*

ANA国際線 羽田シフトを鮮明化へ

      2016/08/23

タヌキ猫です。先の羽田空港国際線発着枠拡大にて、JAL5路線・ANA11路線と大変、不平等な発着枠拡大となりましたが、このほど、ANAでは、スケジュール発表がありましたので、羽田空港という重要路線であるため、書いてみたいと思います。
 タヌキ猫バリッバリのJAL派ですので、ANA派の皆様には「?」ということもあろうかと思いますが、タヌキ猫の見立てと思って、ご容赦いただければなと思います。
DSC03976_convert_20131119061304.jpg
(成田空港にて、ANA機です)
ANA 2014年3月30日からの夏スケジュールでは・・・。
羽田発着にて、あらたにロンドン、パリ、ハノイ、ジャカルタ、マニラ、バンクーバー線の6路線を新規開設します。(中国路線は関係当局と協議中)
シンガポールとバンコク線においては、増便を図ります。
ドイツ路線では、新設・増便を図ります。
さっそくではありますが、フライトスケジュールを見てみましょう。

羽田-ロンドン線(777-300ER)新設
NH277 羽田(11:30)→ロンドン(16:00)
NH278 ロンドン(19:35)→羽田(翌日15:15)
いい時間帯でフライト組みましたね・・・(汗)
ほぼ、JAL401/402便の成田‐ロンドン線にぶつけてきた感を強く受けました。

これに伴い、ANA成田‐ロンドン線は運休とし、ヴァージン アトランティック航空(VIR)によるコードシェアのみとしました。
B777-300ERを使用とのことで、JALでは、羽田発着路線にてB777-300ERを投入していませんからね~。
しかも、羽田発着にてファーストクラスを設定とのこと。
今まで、ロンドン線においては、JAL&BAのタッグを組んでいたワンワールド陣営が優勢と思っていましたが、かなりガツンとやられた感じを受けました。
羽田-パリ線(777-300ER)新設
NH215 羽田(10:25)→パリ(15:45)
NH216 パリ(21:10)→羽田(翌日16:00)
これまた、JAL405/406 成田‐パリ線を意識してと申しますか、仕掛けてきたというべきスケジュールですね。
こちらも、ファーストクラスを設定しているということで、JAL&AFの強固なタッグに風穴を開ける印象を受けました。
これに伴い、成田‐パリ線はスケジュール変更となります。
成田-パリ(777-300ER)
NH205 成田(13:55)→パリ(19:25)
NH206 パリ(17:30)→成田(翌日12:10)
羽田-フランクフルト線(777-300ER)増便
NH223 羽田(11:25)→フランクフルト(16:35)
NH224 フランクフルト(20:45)→羽田(翌日14:55)
この路線は、既に深夜時間帯にて、B787型機にて運航しておりますので、夏スケよりWディリー化となります。
こちらも、JAL407/408便にぶつけてきたな・・・と強く感じてしまいました。
どうしても、だいたい、この時間帯になるんでしょうが、ANAさんのJALに対する、凄まじい執念をこの欧州線ダイヤで感じるのはタヌキ猫だけでしょうか?
羽田‐フランクフルト線におけるファーストクラス導入までは確認できておりませんが、羽田路線にB777-300ERをしかも、ロンドン・パリ線にはファーストクラス、成田発着のJAL便とだいたい同じ時間帯に設定することで、羽田の地の利の良さを最大限、際立たせる戦略かとタヌキ猫は受け止めています。
いや~、この3路線だけ見ても、ANAの並々ならぬ、対抗心を感じますね。
JALでは、ロンドン・パリ線と新シートを搭載した機材を投入しておりますが、フランクフルト線においては、4月にようやっと、導入が開始されるという状況下にて、ドイツ路線における、JAL・ANAの差は、火を見るよりも明らかな状況下におかれることになります。
羽田-ミュンヘン線(787-8)新設
NH275 羽田(12:35)→フランクフルト(17:20)
NH276 フランクフルト(21:25)→羽田(翌日15:50)

