*

海外からハガキを出してみよう!!

      2016/08/23

海外からハガキが届くなんて、ちょっとワクワクしませんか?まぁ、タヌキ猫の場合、自分で書いて自分に送っているという、どんだけさみしいんだっつう感じがしますが、なんせ、スタンプとか、日本と違う感じでうれしいものですよ!

写真は、過去にタヌキ猫が書いて、タヌキ猫宛てに出したさみしいハガキたち(笑)
3枚重ねていますが、一番上から、オーストラリア・ゴールドコースト。出したのは、宿泊先のウォーターマークホテル。ちょうど、日曜日ということもあり、郵便局は休み・・・。んで、ホテルフロントではがきを出しました。切手はフロントで売っており、フロントの人がまとめてはってくれたのですが、写真もみて分かりますか?ハガキからはみ出ているのです(怒)いかに、おおざっぱなオージーの性格が出ていると思います。しかもタヌキ猫のハガキだけ・・・。
真ん中は、スイス・ユングフラウヨッホの頂上にあるポストから。ここにある売店で絵葉書を買うと、切手も買いますか?って聞かれるから、タヌキ猫は一緒に買いました。スイスは切手がシール式。後ろは舐めません(笑)そして、切手隣の濃いスタンプは、ここでしか、押せないもの。自分で押さなければ、誰も押してくれません。絵葉書を買った売店の左はじにひっそりとあるので、見落とし注意です!ポストは日本で見慣れた赤いポストと、スイスの黄色いポスト二つありますが、どっちに出しても日本に着きます。
投かん後に、もうひとつスタンプ押されてましたね!
そして、一番下が、フランス・ルーヴル美術館内の郵便局から。切手の隣に薄いですが、ルーヴル美術館のスタンプが!!タヌキ猫は結構気に入っているのですが(笑)このときは、局員の人に渡して終わりだったかな?その後、もうひとつスタンプが・・・。
絵葉書も切手も、そんなに高いもんじゃないので、一回やって見ると、結構面白いもんですよ!
だいたい、タヌキ猫はこんな感じで書いています!ハガキは横長と考えて、右上は、切手やスタンプが押されるので、多めにあけておいて、左上には、送り主の名前、滞在先の住所を、右下には差出人より大きめで送り先の名前・住所を書きます。
この際、住所等は日本語でも構わないのですが、最後に大きくJapanと書いてください。
また、左下にも大きく(できれば赤字で)Air Mail(フランスだとPAR AVION)と書きましょう。
住所の書き順は番地→町→市→県→郵便番号→国の順番。
では、実際にタヌキ猫さん(苗字がタヌキ、氏名が猫分かりにくな~)が
オーストラリア(〒4217)クイーンズランド州サーファーズパラダイス、ゴールドコーストハイウェイ3032 ホテル ウォーターマークより(実際のウォーターマークホテル住所、なお現在ホテル名に変更有)
日本(〒123-4567)千葉県成田市成田123-4(こちらは例えばの住所)タヌキ猫さんにハガキを出すとこうなる。
From
Neko Tanuki                    切手
HOTEL WATERMARK
3032 Gold Coast HWY
Sarfers Paradise
QLD 4217 AUSTRALIA

To
Mr Neko Tanuki
123-4 Narita Narita
Chiba 123-4567 Japan
Air Mail

少し、レイアウトの関係で変な感じではあるが、まぁこんな感じで・・・。とにかく左下のAir Mailと右下のJapanだけは大きく書いておけば、まず、日本までは届くと思います。日本住所と滞在先住所は日本語でもいいわけだし・・・。
ただ、右上の切手スペースは大きくあけておいたほうが、いいかもしれません。あとでスタンプ等が増えたりするので・・・。
空いているスペースに、ちょとした、その時感じたことなどを書くと、後で見た時に、思い出がよみがえってきますよ!
一度やってみてはいかがですか?
タヌキ猫でした。
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!

 - 旅行情報