*

ペンギンパレード + ワイルドライフパーク ツアー 編

      2017/09/14

タヌキ猫です。JALメルボルン線就航便で行くメルボルン旅行記
10 ペンギンパレード + ワイルドライフパーク ツアー 編 (3日目)をお送りします。

当初、レンタカーでペンギンパレードのあるフィリップ島まで
アクセスするのもいいかなと思っていたのですが、ペンギンパレード
の行われる時間は日没ということで、メルボルンに帰る頃には
真っ暗になってしまうということで、ツアー参加にすることにしました。

今回も、ベルトラ経由のオプショナルツアーをチョイスしたのですが…
ペンギンパレード+ワイルドライフパーク なるほど・ザ・ペンギン
日本語観光ツアー by Mr John Tours

icon

ということで、前回のグレートオーシャンツアーに引き続き
Mr John Tours でお願いしました。

リコンファームが必要なツアーではありますが、前日に同じ
ツアー催行会社での予約を入れているということで、事前に
ベルトラ経由で連絡しておいて、参加時にリコンファームの確認
ができるように手配をしておきました。

VELTRA
他にも色々なツアーがありますので、比較していただけたらなと思いますが…

今回、ツアーの集合場所は宿泊ホテルではなく、歩いて5分のところにある
Holiday Inn On Findersへ

日没時間に合わせてとなりますので、通年を通しても集合時間等
また解散時間が異なるペンギンツアーですが、この日の集合は14:00

少し前にツアーバスが到着。ガイド兼ドライバーはロジャーさんです。
日本語も堪能でした。

と、ここで、皆さん集合したところでガイドさんから
ペンギンパレードのあるツアー施設が壊れているために
ツアー催行がどうなるか確認中とのお話が・・・(エェ!!!)

とりあえず、もう一カ所ピックアップポイントがあるので
ブロックアーケード周辺に移動しまして、皆さんそろったところで
代表のジョンさんも加わっての、ツアー催行が可能かどうかの判断…(汗)

なんでも、前日に強風により、ペンギンツアーの行われる施設の屋根が
剥がれてしまったとかで、施設がクローズになってしまっているんだとか…。

催行会社からは、このまま全額返金でツアー中止とするか
行ける所まで行って、後は代替地のご案内とするか

という提案がありまして、日程に余裕があるわけではないので、
このまま行ってみよう!!ということでタヌキ猫は続行。

日程に余裕がある方は、別日に変更などで降りる方もいましたが
ほとんどの方はそのまま参加

ということで、ツアーは催行とはなりましたが、本来とは
異なる内容となっておりますので、ご参考頂く皆様、
だいぶ違う内容になりますのでご注意くださいませ。

写真に映っている建物はテニスの会場って言ってたかな

まぁ、メルボルンのお天気は、ホント変わりやすい!!
出発するころは、晴れていたのにねぇ・・・途中雨が降ったり
ツアー内容もオオトリのペンギンツアーが雲行きが怪しい
ということでしたが・・・

そうね、お天道様は見ているのよ…虹が出てきて元気出せよ!!ってか

このあたり、ドライブ気持ちいいんだろうなぁ~でもなぁ…
タヌキ猫は、結構ガンガンアクセス踏んじゃうのよねぇ(汗)

メルボルンは、ホントスピード違反が厳格に適用されるということで
ん~、まずもって、罰金取られる可能性が大なタヌキ猫…

ツアー参加で良かったと思います…。

そうそう、オーストラリアといえば、コレだよね!!

ちょっと分かりづらいですが、虹のダブルアーチなんです♪♪♪
きっと、なにかいいことがあるよね!!

自然動物園到着ということでMaru Koara Parkに到着

ちなみに、メルボルンしないからコアラパークまではトイレ休憩
はありません。

ペンギンパレードの行われる施設がクローズというイレギュラー対応
もありましたが、ここまで出発から1時間半とかかっていませんので、
本来は1時間くらいでアクセスできるところなんだと思います。

タヌキ猫は、午前中、メルボルン市内のカフェ巡りでけっこう
飲み物を頂いていたので、トイレが間に合って良かったですけどね(笑)

クジャクですね、ジュディーオングみたいに羽を広げてくれると
ブログ的にはウレシイのですが…。

そうそう、うまくいくもんじゃないわよ。

それではMaru Koara Parkへ行ってみたいと思います♪

餌付け体験をできるということでエサを2$で購入。
結構、量があるのでツアーの方とシェアしてもいいですよね。

最初にコアラと撮影されたい方は20$って言ったかな
撮影タイムがあります。

タヌキ猫は、もう何度となくオーストラリアで撮影していますので、
ワラビーを凝視(笑)

やっぱ、カワイイ!!

