*

羽田就航便に動きあり

      2016/08/23

10/31から国際線の再就航が本格化する羽田空港であるが、前に述べたとおり、成田空港のクローズ時間帯のみの部分開放による影響で、欧州便を中心に運用が難しいため、今回の運航を見送る航空会社が相次いだ。

まず初めは、エアカナダの就航が正式に決まったこと。就航は2011年1月29日からと、羽田再国際化による10月31日からの就航には間に合わないものの、アメリカ便などもだいたいこの時期からの就航がなされることを考えれば、大いに歓迎したいと思う。
気になる就航地は・・・バンクーバー
既に同路線は成田就航で運航されているが、羽田就航と二人三脚でやるようだ。ディリー運航でB767-300ERを使用予定。2クラス合わせて211席。フライト予定は以下の通り。
羽田0:30 - バンクーバー(前日)16:25
バンクーバー19:30 - 羽田(翌日)23:00
※火・木・日は30分早い出発。

ん~、時間の制約があるため、こんな感じのダイヤだが、選択肢が増えることを喜びたいですね。
カンタス航空が、羽田就航に意欲ありとの報道がありました。今は、ジェットスターによるケアンズ便なども、昔はカンタス航空がやっていたのを懐かしく思いますね~。(ジェットスターはカンタス航空の子会社だが)
なんつたって、初海外は、カンタス航空ケアンズ便でしたから♪

どうしても、カンタス航空に思い入れの強いタヌキ猫ですから、是非就航してもらいたい!!オーストラリアならどこでもいいよ!!ってタヌキ猫がラブコールを送ってもなんの効果もないんですが(大汗)
少し前には、バージンブルー(ヴァージングループによる計画だったような)による茨城-オーストラリア便の就航話がありましたが、やっぱりタヌキ猫はオーストラリアといえばカンタス航空!
どうしても、オーストラリア便だと、成田出発が夕方~夜便での設定になっており、ケアンズでもゴールドコースト、ブリズベンでも早朝到着が主流となっています。
そんで、ブリズベンとか出発が早朝なもんだから、ほんと3時4時起きだったりして・・・(そんなJALブリズベン線も近々廃止予定ですが(涙))まだ、ケアンズ発がお昼頃だからいいようなものの、羽田便が就航することになったら、改善されるのかしら?
すっごく期待して待ってますからね♪(ワンワールドメンバーだし、JAL共同運航便ってなったら最高だね~)
また、羽田空港ハブ発言をした前原大臣ですが、早くも、新国際線ターミナル拡張を発表しており、年間700万人を見込みます。ぜひ、話をどんどん動かしてもらいたいものですね。
ってな感じで、羽田就航に関するネタがまだまだありますので、残りは続きからどうぞ~。
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!


今回の羽田再国際化による就航で欧州勢は軒並みその運用面での使いづらさに今回は見合わせる事態が相次いだと書きましたが、エールフランス殿はちゃっかりJALとのコードシェアを発表していました(汗)
フライトは羽田 1:30 - パリ6:20
パリ11:00 - 羽田6:55
この今回、現時点で唯一の羽田-欧州便であるJAL便とコードシェア化することで、パリからの乗り継ぎが便利になるそうです。確かにパリに6時台に到着ですから、その後の乗り換えする便はたくさんありそうですよね~。
A380の成田乗り入れなど(JAL共同運航便のため、無料特典航空券対象♪)アライアンスが違うにも関わらず、エールフランスとの仲がいいのが目立つJALですが、んじゃ同じアライアンスメンバーのブリティッシュエアウェイズ(以下BA)はどうなってるんでしょうか?
BAも羽田就航に意欲がありまして、こちらはヒースローの枠の調整やら、羽田の利用時間制限により、これまた運航ダイヤを決めるのに大変なようです。一つの目安として、9月上旬に結論が出るようなので待ちたいと思います。
このBAですが、成田空港では、しばらくワンワールドメンバーながら第一ターミナルを利用してきました。このほど、11月より、ワンワールドメンバーと同じ第二ターミナルにお引っ越しするそうです。
ラウンジもJALなどと共有するなどし、JALとの関係は燃料や機内食の共同調達やヒースロー空港の発着枠の融通やら譲渡してもらうなど、一層の強化をしていくそうです。
ただタヌキ猫に言わせますと・・・。
英国は高い!!この一言に尽きます。
空港諸税がなっからかかりますものね~。んで、びっくりしたのは、サイトやコールセンターなどJCBカードの決済ができないんですってね~。
ビックリですよね~。2009年12月31日からだそうですから、確か、JALがゴタゴタした時にカード利用停止を一時的にしたのも英国の企業でしたからね~。
というのを見ると、BAが本当にJALと関係を強化する気があるのか疑問に感じますが・・・。
欧州勢では、このBAが今回の就航ができるかが注目されますが、3年後には日中において40枠の発着枠が増枠される予定であり、その枠は欧州最優先とのことですので、やはり、欧州勢はこの枠を狙うことになるんでしょうね。
中国便に関しては、北京・上海といった空港に発着枠に余裕がないということもあり、なかなか協議が進みませんでしたが、このほど日中航空協議再開に向けた動きが出てきたということもあり、進展が望まれますね。
そして、気になる注目株のマレーシア・エアアジアですが、なっかなか就航の話が出てきませんな~。なんでもマレーシアはゴーサインが出ているものの、日本側のゴーサイン待ちとのことで、ん~どうなるんだろ?やっぱり台風の目となるのかな?

といった感じで、最近の羽田空港を巡る話をまとめてさせていただきました。せっかく羽田との就航枠が確保されている国は、どんどん羽田に就航してくれればいいのですが・・・。
っていうと、成田はますます沈下するか・・・。なんでも最近では成田の発着枠にほんの少しの空きがあるそうで・・・。
羽田空港の再国際化が迫る中、色々な情報が飛び交いますが、遅まきながらも発信をしていきたいと思います!
となると、やっぱり羽田の新国際線ターミナルから出発してみたくなるのが、タヌキ猫(笑)
でも、しばらくは、フランス計画で身動きができませんな・・・(汗)
金もないのに、そういう妄想旅行は得意なタヌキ猫でした♪
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!

 - 成田・羽田空港ネタ