけての傾斜配分の正当化かよ
 なんて、思わずにはいれませんね。
 前回までの傾斜配分をなされてきました国土交通省・航空局長も
 観光庁長官に転出されまして、新しい局長を迎えての発着枠配分
 でしたが、全くもって、なんのオモシロミもなく・・・。
 事実上「2」枠 (昼間時間帯(6時~23時)「1」枠 ・ 深夜早朝時間帯(22時~7時)「1」枠)
 を争う形となりまして、使い勝手でも収益面でも魅力的な昼時間帯を
 ANAが、昼時間帯に比べると劣る深夜早朝時間帯をJALという形にて
 先の羽田空港国際線発着枠の目を覆いたくなるような傾斜配分より
 米国路線発着枠は、均等にとの情報は、なんだったのでしょうか?
 JALでは、先の発着枠配分の結果について、国を相手に法廷闘争へ
 打って出る構えを示し、そのこぶしを振り抑えた経緯があり、
 米国路線発着枠にて、なにかしらの事があったものとは
 思っていたのですが・・・(汗)
 今回の国土交通省発表により、JALでは
 「配分を決めるのは国交省であって、仕方がないが、残念」
 との声明を発表し、対するANAは「深く感謝したい」とのコメントを出した
 そうでして、ANA社長のコメントとのことですが、どうもひっかかりますね。
 既に「2」枠(移行分を除く枠)は、当然のことながら、ANAがもらって
 当たり前と言わんばかりにタヌキ猫は感じました。
 今まで、JAL再建に関する公的支援への代償としてANAが強硬に
 傾斜配分を主張する根拠となった、いわゆる「8.10ペーパー」
 JLの現中期経営計画に盛り込まれていない新規路線の開設は
 「抑制的に」判断することを旨とするものの、今回の発着枠配分は
 新規路線ではなく、増便扱いとなるため、主張の根拠すらありません。
 これも、飛ぶ鳥落とす勢いのあるANAだからこそ成せる技でしょう。
 2017年3月まで、JALは8.10ペーパーの「縛り」によって
 身動きが取れませんが、なんとしてでもJALが動けないうちに
 ANAが、先手必勝にて、かなり背伸びをしてきました。
 ここにきて、数字の上でも「?」と感じるところが出てきましたね。
 これは、ANA自体も気づいていることと思います。
 急成長・急拡大の裏では、必ず「歪み」が生まれます。
 今、ANAというシップは、順風満帆 意気揚々とかなりの急角度にて
 離陸・上昇をしています。
 あまりに角度がキツくなると、飛行機は・・・となります。
 A380という、ANAにとっては「お荷物」の飛行機をどうしていくのか。
 いろんな意味でこれからのANAに注目をしたいと書けば
 いいのでしょうが・・・
IMG_8009_convert_20160410214956.jpg
 タヌキ猫は、どうひっくり返しても「JAL派」ですので、この逆境をバネに
 むしろ8.10ペーパーは飛躍への充電期間をいう思いで
 頑張って頂ければなと思います。
 タヌキ猫は、今までも、そしてこれからも、JALを応援します!!
 今回は、羽田空港米国路線を巡る発着枠配分について
 やっぱりね、そうだろうね・・・という結果ではありましたが、
 配分決定について書いてみました。
 配分された発着枠にて、どこに就航するかなどの発表がありましたら、
 タヌキ猫のブログでも書ければなと思います。
 タヌキ猫でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>

 - JALネタ