*

JAL 旅客サービスシステムの刷新に伴う変更事案

      2017/07/31

タヌキ猫です。いよいよ2017年11月16日(木)JAL旅客サービスシステムに
「アマデウス アルテア」を導入いたします。

それに伴いまして、旅客サービスシステムの変更が発生し
各種取り扱いが今までとは異なるものもございますので
JALグループ便を今までご利用されてきました皆様

必ず変更点をご一読ください。
旅客サービスシステムの刷新に伴う、各種お取り扱いについて

主な変更点として挙げられている点を書いてみたいと思います。

予約変更可能な航空券の有効期間について
「発行日、および発行日の翌日から起算して90日間」から
「発行日、および発行日の翌日から起算して1年間」へ変更

11月16日(木)時点で有効な航空券を保有している場合は、
有効期間を発行日の翌日から起算して1年間に延長できます。

予約が変更できる運賃は現在、購入済み航空券の運賃額と搭乗日時点での
運賃額との差額が調整されますが、11月16日(木)以降の搭乗分は
購入時の運賃額を基準に変更するため、差額調整を行いません。

特便割引、先得割引、スーパー先得、ウルトラ先得、
おともdeマイル割引、乗継割引に関しては、
購入後の搭乗クラス変更ができなくなります。

支払いでは、ファーストとクラスJの予約時は、普通席部分のみ
事前の支払いが可能でしたが、全額まとめての支払いに変更されます。

JALホームページでは、ファーストクラス料金やクラスJ料金を
除いた領収書表示はできなくなります。

これまでe JALポイントの払い戻しは不可でしたが、11月16日(木)以降に
e JALポイントで購入した航空券については、
e JALポイント充当分も払い戻しが可能になります。

搭乗手続きや領収書などの再発行の際、支払い時に利用した
クレジットカードは認証コードとして利用できなくなるほか、
オープン券の登録手続きは電話のみに変更

となっております。

ん~全体の印象としてはビジネスで利用されているお客様にとっては
今まで便利だったサービスがごっそり抜け落ちるのかな・・・
なんて思っています。

JALが今採用している旅客サービスシステムはグループ会社の
アクセス国際ネットワークが提供するシステム「AXESS(アクセス)」
というものですが、よくも悪くもガラパゴス化してしまっている
のかな?なんてタヌキ猫の素人意見です。

日本においては、このシステムがホント機能していますし、
日本人向けのきめの細かいサービスを受けられると
感じています。

JALホームページでは、ファーストクラス料金やクラスJ料金を
除いた領収書表示はできなくなります。

というのは、ビジネスマンで会社には普通席にしておいて
自分へのご褒美でアップグレードっていうのが
バレちゃうっていうことよね?

差額調整も行われなくなるということですし
支払運賃によっては、クラス変更が不可というのは
当日においても適用なのかしら?

タヌキ猫なんかは、当日ファーストクラスに空きがあれば
プラス8,000円とかで変更なんていうことも
あるので、これが使えなくなると残念だな~
という感想です。



 

今回の旅客サービスシステム変更に伴いまして海外においては
随分と目に見えた変化がございます。

同じワンワールドアライアンスの採用する旅客サービスシステム
を採用することにより今までは電話予約のみだった

ワンワールドアライアンス他社の予約なども
インターネットからできるようになります。

空席状況などが見えるというのは、今のJALのシステムからすれば
そんなに違うの?っていうほど視界が開けますよね。

この変更に伴い、他社電話予約に関しては
アラスカ/大韓航空の除きまして発券手数料2,160円が
新たにかかるように変更となるそうです。

 




 

 
こうやってみると、すっごく変化が起こっているようですが
既にANAにおいては同システムを国際線において2015年に導入済み
ということで、JALと戦略の違いがあるにせよ、かなり差が
ついてしまっているのは歴然ですよね。

さりとて、日本のサービスに当てはめた時に、既存のシステムと
新たなシステムとなれば、既存のシステムの方がいい
と思われる方も多いことと思います。

タヌキ猫もどちらかと言えば、きめの細かさで言えば
既存システムの方だと思いますが、世界と渡り合うならば
新たなシステムを導入しなければ、これ以上に
JALはガラパゴス化して孤立化してしまいかねませんからね。

ん~なかなか色々と変更がございまして、タヌキ猫の書き方では
分からない点などもあろうかと思いますので、
先に挙げました変更についてはご覧いただければなと思います。

そして、今回のシステム変更に伴う懸念としては
変更時のシステムダウンですよね。

どうしても切り替え時に大規模なシステムダウンにより
空の大混乱というのは、ANAさんでもありましたし、
JALでもあったかと思います。

今回の旅客サービスシステム刷新はかなり大規模なものであり
数年にわたる下準備をした上での変更となります。

JALにおいては、二重三重いやそれ以上の不測の事態に備え
バックアップ体制を敷くことと思いますが、無事に混乱することなく
システム切り替えが済むことを願いたいですね。

あとは、変更後に、JALを利用される皆様がどんな点で
良くなったとか、悪くなったと言う話は実体験してみてから
だと思います。

一部使いづらくなることは間違いないですし、変更後
どれだけ体感として変わるかですが、間違いなく言えることは
世界と渡り合う以上はガラパゴス化したシステムに
執着していては、今の航空業界では取り残される

ということでしょうか・・・。
なかなか、機械には詳しくないタヌキ猫ですが、これで
ITに弱いと言われ続けたJALのシステムも随分とANAに
近づくことができるのかなと思います。

今回は、この秋実施予定のJAL旅客サービスシステム変更
について書いてみました。

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼

JAL 日本航空 国際線航空券

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–

 - JALネタ ,