*

スカンジナビア航空 羽田就航に意欲

      2017/03/18

タヌキ猫です。2017年2月24日スカンジナビア航空は
北極ルート開設60周年を迎えました。

スカンジナビア航空はスウェーデンとデンマーク、
ノルウェーの3国が出資して設立した航空会社にて
スターアライアンスに所属しています。

初の日本路線は1951年開設のストックホルム-羽田線で、
所要時間は片道55時間もかかったそう(汗)

今や成田就航後の1987年9月1日からは直行便となり、
成田とコペンハーゲンを約11時間30分で結びますからね。

そんなスカンジナビア航空は2020年東京オリンピックに向けて
発着枠拡大が予定されている羽田空港就航を
目指しているそうです。

羽田就航は成田線をシフトする形を想定しており
A350-900を2019年に受領を開始する予定ですが、
日本路線においては、運航に必要な2機が揃った段階
で早期就航を目指す方針だそうです。

スカンジナビアも羽田にシフトを考えているんですね・・・。
ホント、成田から吸い上げるように羽田へシフトする
エアラインが続いていますよね・・・。

今後、スカンジナビア航空がどのような舵きりを
実際にしてくるのか、注目されますね。

タヌキ猫でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
<<ブログランキングに参加しています!>>
–◎1日1回 応援ポチッとお願いします♪◎–

 - 成田・羽田空港ネタ, 飛行機ネタ