これに伴い、成田‐フランクフルト・成田‐ミュンヘン線は、運休とし、成田‐ミュンヘン線の枠を、デュッセルドルフ線に振り向けます。
羽田-デュッセルドルフ線(787-8)新設
NH941 羽田(11:00)→フランクフルト(16:00)
NH942 フランクフルト(18:35)→羽田(翌日13:00)
デュッセルドルフは、ドイツにおいて、日本企業の進出・在留邦人も多い地域ですからね~。ANAさん、いいところに目をつけたと思います。
 敵ながら、ロンドン・パリ・フランクフルト線と編集しながら、「見事!!」と感服してしまいました・・・。
大型機では、採算が合わなくても、B787で飛ばせば採算ラインに乗ると踏んだんでしょうね。
ルフトハンザが同路線を就航発表までして、取りやめた経緯もありますが、お見事かと存じます。
ただ、デュッセルドルフ空港から、日本人の多くが住む地域まで距離があるということで、タヌキ猫は行くなら、JALフランクフルト線で、空港から、日航デュッセルドルフまで、JALのバスかな・・・。
それでは、続きより、未だ協議中(というか先方やるきあるのかしら?)の中国路線を除く、新設・増便路線をご覧ください。
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪


羽田-バンクーバー(767-300ER)新設
NH116 羽田(21:55)→バンクーバー(14:55)
NH115 バンクーバー(16:55)→羽田(翌日19:05)
うん、観光で行くには、いいフライトスケジュールですよね♪
羽田-ジャカルタ(787-8)新設
NH855 羽田(10:05)→ジャカルタ(15:40)
NH856 ジャカルタ(21:25)→羽田(翌日07:10)
だいたいJAL725/726 成田ージャカルタ線にぶつけてきたかな・・・。
JALでは、B777-300ERにて運航し、ANAでは、B787-8を使用ということで、ビジネス客の多い同路線にて、ANAにもっていかれそうだな・・・。
これに伴い・・・
成田-ジャカルタ(767-300ER)
NH835 成田(17:40)→ジャカルタ(23:30)
NH836 ジャカルタ(06:25)→成田(15:55)
へと、運航時刻変更となります。
羽田-ハノイ(767-300ER、6月から787-8予定)新設
NH857 羽田(08:55)→ハノイ(12:05)
NH858 ハノイ(14:00)→羽田(21:05)
羽田-マニラ(767-300ER、5月から787-8予定)新設
NH869 羽田(09:55)→マニラ(13:30)
NH870 マニラ(14:40)→羽田(19:55)
JL741/742成田ーマニラ線にぶつけてきましたね~。
羽田-シンガポール(787-8)増便
NH841 羽田(11:05)→シンガポール(17:20)
NH842 シンガポール(11:50)→羽田(20:00)

これに伴い、羽田発着便では、深夜便と合わせてWディリー化をし・・・
成田-シンガポール NH111/902を運休とし、成田線は週14往復を週7往復へ減便とします。
羽田-バンコク(767-300ER/777-200ER、両便とも7月以降787-8予定)増便
NH847 羽田(10:50)→バンコク(15:25)機材:767-300ER
NH848 バンコク(10:25)→羽田(18:45)機材:777-200ER
とし、 深夜便と合わせてWディリー化した上で、成田-バンコクNH953/916を運休とします。
未だに、ANAが獲得した羽田空港国際線発着枠のうち、中国路線だけ未確定ではありますが、おおむね、いいフライトスケジュールを組んだと思います。
その地の利を生かし、またJALへの対抗心をむき出しにしたフライトスケジュールと拝察いたします。
かと言って、JALもJALで、頂いた発着枠5枠をいかに最大限利用できるか、今後の発表が待たれます。
今回のANAのスケジュール発表をどう見ますでしょうか?
ビジネスにて、フライトする方にとっては、ANAへシフトする方もいらっしゃるかと思います。
それを狙ってのスケジュール決めと強くタヌキ猫は感じていますので、いかにJALが対抗策を講じることができるか勝負だと思います。
今回のANAのフライトスケジュール発表を持ってしても、いかに国土交通省が過大な傾斜配分を行ったかがよくわかるかと思います。
間違いなく、JALの経営に影響が出ることは、感じられる方も多いかと思います。
さぁ、2014年夏スケから変わる羽田空港国際線どうなりますでしょうか・・・。
ANA以外にも、複数社、発着枠拡大によるフライトスケジュールを発表していますので、追々、タヌキ猫のブログでもご紹介できればなと思います。
タヌキ猫でした。
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ ポチっと押してくれると嬉しいな!!そして、コメントもお忘れなく♪

 - 飛行機ネタ