*

JAL 経費削減への取り組み その後・・・

      2016/08/23

タヌキ猫です。今回はJALの経費削減への取り組み その後と題しまして
以前、取り上げさせていただきましたJAL機装ビル・非常救難訓練センター
の跡地の模様と、成田空港のかつて所有していた整備ドックのその後に
ついて書いてみたいと思います。
DSC01811_convert_20140507161111.jpg
 (写真は2014年5月4日撮影したものです)
タヌキ猫のブログでも何度か取り上げてきましたJAL機装ビル
教育センターなどが入っておりまして、モックアップなどの設備があり、
訓練が行われていた施設ですが・・・
DSC03761_convert_20140824185102.jpg
 (写真は2014年8月23日撮影したものです)
夏には解体工事が進みまして・・・
DSC06090_convert_20150129144445.jpg
(写真は2015年1月24日撮影したものです)
昨年末には、既に更地になっていたかと思いますが、今回こうして
写真に収めることとなりました。
DSC06091_convert_20150129144512.jpg
こうしてみると、随分と広い敷地だったんですねぇ~。
一部報道では、跡地利用として、リムジンバスの駐車場になるとの話も
聞こえますが、この辺は未確定の話のようですね・・・。
それでは、続きからご覧ください。
JAL 日本航空
「明日の空へ、日本の翼」

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪


DSC01818_convert_20140507161248.jpg
 (2014年5月4日撮影したものです)
 かつて、JAL非常救難訓練センターのあった
DSC01817_convert_20140507161229.jpg
 (2014年5月4日撮影したものです)
 こちらの建物も・・・
DSC03758_convert_20140824185030.jpg
 (写真は2014年8月23日撮影したものです)
 8月になる前には、取り壊しが完了していたかと思います。
DSC06092_convert_20150129144531.jpg
 (写真は2015年1月24日撮影したものです)
 もう更地になっていましたね。
DSC06126_convert_20150203221731.jpg
 機装ビル内にありました教育センターは第一テクニカルセンターへ
 非常救難訓練センターは第二テクニカルセンターへと集約されました。
 非常救難訓練センターに関しては、B747ジャンボジェットのシュミレーター
 があった場所が退役により使われなくなりましたので、そのスペースを
 有効活用したとのこと。
 規模は縮小してしまいましたが、安全に対する思いは変わっていません。
 今まであった訓練施設は、老朽化していましたので、集約による
 効率化が図られるでしょうし、教育センターもモックアップを含めまして
 隣の第一テクニカルセンターへと移転しましたので、今まで以上に

 訓練施設が一体化しましたので、効率がアップしたのではないでしょうか。
DSC00876_convert_20140303235902.jpg 
 (写真は、成田空港にて第一・第二・第三ハンガーを撮影したものです)
 一方、成田空港では、B747整備用で建設された第2、第3 ハンガーを返却
 するなどしておりましたが・・・

 第三ハンガーは複数年契約にてデルタ航空が使用することとなりました。
 第二ハンガーは、ビジネスジェット格納庫としてAGPが賃貸契約を2/1から
 利用するものとしています。
 ※ハンガー名称があやふやですが・・・(汗)
 以前、ちょっと触れた内容だったので、その後どうなったかを
 まとめてみました。
 JALでは、規模縮小により過大になってしまった施設を統廃合し、
 着実に一歩一歩前進しています。
 今後も「量」を求めるのではなく「質」を求めるとのことですので、
 高望みすることなく、一歩一歩、積み重ねるJALを応援したいと思います。
 タヌキ猫でした。
 JAL 日本航空
 「明日の空へ、日本の翼」

  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪

 - 成田・羽田空港ネタ