カンガルーよりも小さくて、タヌキ猫はオーストラリアで
一番会いたい動物かな♪♪♪

こちらはコアラ

アッ起きてるね

こっちは、ぐっすりお休みタイム(笑)

オーストラリアといえば、カンガルーお馴染みのカンガルーと言えば
赤カンガルーですが、人間よりも大きいのよ…

デケェよ!!

こちらにもワラビーエリアが

エェ!!真っ白のワラビー初めて見たぁ

やっぱりワラビーの方が好きかな~

ディンゴのいるエリアもありまして

パァッと見、ワンコですが、オオカミです(汗)

最も、タヌキ猫はワンコよりもニャンコなんですが(笑)

エミューですね。カンガルーと一緒にオーストラリアの国章に描かれていますが
両動物共に、自分で後ろに下がることができません。

ということで、前進あるのみということで国章に採用されているんだとか。
となると…飛行機もバックは自力ではできないわね…

なんて余計なことを考えてしまうタヌキ猫

うわぁ~ここには白いカンガルーもいるんだぁ!!珍しいね

向こうにはワラビーの姿も

アルパカもいたりと、レパートリーに富んでおります。
アルパカは気分屋だから、近づきませんでしたが…

オヤジ~!!イカついなぁ(笑)
しっぽが第三の足と言われるように、すっごく太いでしょ?

早く、餌くれよって言っているような感じ

パーク自体は、そんなには広くはありませんが、
白いカンガルーにワラビーといますので
珍しさではオモシロいですよね♪

赤ちゃんが入っているのかな?

めっちゃ、餌をねだるねぇ~、この時間で良かったですよね。
これがお昼寝タイムになっちゃうと、ホントテレビの前で寝転がる
オヤジそのものっていう光景が広がりますからね(笑)
(いっそ、掃除機ですったろかって思う奥様もいたりして(苦笑))

白いカンガルーもやってきました。写真では撮っていませんが、
エサの争奪戦でカンガルー同士でパンチは…
結構迫力ありますよね…大概どこへ行ってもありますが。

見てみて!!袋からしっぽだけチョロッと出てる♪

あぁ!!!あっちのワラビーの袋からは赤ちゃんが♪

めっちゃカワイイ!!もうメロメロですよね(笑)

こちらのエリアには

おぉタスマニアデビル!!結構、狂暴なようですが…

あれあれ、こんなカワイイ寝姿(笑)。
そりゃ~うちの愛猫には敵わないけど、寝顔をみることができました。

タスマニア島が意外というか、結構メルボルンから近い
ということで、今、かなりこのワードが急浮上しています(キランッ♪)

ということで外のエリアへ

規模としては、今まで行った中でもそんなに広くはなかったですが、
白いカンガルー&ワラビーを見ることができたのは
ここが初めてだったような気がします。

んんん?このズモッとしたお姿はウォンバット!!
これもなかなか見る機会無いもんねぇ

でもタヌキ猫がオーストラリアで好きなのは

ワラビーかな♪爪はグロイんだけどね(笑)

ワライカワセミですね。

コアラパークを後にしまして、一路フィリップ島へ
看板にもペンギンパレードの写真があるでしょ?

あの橋を渡りますとフィリップ島です。

なんだろう?飛行場かな?

ツアーですと、チョコレート工場にも立ち寄る予定だったのですが、
今回イレギュラーということで、立ち寄らずにもう一つ
代替ポイントに行くことになりました。

ペンギンパレードの看板も出ていますね。

この先で、係の方が立っていて、ペンギンパレードの施設はクローズという
案内をされていましたね。

レンタカーを借りて一人だったら、ここに来るまでは知らずに
来る羽目になってたわね…。

この左手がペンギンパレードの行われる施設です。入口には係員が立っており
クローズの案内をしていました。

タヌキ猫は確認しませんでしたが、ツアーでご一緒した方いわく、
建物に青いビニールシートがかけられていたねって言ってましたね。

後日談ではありますが、施設はクローズなものの翌日から
ペンギンパレードは再開となったそうです。

今回、訪れることはできませんでしたが、これも旅よ!!!
全部が全部思い通りにいく旅行なんてありえないからね。

また、来りゃ~いいのよ!!

