*

ケアンズ旅行記① 1・2日目 キュランダ観光

      2016/08/23

いよいよ、初海外だ~!
もっと写真を撮ってれば空港とかの写真を載せるのですが、デジカメのバッテリー残量が気になったので、最初の写真が泊まった先のホテルです。なるべく撮ってきた写真を多く載せるので、これから行く人は参考に行かない人は空気だけでも・・・。
9/9(月)第1日目 友達と2人(男2人旅、今思えば、よく一緒に行ってくれたよ・・・)で上野に集合して、京成スカイライナーに乗って新東京国際空港到着。日本からしばらく離れるので(っつても5日)そばを食べて飛行機を待つ。
20:05JL-767にて成田出発。初めて、このときカンタス航空のコードシェア便と知る。乗務員はカンタスの人だったけど、すごくいい人でした。
ここで対外人との初英語!オレンジジュースプリーズ(笑)
約7時間半のフライトで現地時間04:40ケアンズ国際空港着。

9/10(火)第2日目、現地は真っ暗、飛行機の中ではテンションが上がっていて、寝れなかった。友達は寝てたけど・・・。ちなみに窓側の席を座っても、飛行中は何にも見えないので、通路側のほうがいいかもしれません。
トイレ心配だもんね(笑)
空港からホテルまで近かったです。アーリーチェックインをしていたので、ツアーまで一休みです。時差1時間なのにね・・・。朝は室内電話で、オージーバーガーを頼みました。どうしても電話で喋ると相手が外人でも「もしもし」って言っちゃうんですよね・・・。
DCF00071_convert_20080326193024.jpg
宿泊先のトレードウィンズエスプラネードホテル(今現在、ホテル名は変わっています)
ホテルで一休みしたあと9時ごろ、ホテルのロビーに集合して、バスでいざ、フレッシュウォーター駅へ。街並みが日本と違うところを堪能してください。現地は何せ、あんまり車がないため、信号が日本のようにない上に、交差点が、十字路ではなく、丸になっているとことがあります。昔、馬車にて交差点を曲がる際のなごりで、みんなが時計周りで交差点に入ります。写真がなくてごめんなさい・・・。
バス移動は苦にはなりませんでした。そんなにビュンビュン行く感じではないので、車に酔いやすい方でも大丈夫な距離だと思います。
az_r1280_1204.jpg
 キュランダ鉄道 フレッシュウォーター駅にて一枚♪ (世界の車窓みたいな感じですね・・・)
電車の速度は大変、のんびりです。日本がせわしすぎるのかな?最初のほうは民家の横を通ります。そこで、見た洗濯物の干し方はぜひ見てください。風がよく吹く地域らしく日本のように竿に干すのがメインではなく、風でくるくる回るように干されています。これは利口だなと感心、感心。覗かれるほうはたまったもんじゃないだろうけど・・・。
ちなみに、このキュランダ鉄道。よく遅れるらしいです。まあ、急ぐ人はあんまいないわね~。また、この時期は乾燥していることもあり、自分たちが乗る1週間前にも山火事があり、鉄道の運行が中止になったそうです。なにはともあれ、ほぼ乗っているのは観光客なので、サービスがいいです。写真の絶景ポイントでは電車の速度をより落としてくれます。また、機会があれば車内のトイレにも行ってみてください。結構、スリルかも・・・。
DCF00004_convert_20080326191318.jpg
 まさに車窓から
DCF00007_convert_20080326191601.jpg
 途中バロン滝を見るために少しの時間停車しますよ~。
このバロン滝の最寄りに停車する場所があり、展望台から、滝が見れます。降りてすぐなので、結構みんな降りてきます。
しか~し、水全然ないじゃん(怒)乾期である上に、山火事の影響もあり、水は大変少なかったです。こりゃ、また見に行かななりませんな~。
DCF00006_convert_20080326191520.jpg
 DCF00011_convert_20080326191651.jpg
 ご覧ください、コアラです♪ 先ほど、駅に着いたあと、バスに乗り換えて、ワイルドライフパークに移動です。ここでは、コアラを抱いて写真を撮ることができます。バスの中ではみんな撮らないって言ってたのに、いざ行くとみんな撮る列に並んでるじゃん、そんな自分をしっかり撮ってもらいました。しかも、別料金。しっかりしてるよ(笑)金額は忘れてしまいました。
DCF00015_convert_20080326191740.jpg
 ほのぼのしますね~。ここでは、このほかにワラビーやワニなどもいます。特にカンガルーはのんびりと暮しますわ、ほんとに。このあとアーミーダックという水陸両用車に乗りました。これも結構迫力がありました。写真はごめんなさい。撮ってないです。
