*

ANA 再びのシドニー線へ参戦!!

      2016/08/23

タヌキ猫です。このほどANAより羽田-シドニー線 開設
アナウンスが入りました。
タヌキ猫の記憶だと、シドニーにまだANAが航路を持っていた時代に
ホテルを所有していたかと思いますが・・・。
随分と前に撤退したイメージしかありませんでしたが、今回の開設で
使用します機材はB787-9ということで、今までの機材では
コスト面で難しかったものの、この機材ならば、採算が合うと踏んだ
ものと思われます。
報道によれば、ANAシドニー線は1987年11月 成田-シドニー線開設
に始まり、往路をブリズベン経由に変更するなどあったものの
1998年6月まで運航されていたそうです。
関空からは1994年11月、往路ブリスベン経由のシドニー便を
運航開始したものの、1999年3月をもって撤退となっています。
これ以降、ANA自社便運航によるシドニー線は実に約17年近く
ありませんでした。

 (羽田空港にてANA機です。当該機のB787-9ではありません)
ANA 羽田-シドニー線の開設は2015年12月11日よりディリー運航にて
NH879 HND 22:10 - SYD 09:35 +1
NH880 SYD 21:30 - HND 05:05 +1

ご覧のフライトスケジュールにて、運航される予定となっています。
オーストラリア・シドニー線といえば、カンタス航空・日本航空の
ワンワールドアライアンスで固めていただけに、全日本空輸の
再びの参戦で、風穴を空けられた感がありますが・・・。
続きからは、JAL派のタヌキ猫ですから、今回のANA参戦について
オブラートに書いてみたいと思います。

 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
 <<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>


 今回、ANAは、羽田空港よりシドニー線を開設することとなりました。
 羽田空港の深夜早朝枠を活用しての発着枠にて敵ながら見事
 なフライトスケジュールを組まれたなと思います。
 既存の成田-シドニー線では、
 日本航空(777-200ER)カンタス航空(B747-400)が運航しており、

 カンタス航空はシドニー線を2015年08月01日より羽田空港へシフト
 させます。
 カンタス航空 羽田はシドニー・成田はブリズベンへ
 ということで、同じく2015年08月01日よりは成田-ブリズベン線
 を開設する予定となっています。
 まずは、日本航空と比べてみましょう
 (2015年10月25日以降 冬スケジュールによれば・・・)
 JL771 NRT 19:35 - SYD 07:20 +1
 JL772 SYD 09:15 - NRT 17:05 +1

  NH879 HND 22:10 - SYD 09:35 +1
  NH880 SYD 21:30 - HND 05:05 +1
 仕事終わりで行くならば、NH879の方が利便性がいいですね。
 また、復路のSYD発でも、JL772便は、09:15発ということで、
 早朝にシドニー市内から空港へ移動する必要がありますので、
 JAL派のタヌキ猫でも、使いづらいなぁ~と思っていました。
 NH890のフライトスケジュールを見る限りだと、遊べる時間が
 結構増えるんですよね~♪
 これはイタイなぁ・・・(滝汗)
 また、JALは冬スケジュール(10/25~)期間中は、昨年同様に
 フランクフルト線のB777-300ERを持ってくる形にて、
 F/C/PY/Yの4クラスで挑みます。そこへ今回のANA参戦ですから、
 大丈夫かな~と心配してしまいます。
 シートでいけば、ANAに負けるとは思いませんが、
 B787-9という新造機にどこまで、踏ん張ることができるか・・・。
 (夏スケ以降は、おそらくJALはB777-200ERに戻すでしょうから、キツイですね)
 (B787-8っていう手もありますが・・・)
 次にカンタス航空と比べてみましょう。
 2015年08月01日より、成田-シドニー線がシフトする形にて
 B747-400にて、羽田よりシドニー就航を予定しています。
 カンタス航空 羽田-シドニー線就航&成田-ブリズベン線就航へ
 2015年08月01日~(ディリー運航)
  QF026 HND 22:00 - SYD 08:30 (+1)
  QF025 SYD 20:40 - HND 05:30 (+1)

    NH879 HND 22:10 - SYD 09:35 +1
    NH880 SYD 21:30 - HND 05:05 +1
 2015年10月04日以降はシドニー発着時間に+1時間となりますので、
 ANAが就航するころには、ほとんど同時刻にシドニー線が運航
 されることとなります。
 かたやQF/B747-400 かたやNH/B787-9
 なかなか、悩ましいですねぇ・・・。
 羽田着で、30分の差がついていますが、意外とこの差が
 大きいかもしれませんね。
 羽田へ降りるのは、混雑することなく降りれますが、
 問題は、羽田から移動する際の電車なんですよね。
 朝の通勤ラッシュの京急なんか乗りたくないですもの(笑)
 それを考えてみても、ANAうまいことやったなぁ~と感心します。
 JLとQFは、同じワンワールドアライアンスメンバーではありますが、
 かつてほど、コードシェアだなんだってやっていませんからねぇ・・・。
 オーストラリアは、タヌキ猫にとって、大好きなところでもありますので、
 日本航空・カンタス航空には頑張ってもらいたいところですが・・・。
 ちなみに、ANAのシドニーにおけるインターライン契約は
 ヴァージン・オーストラリアと契約を結んだそうです。

 それにしても、2015年度におけるANAの新規開設は
 ヒューストン、クアラルンプール、ブリュッセルに続きシドニーと
 いうことで、目覚ましいものがありますよね~。
 それも、2016年度まで国土交通省より縛りのある通称8.10ペーパー
 なるもので、JALが雁字搦めにされている間に、先手を打つという
 ANAの戦術以外の何物でもありませんが・・・。
 JALでも、一時期、ミラノ線復活やら、オーストラリア線新規開設
 やら、話が上がりましたが、今となっては成りを潜めている状況です。
 2016年度までの縛りが無くなるのを、
 ジッと待っているのかもしれませんが、
 ANAが手を緩める気配はありませんね・・・(汗)
 今回は、JAL派のタヌキ猫からみたANAの新規開設ということで、
 ANAファンの皆様には、ご不快な部分もあったかと思いますが、
 これでも、オブラートに包んでお送りしました。
 日豪EPA(経済連携協定)締結により、ビジネス需要の高まりを
 見せつつあるシドニー線ですが、今回の開設が凶と出るか吉と出るか
 B787-9という魅力ある機材がどこまで活躍するのかを
 注目したいと思います。
 タヌキ猫でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>

 - 飛行機ネタ