Penguin Parade



 

 
さて、今回は、強風による施設クローズにてペンギンパレード中止という
イレギュラーが発生しましたが、ここからは本来のツアー内容とは異なる
代替地へ行くことに…

このまま岬の方まで行くこととなりました。

カンガルー注意の看板

アラッ早くもワラビーのご登場

そろそろ到着のようです。

ノビーズ(Nobbies)というところのようですが、結構風景がいいですよね♪
チョコレート工場を行かなかったのは、この岬に通じる道が
遅い時間になるとクローズになるためなんですよね。

しばし、イレギュラーで訪れましたノビーズ(Nobbies)の光景を
お楽しみください。

こちらは立ち寄りませんでしたが、トイレがあります。

結構、強風吹き荒れるところではありましたが、この風景は良かった!!

クジラが見れる時もあるそうです。

あのチョコンチョコンとある巣箱みたいのはなんだろう?

アッ!!リトルペンギンの巣なんだね!!ペンギンパレードの場所では
リトルペンギンの撮影は一切禁止となっておりますが、ここ
ノビーズ(Nobbies)では、撮影が可能となっています。

ただし、フラッシュでの撮影は禁止!!ガイドさんに確認した上で
撮影しました。

まさにこれから春を迎えようとする季節ですね。

代替で急きょ訪れることとなったノビーズ(Nobbies)ですが、
結構、ステキなところでしたので、レンタカーでお越しの方は
ぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか?
(ただし、遅くなるとロードクローズとなります)

結構、散策路が長いんですよね

こんなに巣穴があるんだぁ

それでは戻りましょうか

この、波がバッシャーンっていうのが迫力ありました。

???ガイドさんが何やら発見したとのことで、もしや

ここにいるのはリトルペンギン???

アップにするとピンボケになっちゃいましたが、よく見つけたねぇ
ペンギンパレードでは、前日600羽も日没とともに上がってきたそうですが、

今回イレギュラーで訪れることができなくても
こうやって見れたのは嬉しかったですね♪

また、ペンギンパレード会場ではリトルペンギンの撮影は禁止
ですので、こうやって、撮影できるポイントに来てもらえたのは
代替ではありますが、とても良かったです。

夕食会場へと移動なのですが…

結構、道路沿いに動物が出てきます。鳥は全然逃げないし…

ワラビーは普通に道路にいるし…でも、これがオーストラリアです♪♪♪

ロードクローズといったのは、あれね、時間になると閉まってしまいます。

ピンボケではありますが、ペンギンパレードの施設入口を一枚。

どうぞ、これからメルボルンへお越しの皆様はタヌキ猫が行けなかった分
楽しんできてくださいね。

ツアーバスは移動しまして

アザラシがいればのポイントへ、こちらもイレギュラーですね。

残念ながら、アザラシはおらず…

でも、ステキな光景がみれて満足♪

こちらのお店で夕食となりました。

通常ツアーで訪れるところなのか、イレギュラーかは分かりませんが

今回、ツアー内容が大幅に変更になってしまったということで
本来、夕食代がかかるのですが、ツアー催行会社がもってくれることに

暖炉のあるお店ってステキでしょ♪

いくつか選択肢があったのですがフィッシュ&チップスをチョイス♪
ドリンク付きで本来は15.50$かかります。

すっごい、ボリュームでしょ?

美味しく頂きながら、ツアー参加のみなさんと旅行の話を
したりして過ごしました。

すっかりと日も暮れまして

ツアーバスにて一路、メルボルン市内へと戻ります。
市内までは2時間ちょっとだったでしょうか。

トイレ休憩はありませんのでご注意を、ただ、前もって言えば
立ち寄りますとおっしゃっていたので、近い方は
事前に言っておくのがいいと思います。

21:18 ツアーピックアップ場所となったホリディインにて解散

今回は、ペンギンパレード中止というイレギュラーが発生しまして
ツアー催行自体が中止になる可能性もある中で、
代替ではありますが、ツアーが催行となりまして、
満足できる内容となりました。

今回、こちらのツアーをチョイスしてホント良かったなと思っています。
だいたい、この日は他のツアーさんは中止になったようですので…。

ペンギンパレード+ワイルドライフパーク なるほど・ザ・ペンギン
日本語観光ツアー by Mr John Tours

icon

Mr John Tours おススメですよ!!

VELTRA
他にも色々なツアーがありますので、メルボルン旅行のご参考に
して頂けたらなと思います。

サザンクロス駅に赴きまして

ウールワースへ

ホテルに戻って

ちょっと明日の朝も含めての買い物となりました。

BANANABREAD 1.60$/BANANA 0.99$/APPLE 0.42$
WATER 1.60$ Total 3.77$(JCB OK)

次回は、メルボルン旅行4日目となりまして
パッフィンビリー鉄道&ヤラバレーワイナリー巡り
と行ってみたいと思います♪

どうぞ次回の更新もお楽しみに!!

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼

JAL 日本航空 国際線航空券

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–

 - メルボルン旅行記 , , , , , , ,