キュランダ村に戻ったのち、昼食を食べて、しばし、ここで自由行動です。私は初めて本物の拳銃を撃ちました。射撃ができるんです!!
刑事ドラマのようにはいきません。音はすごいし、においもすごい!しかし、安心してください。安全対策はバッチシです。拳銃はひもで固定されており、的以外の方角には向けられません。後ろにも人が付いていますし、監視カメラで撮られており、その映像を外から見ることができます。
料金はパックとは別です。
お土産品は結構、アボリジニグッズなどがたくさんありました。一緒に観光された方でアボリジニの人が使う縦笛?大きい奴ですね、買っている人がいました。すごくいいな~と思いましたが、日本に持って帰るにはたいへんだよね~と思います。結構お土産はそこにしかないものがこのキュランダ地域はあったので、気に入ったものがあれば、そこで買ったほうがいいかもしれません。街なかにもありますけど・・・。
DCF00022_convert_20080326191955.jpg
 行きは鉄道で、帰りはこのスカイレールで下ります。4人乗りかな?このスカイレール、自然を第一に考えて作られており、柱は空中から輸送したそうです。写真をごらんになってお気づきですか?ガラス越しですが、右上の山中に行きに乗ってきたキュランダ鉄道がバロン滝のところで停車しています。この画像だとわからないですね(笑)途中、降りて散策することもできます。ちょうどいい距離なのでぜひ見ていってください。
以上がパック旅行に組み込まれたキュランダツアーでした。バスに弱い方でも、そんなに苦ではない移動だと思います。道は舗装されてますし、一度行かれてみてはどうでしょうか?
朝9時頃出て16時半にはケアンズ市内です。ちなみに帰りのバスでハプニング!!点呼をする際、乗客が一人多い??どうやらバスを間違ったようです。本人も変だとは思っていたようですが、くれぐれも乗り間違えのないように(笑)
バスは中心部OKギフトショップ前にて一旦停車します。全員がホテルまで行かないでここで降りちゃいますね・・・。この後の行動が楽なので、ちなみにお土産屋さんは市内にたくさんあります。安く大量に買うなら、OKギフトショップ、ちょっと気取ったみやげは、はす向かいのギャラリアで。ちなみにPeter Lik Galleryというお店で買った写真は部屋に飾るのに大きさも値段もお手軽でした。ぜひ行ってみてください。ただし・・・、日本語が通じる方がいないかもしれません。自分のときはジェスチャーで買い物の会話をしました(笑)
DCF00027_convert_20080326192048.jpg
 ツアーのあとはショッピング!と行きたいところですが、ほどほどにして、ホテルで休息ってわけもなく、カジノです
DCF00028_convert_20080326192121.jpg
 ソフィテル・リーフ・カジノだったかな?ここオーストラリアでは合法です。ガイドブックとかにはサンダルとか足が出るような格好だと入口のガードマンに止められると書いてありましたが、以外に通っている日本人。若い女性だったからか・・・。なかには、カジノ、ポーカー、スロットなどがありました。自分はスロットくらいしかわからなくて、それしかやっていません。最初勝っていたのですが、
最後は持っていかれるんだよね~こういうの(笑)
でも、勝っちゃても、なんて言ってお金もらえばいいかわからないからね~。よしとしましょう。案の定、日本の中年男性が英語が全く分からず、ルールのあまり知らないようなのに、ポーカーをやっていて、向こうの店員さんを困らせていました。あ~はなりたくないね~と思いながら、帰りました。
オーストラリアに来て思ったこと
DCF00067_convert_20080326192849.jpg
 それは日本車の多さ!!これはスバルです。ほかにも、トヨタ、ホンダ、日産、三菱など、見たことあんじゃんという日本車が結構走っています。っつうことは右ハンドルか・・・。
2日目の夜はコンビニで買って部屋で食べました。外国に行ったら、スーパーやコンビニは用がなくても寄ってみてください。結構面白いです。あやしいジュースとかあったりして(笑)ただし、あまり、遅い時間の一人歩きはやめましょう。危険を感じたことはありませんでしたが、あってからでは遅いです。どこかのサイトで女性一人旅の常連の方が言ってました。っつても男2人旅なんだけどね・・・。
ケアンズ旅行記②へ続く

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ    にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています! 1日1回 応援ポチッとお願いします♪>>

 - ケアンズ旅行記 ,