*

パリのちょっと気になる特選

      2016/08/23

今回のパリ旅行で気になったこと、また、これから行かれる方への参考になればと、ダラダラと書いていきます。
パリの治安について・・・
タヌキ猫はホテルをパリ中心部でとったということもあり、人が多かったので、特段怖い目には遭いませんでした。時期的にも、落ち着いた時期でしたので(5月後半)大丈夫だったのかな?もちろん、万が一に備え、カバンはたすき掛けになるものを選びました。
ただ、ひったくりは多いようです。タヌキ猫がJCBプラザに訪れている際も、日本人夫婦が財布やパスポートの入ったバックをすられたと駆け込んできていたので・・・。
また、物乞いが多かったですね~。演技しているようなのもいたので、ご注意を!街角で水を売っている、うさん臭い人もいました。
パリ市内では見なかったものの、パリ郊外では、道路上で売春婦が立っている光景があります。ツアーで参加の場合は特段関係ありませんが、やはり気持ちのいいものではないですよね!
ヴェリブ(貸出自転車)での移動はどう?・・・
はっきり言って、お勧めしません!!観光ブックなどでは移動に便利で観光客も結構利用しているげなことを書いてありましたが、タヌキ猫が見た限り、そんなことはありません。借りる際の表示も日本語表記はないですし、借りたいところに自転車はなく、いらないところにたくさんあるといった感じで、自転車の配置を均衡にするべく移動している姿をみましたが、役にはたたなそうです。
なにせ、パリ市内は交通量が多いですし、運転も荒く、みんな自分が前へ前へといった気質が多く、のんきにシャンゼリゼをヴェリブで優雅になんて無理です!!!
タヌキ猫は、パリ中心部のヴァンドーム広場からエッフェル塔まで歩きましたが、1時間とかかりません。下手にヴェリブで神経を尖らせるより、よっぽど優雅です。
ロワシーバスってどうよ?
シャルルドゴール空港~オペラ座間をつなぐ空港連絡バスですが、座席の座り心地は、はっきり言って最悪です。直角の背もたれに固い材質。間違いなく、背中が痛くなることは覚悟してください。また、結構混みます。時間帯にもよるんでしょうけど、時間は多めに見ておかないといけません。切符の購入は運転手に言えば、売ってくれます。その際の刻印は忘れずに!またオペラ座から空港へ行く際は必ず、どのターミナルを使うのかを聞かれますので、自分の利用するターミナルは覚えておきましょう!エアコンはどうだったろう・・・。行った日は外気がちょうどいい気温だったので・・・。
ホテルの立地について・・・
お金との相談になりますが、なるべく、パリ中心部、オペラ座界隈がお勧めですね。ロワシーバスでオペラ座まで来て、カートを押して歩ける範囲が理想的かと・・・。タヌキ猫の泊まったマルト・オペラは立地に関しては申し分なしでした。ルーヴル美術館をはじめ、パリ市内は全て、歩いて移動できましたから。
左ハンドルの文化・レンタカーはどうよ?
なにせ、車の流れが逆ですので、最初のうちは大変だと思います。レンタカーは、どうだろうタヌキ猫の感覚だと絶対にやめた方がいいと思います。道路が複雑すぎるのと、交通量の多さ、そして、ドライバーの自分中心主義・・・。行きのロワシーバスの隣で、歩行者とバイクが大喧嘩していましたね!タヌキ猫が目撃した限り、どっちも自分が我先にといった感じが招いているのだと思います。
地下鉄の治安は?
申し訳ないです。タヌキ猫は今回、地下鉄の利用(その他鉄道含め)を避けました。治安が悪いということは前調べでよく聞いていたので、それもあってホテルは中心部にしたのですが・・・。現に地下鉄でひったくりにあった人も見たわけで・・・。
もちろん、十二分の注意を払えば、大丈夫なんでしょうけど、気は抜けないと思いますよ!
食べ物とか食事はどうよ?
タヌキ猫は、レストランとかは利用しませんでしたが、パリ中心部ということもあるかと思いますが、意外と日本語メニューありますとか多かったです。タヌキ猫的には、街角のパン屋さんとか、なにげに小さな店に入るのがとても良かったですね。
ひったくり対策って?
これは、十分なされませんと!タヌキ猫はたすき掛けのカバンでなるべく手はその紐にかけるようにしていました。最初はカバンをまさぐられても、すぐに財布を取られないようになんかプラスチック容器にでも入れようかと思いましたが、やっぱり効率が悪いですよね~。
楽しむことが一番ですが、常に注意を払っていた方がいいですね!
どうだろう、タヌキ猫がパリに行く前に気になったのって、こんなところが中心かな?
まぁ参考になればと・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>

 - パリ旅行記