*

デルタ航空 成田空港ハンガー 複数年契約で合意

      2016/08/23

タヌキ猫です。このほど、デルタ航空が成田空港にてハンガーの複数年契約に合意しました。
デルタ航空といえば、成田空港では・・・
外国航空会社で国際線旅客便の発着回数が1位
国際線同士の乗継旅客数のシェア1位

のシェアを誇り、アジア太平洋地域のハブ空港として運用しています。
タヌキ猫は、あんまりデルタ航空・・・では印象がありませんが、
合併にて名前が消えてしまった「ノースウエスト航空」といえば、親しみのある方も多いのではないでしょうか?
DSC00966_convert_20140312223700.jpg
(写真は、成田空港にて撮影)
先の羽田空港国際線発着枠拡大では、デルタ航空が羽田へのシフトを明確に打ち出し、米国路線の交渉決裂の大きな要因となっただけに、成田でハンバー構えるんだぁ~とタヌキ猫は正直驚きました。
デルタ航空の羽田発着枠での発言は額面通りとは思ってはいませんが、今回の決定が、羽田での交渉にも雪解けがあったのではと思っています。

DSC00876_convert_20140303235902.jpg
デルタ航空が使用しますハンガーは写真一番手前のハンガーとのことで
その広さ13,000平方メートルだそうでして、B747を含む長距離路線用の機材整備も可能となりますし、
今まで成田空港内にて分散していたデルタ航空のオフィスも集結させるなど、効率化を図るとしています。
賃貸開始は2014年10月1日とのこと。
今回のデルタの動きが、引き続き「成田」をハブ拠点として活用するという意思表示ととるか、それとも、他社の羽田就航での搭乗率を票読みしているのかは不明ですが・・・。
また、デルタ航空の看板がかかったころにご紹介できればなと思います。
その頃には・・・羽田でも発着枠にも進展があるかと思いますが・・・。
タヌキ猫でした。
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪

 - 成田・羽田空港ネタ