*

ホーチミン旅行 備忘録

      2017/07/20

タヌキ猫です。今回はホーチミン旅行記 備忘録としてタヌキ猫が
旅行に際し、注意した点また出発前に頂きましたアドバイス等
これから、ベトナム/ホーチミンを旅行してみようと思われている方
に向けて、気になるポイントを書いてみたいと思います。

タヌキ猫がベトナム/ホーチミンを訪れたのは
2017年05月下旬でした。

JTBパックツアーを利用しての2泊4日の旅行にて、
日本との時差は-2hです。

フライトスケジュールは
往路:JL079 HND 01:25 – SGN 05:15
復路:JL070 SGN 23:25 – HND 06:55

*HND=羽田国際空港 /SGN=ホーチミン(タンソンニャット)空港

日本を遅くに出発する便にて、仕事終わりに羽田直行でも
十分に間に合います。

ホーチミンへは早朝に到着ということで着いた日から
丸一日遊べるのはうれしかったです。

また、復路においても出発が遅い時間の為
観光に時間をかけることができました。

羽田到着が07:00頃ということで、上手く時間調整ができれば
有休などを使わなくても遊びに行けるフライトスケジュールかな
と思います。


 

 
ベトナム/ホーチミン空港入国審査においては
eチケット控えの提示を求められます。

JAL便においては日本出発時にeチケットの控えを持っているかの
確認が行われますが必ず準備してください。

持ち合わせていない場合でも、チェックイン時のカウンターにて
発行していただけます。

通貨両替についてです。

ベトナムの通貨はドン(Dong=VND)です。羽田空港においては
銀行系両替所でのドンの取り扱いはありません。

成田空港においては取り扱い店舗がいくつかあるものの
やはりレート的に現地空港到着後に両替がベストです。

基本、出発前に準備しておきたいタヌキ猫でも現地両替を
実施したほどです。

写真は、日本円2,000円を両替、現地通貨ドン376,000ドンにしたものです。
どうしても金額の単位が大きくなるのでビックリしてしまうことが
多々あるかと思いますが、日本円でだいたいいくらだろう?

と計算される場合は「÷200」で計算されるとおおまかな日本円金額に
なります。

かつては米ドルが多く流通していたようですが、2017年05月現在
タヌキ猫が感じる限りは、ベトナムドンが一般的となっています。

また硬貨も存在しているようなのですが、タヌキ猫は一度も
見ることがありませんでした。

逆にお札だけですので、いくら使ったなど家計簿をつける際や
支払いの際は、お札だけを見ればいいので、その方が
海外通貨にしては使い勝手が良かったのかなと思います。

タクシーにおいては「ヴィナサン」か「マイリン」が良いとのこと
白タクもあるそうですので注意が必要です。

空港から市内へアクセスするばす109番バスですね。
タヌキ猫の場合はベンタイン市場までの片道にて復路は
このバスを利用していません。

ちなみに空港-ベンタイン市場間は20,000ドンでした。

時間帯によっては空港へアクセスすることができない
バスもありますので、このあたりは下調べをする必要があります。

復路はタクシーの選択も考えておく必要がありますね。

今回、ホーチミンで人気のSPAを体験しました
タヌキ猫が体験したのはタオディエンヴィレッジ というSPA
のロングコースです。

決して金額だけで見ればお安いものではありませんが
実際に受けてみての感想はこのお値段でこのクオリティならば
また受けてみたいですね。

復路は、そのまま帰国でしたら、空港まで送ってもらえることですね。
なかなかオプショナルツアーにて詳細までの紹介がない
かと思いますので、タヌキ猫の旅行記をご参考いただければなと思います。

タヌキ猫が訪れました5月下旬のホーチミンは
平均気温30℃越えの34/26℃といったところでしょうか

日出 05:30/日入 18:00過ぎということで比較的
1日を有効に利用することができたかと思います。

ただ、どうしても日中など気温が上がりますので、タヌキ猫は
プールサイドでのんびりしてみたり、クールダウンも兼ねて(←ホントか?(笑))
バーなどもいくつかピックアップしてみました。

東洋の小パリと言われるホーチミンですが
建物など文化を感じることができます。

ホーチミン旅行にて強く感じましたのは「治安」です。
強盗などの危険を感じることはありませんでしたが、
大変、勧誘がしつこい印象を受けました。

少なくても10カ国以上は訪れているタヌキ猫ですが
ホーチミンが一番しつこかったです。

詳細等はブログ本編にて記載したとおりですが、
この点においては、気を引き締めてご用心ください。

注意し、毅然とした態度またはこと至る場合は
逃げるつもりくらいの心づもりは必要かもしれませんね。

水などの注意これは多くの方にアドバイス頂きました。
特に屋台などですが、人によっては出された香草に
ついた水もふき取る念の入れようとのことですが、

タヌキ猫はそこまでする必要もなく、今回注意していたからか
水あたりになることもなく過ごすことができました。

基本、おしぼりは有料とのことにて、断れば
下げてくれます。

スープの器はもたない、これが常識とのこと
ベトナムは社会主義国ですが、普通に観光する分には
特に注意する必要はありませんでした。

ただ、場所によっては多くの警察官がいるなど
ありました。

ホーチミン中心地にあります公園にあるトイレは
基本、有料とお考えください。

タヌキ猫は、食事をした際にお店で借りたり
ショッピングセンターで利用するようにしました。

また高級ホテルなどで借りるというのもいいかと思います。

道路事情(歩道)に関しては、かなり凸凹している感があります。
ので、スニーカーなど歩きやすい靴で行かれるのが
いいのかなと感じました。

ホーチミン市内ではスーパーマーケットとして
ビンコムセンター内にVinmartがありました。

こちらは入口にてカバンなどの手荷物検査が実施されています。

PARKSONにはイオン系列のスーパーが入っていましたが
正直なところ、活気がありません。

ホーチミンの雨季は5-10月 一時的なスコールがあるものの
夏の旅行シーズンでもあります。

ベトナム/ホーチミンはタヌキ猫が感じる限りでは
観光に際し、強引な客引きなど注意する必要はありますが、
成長著しく、オモシロい街だと思います。

恐らくは、次回訪れる頃にはガラッと変わっていることでしょう。
そのひずみが生じる場合もあろうかと思いますが、
こうしてタヌキ猫のブログでは、負の面についても

ブログを通して書いて発信することによって
これから訪れる方の一つの道しるべになれればと思っています。

タヌキ猫の体験をみて怖そうだから行かないではなく、
こんなことがあるなら、自分だったら、こうすればかわせるなとか
前もって情報を知っておけば対処方法もあろうかと思います。

ぜひ、一人でも多くの方が、ベトナム/ホーチミンの旅を
楽しんで頂きたく、今回はタヌキ猫が実際に訪れて
感じたこと、また旅行出発前にブログをご覧の皆様から頂いた
アドバイスなどを書かせていただきました。

飲食店など、実際に訪れました店舗等については
旅行記本編を参考にしていただければなと思います。

今回はホーチミン旅行記 備忘録でした。

タヌキ猫でした。

明日の空へ、日本の翼

JAL 日本航空 国際線航空券

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–

 - ホーチミン旅行記