*

運航路線の大リストラか?

      2016/08/23

JAL・ANAといった大手航空会社が運航路線の撤退・減便を検討中というニュースが流れたが、ここにきて、少しづつ、その内容があきらかになってきました。今回は、名前の挙がっている路線の紹介しようと思います。
JAL
福島-伊丹
福島-関西   福島空港からJAL撤退…既に決定事項のよう
福島-那覇
仙台-関西
仙台-沖縄   本格的な話はこれからか、宮城県には打診済
中部-福岡   減便→県営名古屋へ集中か?
関空-秋田   協議中か?
関空-ロンドン 年内撤退→関空発国内航空会社・欧州線全滅
ANA
関空-グアム
関空-台北   廃止の方向

関空-札幌   減便
他6路線ほど検討中か?
スターフライヤー

どさくさに紛れて、関空撤退か?
カンタス航空(下記はカンタス・ジャパンからのメールより抜粋)
カンタス航空では、2008年9月以降、日本 – オーストラリア路線において下記の通りフライトスケジュールの変更をいたしますので、お知らせします。
◎変更内容
● 週3便で運航している「東京 – メルボルン」路線を2008年9月に運休。
● 週9便で運航している「東京 – シドニー」路線を2008年9月から週7便へ減便。
● 週14便で運航している「東京 – ケアンズ」路線のカンタス航空便に代わって、2008年12月からジェットスター航空にて1日1便(週7便)で運航。
● ジェットスター航空は、「大阪 – ゴールドコースト-シドニー」路線に加え、2008年12月から「東京 – ゴールドコースト」路線を週5便にて就航。
といった感じです。カンタス航空にいたっては、決定事項です。JAL・ANAともに交渉段階の部分もありますが、ほぼ決定でしょう。こんご、未だ未発表路線がどこであるかが注目です。
アメリカではすでに1割の路線が運航停止・減便に追い込まれているといいますから、日本はこの程度で済むか予断を許しません。
成田空港・羽田空港の離発着枠拡大を前にかなりの、大ナタを各社ともに振るっています。これ以上の運航停止などは見たくないですね。カンタスの大幅縮小はタヌキ猫の中でかなりの痛手ですので…。
さあ、そんなリストラの嵐の中、船出する静岡空港・茨城空港は無事に航行することができるのか。静岡空港はすでにANAによる運航が決まっているようだが、茨城空港…。悶絶ですな…。

↑ ポチっと押していただけると嬉しいな!

 - 飛行機ネタ