*

デルタ航空 2017年までにB747-400 完全退役へ

      2016/08/23

タヌキ猫です。このほどデルタ航空は2017年までに保有する
B747-400の完全退役を発表しました。
2014年10月現在、デルタ航空が保有するB747-400は13機あります。
既に、大西洋路線では、供給型により多機種への移行が進んでいます。
太平洋路線では、退役する間際までB747-400の運航がなされる
かと思いますが、やはりジャンボジェットがまた少なくなっていくのは
寂しいですね・・・
DSC04284_convert_20141016145244.jpg
既に国内エアラインでは退役してしまったB747-400ですが、
夕方の成田第一ターミナルに行けば、かつてほどではありませんが
デルタ航空のB747-400が数機はいますからねぇ~。
この光景が見れなくなってしまうのは、やはり一エアラインファンとしては
寂しいですよね~。
 ホントはJALのB747-400が全盛期に撮っていれば良かったのですが、
こんなに写真を撮るようになったのは、ブログをやるようになってから
ですからねぇ・・・。

DSC04291_convert_20141016145331.jpg
そんなデルタ航空さん、羽田発着枠では随分と話題をお作りのようで・・・。
未だに羽田発着枠再配分(日米航空交渉)の米国枠の配分が決まらない
という異常事態が続いておりますしね・・・。
そんな中、羽田-シアトル線の一時運休については、その発着枠を
返上再配分するべきとのアメリカン航空・ハワイアン航空の意見に
米国運輸省(DOT)を巻き込んで、泥仕合を展開中とか・・・(汗)
いかにも米国らしい利益最優先なのは、今さらではございませんが・・・。
もちろん、企業である以上、利益を求めるのは
もっとものことではありますがね。
そこへ行くと・・・日本は・・・こっちはこっちで陰湿か(笑)
結局、どっちもどっちのところもありますが、そろそろ
着地点を見出さないと・・・燃料切れだなんてことになったらね(大汗)
最後は「なんのこっちゃ?」って感じになってしまいましたが、
今回はデルタ航空ネタで書いてみました。
タヌキ猫でした。

  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪

 - 飛行機ネタ