*

茨城空港 中国国際航空 就航決定

      2016/08/23

タヌキ猫です。茨城空港に中国国際航空が就航することが発表
されました。
週2便(土・日)にて杭州と結びます。
フライトスケジュールはご覧のとおりです。
茨城 18:00 - 杭州 20:20
杭州 13:00 - 茨城 17:00 (A319にて運航)
中国南方航空 茨城-深セン線 開設へ  ということで
国内線:スカイマーク1社に対し、
国際線:春秋航空・中国南方航空・中国国際航空
3社共、中国勢という有様です。
関東防衛の要である「百里基地」に、こうも中国勢となると、
脅威に感じる方も少なからず、いらっしゃることと思います。
茨城県も随分とご苦労されているようですが、タヌキ猫も茨城空港
へ行ったことは何度もありますが、とても、茨城県にお金を落とすと

いうよりも、ただの通過地点に他ならず、全く思惑と外れている
光景を目の当たりにしますね・・・。(←これは訪れるたびに強く感じます)
DSC03126_convert_20150730153724.jpg
 (写真は羽田空港にて中国国際航空機です※使用機材は異なります))
現状、茨城県は唯一の国内線就航のスカイマークに着陸料半額補助
など、破格の補助金をつけまして、端から見ても
ズブズブ・・・ってほど音が聞こえるほどのつなぎとめに躍起に
なっていますね。
これで、スカイマークに逃げられたら、開港前から百里基地の増強
と揶揄されてきたどころか、航空自衛隊基地をわざわざ中国に提供
しているようなものと、言われてもいいわけができない状況になります。
圏央道が常磐自動車道と東関東自動車道と接続しまして、成田空港までの
アクセスは飛躍的に改善されました。
未だに、茨城空港のアクセスをチェックしてみると、意図的に成田空港への
アクセス他、高速道未整備のように受け取れますが、ここまでくると、
もはや、茨城空港の存在意義は無くなったといっても過言ではないでしょう。
開港前は、LCC専用ターミナルという「夢」に向かい、
当時は成田はLCCターミナルは作らない、羽田はLCCが入るスキがない
ということで、茨城空港がニッチを攻めていく戦術が描かれたものですが、
フタを開けてみれば、成田には、ごっせりとLCCの山・・・。
羽田発着枠再編に伴い、雪崩を打って「羽田回帰」に動いている今、
成田では「第三滑走路建設」に向けて、成田市をはじめ、かなりの焦りの色
を感じます。
かくも情勢が変わりまして、茨城空港開港前からリポートしてきましたが、
揶揄されようとも、百里基地増強の為でしたで決断する時がきているのかも
しれませんね・・・。
タヌキ猫のブログには、結構、茨城県からのアクセスがあり、
無礼は承知の上にて・・・「散り際はご自身でお決めになられたら」
と思います。
東日本大震災時における仙台空港津波による被災にて
代替空港機能として福島空港が活用され、それまでは廃港やむなし
とまで言われていましたが、今、言う人はいなくなりました。
かといって、茨城空港が成田空港もしくは羽田空港の代替になる
かといえば、 答えは「NO」
ブッシュバックさせるトーイングカーありませんから・・・(汗)
タヌキ猫も、ここまで成田空港がLCCに力を入れるとは、当時の社長
の言葉を聞く限りは思いもしませんでしたからねぇ・・・。
気の毒といえば気の毒ですが・・・。かなり内容が逸脱してしまいましたが、
茨城空港に、新たに中国路線が増えるというお話でした。
タヌキ猫でした。

 - 空港ネタ