*

JAL オンライン決済不正検知サービス「CAFIS Brain」を採用

      2016/08/23

タヌキ猫です。JALでは、このほどオンライン航空券予約の不正取引を防止
する観点から、試験運用しておりましたNTTデータのオンライン決済不正
検知サービス「CAFIS Brain」を正式採用することとなりました。
近年、情報漏えいやフィッシングなどで不正に取得された個人情報などを
利用したオンライン上での”なりすまし”による不正取引手口が巧妙化
しており、こうした手口への対応は急務となっております。
ぜひ、JALには、こういった取り組みをこれからも続けてもらいたいですね。
 (詳細等はJALプレスリリースにてご確認ください)
JALがNTTデータのオンライン決済
不正検知サービス「CAFIS Brain」を採用

DSC04645_convert_20141219161445.jpg
情報漏えいということで、2014年9月にJALでは顧客情報システムへの
不正アクセスによるJALマイレージバンク(JMB)会員のお客さま情報
の漏えいが発覚しました。
このほど、社内調査が完了したということで、JMB会員の皆様は既に
サイト等で案内がきていることと思います。
JMB会員の一部(4,131名様)のお客さま情報につきまして
○会員番号(お得意様番号)
○入会年月日
○お名前
○生年月日
○性別
○ご自宅(日本国内の郵便番号・ご住所・お電話番号・FAX番号)
(日本国外の郵便番号・ご住所・お電話番号・FAX番号の漏えいはありませんでした)
○ご勤務先(会社名、ご所属部門名、お役職、日本国内の郵便番号・ご住所・お電話番号(内線))
(日本国外の郵便番号・ご住所・お電話番号(内線)の漏えいはありませんでした)
○電子メールアドレス(パソコン、携帯メール)
※クレジットカード番号、JMBパスワードの漏えいはありませんでした

上記の内容の漏えいが確認されました。
当初、発表されていた数字よりも、かなり少ないですが、
漏れたことには変わりありません。
今後、より一層の個人情報管理の徹底が求められますね。
タヌキ猫でした。
JAL 日本航空
「明日の空へ、日本の翼」

  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪

 - JALネタ