*

ヴァージン アトランティック航空 日本路線撤退へ

      2016/08/23

タヌキ猫です。成田-ロンドン線にて就航している
ヴァージン アトランティック航空(VS)が
路線見直しの一環として
2015年2月1日で撤退
すると発表しました。
(※ロンドン発便が1月31日、成田発便が2月1日(最終運航日))
DSC00161_convert_20140219100612.jpg
 (写真は、成田空港にてヴァージンアトランティック航空機です)
成田-ロンドン線以外にも・・・
ロンドン-バンクーバー線 10月11日
ロンドン-ムンバイ線 2015年2月1日
ロンドン-ケープタウン線 4月27日
にて、撤退し、採算性の高い路線を強化することで
機材の運航効率を向上させ、2018年までに過去最高益を実現する。
としています。
タヌキ猫のブログでも書いたことがありますが、
ヴァージンアトランティック航空の株式をシンガポール航空
が、手放して以来、デルタが株式を一部引き受けている関係もあり、
今回の撤退により、デルタ航空との
大西洋路線の共同事業を強化する方針とのことで、
ロンドン-デトロイト線をディリー運航で新設
ロンドン発着のニューヨーク便・ロサンゼルス便・アトランタ便・
サンフランシスコ便・マイアミ便をそれぞれ増便
するとしています。
DSC00148_convert_20140219100334.jpg
「続き」からどうぞ。

   人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪


 ヴァージンアトランティック航空 成田-ロンドン線は1989年5月に就航
 ブリティッシュエアウェイズとの価格競争もさることながら、
 導入時は最先端と評されたビジネスクラスも
 JALのSKY SUITE777導入など、他社がフルフラットシートを導入
 するにつれ、競争力を失っていたとの指摘もあります。
 25年にも及ぶヴァージンアトランティック航空自社便でのフライトが
 なくなってしまうのは、ワンワールド派のタヌキ猫
 でも寂しいものがありますね。
 成田発着のロンドン便は、先の羽田空港発着枠拡大に伴い、
 JAL・ANAなどが羽田へシフトしましたし、
 BAも、羽田に注力する中、ヴァージンアトランティック航空
 は、乗り遅れてしまったのかな・・・とも思います。
 ヴァージンアトランティック航空 羽田就航見送りへ
 これも大きかったのかな・・・
 あれほど、熱望していた羽田就航を見送りましたからね・・・
 仕様機材が「A340-600」ということで、
 燃費が悪いという評もあり、収支を圧迫していたのでしょうか。
 成田-ロンドン線からヴァージンアトランティック航空が撤退することとなり、
 気になるのはブリティッシュエアウェイズが今後設定する「価格」
 かと、思います。
 かなり、大胆な価格設定により、
 ヴァージンアトランティック航空との競争を繰り広げていましたが、
 相手がいなくなったことにより、どのくらい価格に変化があるのか
 注目するところでもあります。
DSC03988_convert_20131119061627.jpg
 今回の日本路線撤退(事務所も閉鎖予定)により、
 羽田空港にて発着枠を確保しながら、一度も就航することなく
 また、羽田空港にて、その姿を見ることができないのは、
 残念ですが、気になるのは・・・
 その使われずにいた「発着枠 1」
 当然、海外航空会社枠での「1」ですので
 JAL・ANAが獲得することはありませんが、
 返上となれば、当然、該当する英国航空会社といえば
 「ブリティッシュエアウェイズ」となりますが、
 こちらも、この発着枠を行使するのかどうか・・・。
 気になるところです。

 日本の空でヴァージンアトランティック航空機を見るのも
 わずかとなりつつありますので、機会があれば、
 成田でまた、お目にかかりたいと思います。

 25年間、日本とイギリスの架け橋の一翼を担った
 ヴァージンアトランティック航空

 携わった、多くのクルーをはじめとする
 関係各位の皆様、ご苦労様でした。
 タヌキ猫でした。

  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪

 - 飛行機ネタ