*

羽田空港 国際線発着枠 日中協議にて合意!!

      2016/08/23

タヌキ猫です。このほど、日中航空非公式協議において
羽田空港の昼間時間帯路線について、2015年10月末より
日中双方の航空企業が運航開始することに合意しました。
先の羽田空港国際線発着枠拡大の際は、枠こそは決まっていたものの
その後の尖閣諸島を巡る両国の関係悪化に伴い、停滞していた
のは、ご存じの方も多いかと思います。
同じく米国線に関しても、暗礁に乗り上げていますが、どちらかというと
米国路線の方が先に決まると思いきや、中国が先とは
違った意味で驚いています・・・(汗)
DSC03753_convert_20140824184943.jpg
さて、今回の協議において合意した内容はこちらです。
羽田 = 北京 日中双方2便/日ずつ
 羽田 = 上海 日中双方2便/日ずつ
 羽田 = 広州 日中双方2便/日ずつ

各路線1日4便の発着枠があり、日本と中国それぞれが2便ずつを得る
形となります。
既にJALは3路線すべてに就航を希望とのことで、
ANAに関しては今後検討していきたいとのことです。
(日中各社がどこまで権利を行使してくるのかが注目ですね)
 (中国勢の方が航空会社が多いので大変かも・・・(汗)
中国路線というと、ANAの方が充実しているイメージもありますし、
日中関係が悪化した時の影響は、どれだけ大きいかも
知っていますからね・・・。
羽田空港の深夜早朝時間帯路線、成田空港路線について、
航空企業の準備が整い次第、早ければ
2015年夏期スケジュール中にも運航開始することに合意
とのことですので、今後、新規フライトスケジュールの発表等ありましたら、
タヌキ猫のブログでもアナウンスできればなと思います。
それにしても、2012年8月に日中間で航空関係の枠組み
の拡大について合意してから、何年でしょうか・・・。
ようやく日中間の航空協議の懸案も見通しがつきまして、
いよいよ、残すは米国路線ですね・・・。
こちらは・・・どうだろうなぁ・・・
色々な思惑が各社入り混じっておりますが・・・(汗)
今回の記事は、国土交通省航空局プレスリリースの内容を
ベースにお伝えしました。
タヌキ猫でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>

 - 成田・羽田空港ネタ